税金

勘定科目をどう選べばいいか、という決定的な理由はない

税金

勘定科目をどう選べばいいか、という決定的な理由はない。従って、会議費か交際費、というとき、あるいは、旅費交通費か取材費か福利厚生費というとき、そのどれでもいい。税務署は細かく指摘することはない。

 

ここからわかるのは、『だとしたら』という考え方である。理論武装としても、

『だったら最初から決めてくれよ』

 

ということになる。また、勘定科目の名前も自分で自由につけていい。例えば外注することが多い企業は『外注費』としてもいいという。広告宣伝費か外注費かということになる。

 

勘定科目は、なるべく均等にするのがいいとされている。面倒だから雑費だけにする。しかし、雑費だけになる企業はあまりない。従って、目立つ。そうすると調査の対象になる。そういう発想である。

関連記事

  1. ライブ・映画・コンサートチケットの料金を経費で落とすことはできるか

  2. 税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

  3. 未完成工事支出金

  4. 製品(棚卸資産)

  5. その他の引当金

  6. 支払保険料

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)