税金

税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

誰しもが、利益が出た年に贅沢をし、時間が経って仕事がなくなって利益が減り、意気消沈としているところに、『かつての利益についての税金(消費税等)』の支払い請求があり、憤りを覚えたことがある。あれらを見ると、(なぜ時間差を使うとか、そういう少し捻じ曲がったやり方をしてくるのか)という考えに至る人はいるはずだ。

 

税金

だが、もしそれら『税金の支払いを請求する人達』が、個人や企業とは全く別の目的をもっていて、『公平な課税、適切な税負担の調整』等の為に動いているとしたらどうか。

 

例えば、検察官だ。あれは、警察の組織とは全く別の組織である。警察は「総務省」があり、その下に「国家公安委員会」→「警察庁」→「各都道府県警察本部」。検察は「法務省」が管轄している。従って、いくら警察のトップの警視総監であれ、検察はその逮捕・操作に対し、何ら臆することなく行うことが出来る。同じ組織としての圧力を受けることは一切ない。

税金

 

会社は利益を上げることが目的。だが、法人税の所得の計算は、『公平な課税、適切な税負担の調整』が目的。こう考えたとき、(あいつら意地悪なやり方しやがって腹立つ)という感情は、『別にあっていい』ということになる。

 

『別にそっちの『利益』のことを中心にこちらは動いていない。調整の目的を果たすのが仕事なのだ』

ということになるからだ。

関連記事

  1. 製品(棚卸資産)

  2. 固定資産除却損

  3. 衣服のクリーニング代を経費で落とすことはできるか

  4. 退職給付費用

  5. 建物付属設備

  6. ソフトウェア

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)