税金

損金と原価費用損失、益金と収益の違いとは

  • 事業活動を通して得たもの失ったものが、収益と原価費用損失
  • 法人税として計算する時に使う専門用語が、益金と損金

 

例えば、益金の中に含まれるのは、『収益(会社の売り上げや固定資産等を売却して得た売却利益)』はもちろん含まれるが、それだけではなく、無償で資産を譲渡したり、サービスを提供した場合も『益金』として数えなければならない。

 

税金

 

寄付金)実際に『お金』を得ずに譲渡等をしていても、計算上は『益金』。その資産を売ってその代金を相手にあげるのと同じ扱いになるため、その資産の時価相当額を収益として『益金』に入れなければならない。これは、逆に『譲り受けた場合』に対しても同じ考え方となる。(受贈益)

 

 

関連記事

  1. 小口現金

  2. 会議費

  3. 風邪薬や漢方薬、サプリメントの代金は医療費控除の対象となるのか

  4. 税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

  5. ゴルフの接待は経費で落とすことが出来るか

  6. その他の特別損益

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)