税金

15万円のパソコンを購入した場合の3つの経費処理方法

税金

消耗品費として一度に全額経費処理

 

メリット

  • 最初に経費に出来る金額が一番大きいデメリット
  • 償却資産税がかかってくる
  • 300万円までの限度額がある
  • ※年間に経費処理できる10万円~30万円以下の消耗品の限度額は300万円

 

 

一括償却資産として資産にあげ、3年間で均等に経費処理

 

メリット

  • 償却資産税がかからない
  • 耐用年数に関わらず3年で経費処理
  • 購入した全額が経費になる
  • デメリット:
  • 中古でも新品でも3万円で経費処理
  • 価格に制限がある(10万~20万円に対してのみ有効)

 

 

器具・及び備品として資産にあげ、5年間(耐用年数)で経費処理

 

メリット

  • 1)の300万円の枠とは別で計算できる
  • 10万円以上なら選択可能
  • デメリット:
  • 償却資産税がかかる

関連記事

  1. テレビやブルーレイのお金を経費で落とすことはできるか

  2. 屋根を太陽光パネルに取り換えた場合の経費は『修繕費』でいいのか

  3. 仕入割引き・売上割り引き

  4. 販売促進費

  5. 車両費

  6. 税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)