税金

益金不算入となる4つの特例

法人税法が『別段の定め』とする益金不算入には、主に次の4つがある。

 

税金

  • 1)法人税や法人住民税などの還付金
  • 2)資産の評価額の益金不算入

会社が保有する資産の時価が上がった際、評価替えをして評価益が発生しても、この評価益は一部の例外を除き、益金不算入。

 

  • 3)受取配当等

完全子会社株式等、関係法人株式等などのグループに分けて一定の算式で計算した額の原則として50%相当額は、一部の例外を除き益金不算入。

 

  • 4)会社が資産を無償で譲渡された場合、完全支配関係にある親子会社間での受贈益

時価より低額で譲り受けた場合や、債務の免除を受けた場合も同様。

 

関連記事

  1. 交際費の範囲の移り変わり。400万⇒600万⇒800万

  2. 損金に算入される7つの租税公課とされない10の租税公課

  3. 受取手形

  4. 仮払金

  5. 法人税等

  6. 仕入値引高

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)