税金

特別償却の税額控除の特例が認められる10の対象資産

特別償却について

中小企業などが新品の機械及び装置などを取得またはリースした場合において、国内にある製造業、建設業などの指定事業の用に供した場合には、その指定事業の用に供した事業年度において、特別償却または税額控除の特例を受けることが出来る。

 

10の対象資産

  • 1)機械および装置で1台または1基の取得価額が160万円以上のもの
  • 2)機械及び装置でリース費用の総額が210万円以上のもの
  • 3)電子計算機で、取得価額の合計額が120万円以上のもの
  • 4)電子計算機で、リース費用の総額が160万円以上のもの
  • 5)インターネットに接続されたデジタル複合機で、取得価額の合計額が120万円以上のもの
  • 6)インターネットに接続されたデジタル複合機で、リース費用の総額の合計額が160万円以上のもの
  • 7)ソフトウェアの取得価額の合計額が70万円以上のもの
  • 8)ソフトウェアのリース費用の総額の合計額が100万円以上のもの
  • 9)総重量3.5トン以上の貨物輸送に供される車両運搬具
  • 10)内航運送業または内航船賃渡業に供される浅薄

 

注意すべき2つのポイント

  • 1)中小企業であること
  • 2)新品であること

 

 

関連記事

  1. 旅費交通費

  2. 受取手形

  3. 経費で落とすならコピー機や美術品はリースと購入のどちらがいいか

  4. 税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

  5. 交際費と福利厚生費の違いは社外か社内だけではない

  6. 賞与引当金

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)