税金

借入金は一時的な収入か

税金

 

借入金は確かに『一時的な収入』と考えることもできるが、原則、利益として計上しない。法人税法上、利益計上しなくてもよいと定められているからである。

 

そもそも借入金は、『利益』の概念には相当しない。商品や製品の販売や役務(サービス)の提供、あるいは土地・建物などを売った場合に得る収入、預金、貸付金の利子等が『利益』として計算することになる。

 

 

関連記事

  1. 土地

  2. 人間ドックのお金は医療費控除の対象となるのか

  3. 賃借料

  4. 税金の動きが個人法人の利益計算の動きと『ズレ』がある違和感について

  5. 短期借入金

  6. 益金不算入となる4つの特例

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)