税金

永年勤続者に対する贈り物をしたいときは

税金

 

永年勤務した社員に対する感謝の気持ちを贈る。人としてその気持ちは貴いが、気持ちと会計とは別次元。現金や商品券等を渡すとそれは『給料』扱いになる。だが、

 

  • 記念品
  • 旅行
  • 観劇などへの招待

 

は、社会通念上(金額が常識の範囲内であれば)認められている。

 

税金

 

また、ポイントとして、

 

  • 1)市場への売却性、換金性がない
  • 2)選択肢が乏しい
  • 3)金額が多額となるものではない

 

という点が挙げられて、例えば『20,000円以内で、記念品の中から選んでくれ』と指示すると、『選択肢が与えられている』ことになり、それだと現物給与扱いとなってしまう。

 

関連記事

  1. 雑費

  2. 支払利息割引料

  3. 通勤費

  4. 自宅兼事務所の家賃・光熱費を経費で落とすことはできるか

  5. 貸倒引当金

  6. 損金に算入される7つの租税公課とされない10の租税公課

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)