税金

従業員の昼食の弁当代を経費にするためには

税金

 

これらの計上方法を理解せず、弁当として食事を直接渡してしまうと『現物給与』となり、給料を弁当で払っているのと同じ扱いになる。この場合、

 

  • 支給する食事代の会社負担額が月額3,500円以下で、かつ従業員が食事代の50%以上を負担している

 

という条件を満たせば、食事代が『福利厚生費』として処理することが出来る。

 

例)3,500(円)÷30(日)=500

なので、500円の昼食代を毎日出すとしたら、そのうち、250円を従業員が負担(給与天引き等)すれば、残りの250円は福利厚生費として経費計上できる。

 

 

関連記事

  1. 屋根を太陽光パネルに取り換えた場合の経費は『修繕費』でいいのか

  2. 損金に算入される7つの租税公課とされない10の租税公課

  3. 売上割戻し高

  4. 販売促進費

  5. 常日頃と決算時に行うべき14の節税対策!+脱税発覚時の3つのダメージ

  6. 土地

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)