FX

証拠金取引とレバレッジのわかりやすい仕組み+甘い罠

証拠金取引のわかりやすいしくみ

10万円しかないのに、FX業者が100万円分の外貨を自分に売る。どういう仕組みかというと100万円分の外貨が90万円分の価値まで値下がりしたら、FX業者は勝手に処分してしまう(強制決済。強制ロスカット)。だから業者は90万円とこっちの10万円を足して100万円に戻るので、損はしないという計算。

 

証拠金取引では、リスク管理が不可欠。投資の上手な人ほど徹底的にリスク管理をしている。(※ストップオーダーを出す等)

 

 

レバレッジをどう解釈するかで大きく運用が変わる

レバレッジが高い=少ない証拠金で取引できるわけですが、このあたりは要検討する必要があります。ギャンブル的要素があるからです。

 

レバレッジ10倍なら、儲けも10倍ですが、損も10倍です。ここは、『最初は2~5倍程度にしておいて、20~30万円くらいでスタートするのが良い』と推薦する経験者の意見を素直に効いた方が良さそうです。

 

  • (1ドル=100円)10万(保証金)⇒100万円(証拠金)の10倍の場合

 

1ドル=95円に下がって含み損発生すると、証拠金が95万円になり、保証金も5万へ(この時点でマイナス5万)。つまり、レバレッジが10倍なら為替レートが1円下がると、1万円の損失が発生します。

 

※ここに高レバレッジの罠があるわけです。為替が1%下がるということは日常茶飯事。長期保有の場合はレバレッジは下げるのが原則ということです。だから皆、高レバレッジを『短期戦略』で行うんですね。

 

例えば、1ドル100円のとき

勝ちの場合
1)レバレッジ1倍で100万円⇒1円の円安(101円)⇒1万円の利益
2)レバレッジ25倍で100万円⇒1円の円安(101円)⇒25万円の利益

 

負けの場合
1)レバレッジ1倍で100万円⇒1円の円高(99円)⇒1万円の損失
2)レバレッジ25倍で100万円⇒1円の円高(99円)⇒25万円の損失

 

人間には、利益には保守的に、損失には博打的な行動を取る傾向、『損大利小』の傾向があります。これを『損小利大』にしなければならないわけです。

 

ダニエル・カーネマンのプロスペクト理論

例えば、

質問1 目の前に以下の選択肢が与えられたとします。

A、100万円が無条件で手に入る。

B、コインを投げ、表が出たら200万円を手に入れられるが、裏が出たら何も手に入らない。

 

質問2 あなたは200万円の負債を抱えているものとします。

そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとします。

 

A、無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

B、コインを投げ、表が出たら200万円減額されるが、裏が出たら負債総額が変わらない。

とあった場合、質問1に関しては多くの人が、確実に100万円が手に入る『A』を選択肢、質問2に関しては、質問1で『A』と答えた人のほぼ全ての人が、『B』を選択するというのです。

 

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると『利益が手に入らないというリスク』の回避を優先し、損失を目の前にすると『損失そのもの』を回避しようとする傾向があるということ。これが『プロスペクト理論』です。

 

レバレッジ(てこの原理)を上手に活用できる人は、大きな出力を操る人と言えそうです。

 

関連記事

  1. MACD

  2. ストキャスティクス

  3. 移動平均線

  4. FX口座のキャンペーンを検証!入金特典でボーナスや手数料の優遇も

  5. 脅威の勝率を誇るFXトレンドフォロー完全攻略ロジックを学ぶメリットとは…

  6. 一目均衡表

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)