FX

【FX】相関が低い分散投資で効果的なリスクヘッジを

FXにおける効果的な分散投資とは

 

FX

リスク軽減のための分散投資をするなら、全く同じ、あるいは似たような相関関係にある通貨を買うと駄目(1つがダメなら、もう1つも同じような動きをする傾向があるため)。従って、『逆相関』か、『無相関(まったくかんけいのない動きをする)』通貨を組み合わせる。

 

相関関係にある通貨に投資する場合の戦略は、1つがもう1つの通貨と違う動きをしたとき、例えば、値上がりしている方を売り、上がってない方を買う。そうすれば、その両方ともいずれまた『同じような動き(相関関係にあったから)』をする可能性があり、動きを読むことが出来る。

 

基本的に、米ドルとユーロは反対の動きをする。円に対して米ドルが上がると、円に対してユーロが下がる傾向がある。つまり、米ドル/円を持つなら、ユーロ/円にも分散投資をすると、リスクヘッジとなる。

 

同じ大陸の通貨は相関が高い傾向にある。

 

相関が低い4つの分散投資

  • 1)米ドル/円と南アランド/円
  • 2)ユーロ/円とNZドル/円
  • 3)NZドル/円と米ドル/スイスフラン
  • 4)豪ドル/円と米ドル/カナダドル

 

円高のリスクを減らすためには、対円以外の通貨ペアを入れていくことがポイント。例えば、

 

  • 豪ドル/円
  • 米ドル/円
  • ユーロ/スイスフラン

 

の3つの組み合わせを持つことは分散効果がある。または、

 

  • 英ポンド/スイスフラン
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円

 

の3つ。

関連記事

  1. 証拠金取引とレバレッジのわかりやすい仕組み+甘い罠

  2. 脅威の勝率を誇るFXトレンドフォロー完全攻略ロジックを学ぶメリットとは…

  3. 一目均衡表

  4. FXに有益な情報はスマホアプリでも入手可能!?

  5. 空いた時間でFX。主婦や学生だってコツコツやれば結果がついてくる!

  6. 【FX】トレードスタイルの5つのタイプから最適な投資方法を見極める

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)