FX

FXで重要な情報集めでの注意点【情報商材編】

FXで情報集めが重要な理由

日々すごいスピードで社会情勢は変化していきます。そしてその社会情勢の変化を明確に現したグラフがFXチャートとだと言っても過言ではありません。

FX

FXに情報集めが必要な理由

世界各国で起きた事が、リアルタイムに反映していきます。その顕著な例が要人の発言です。例えば日本で日銀の黒田さんが、国会で安倍総理が何か政策について触れたとします。そうすると、リアルタイムで日経平均が変動し、その日経平均の変動が夜になるとFXやNYダウに反映するわけです。

 

しかし日本でFXをしているから、日本の情報集めだけをしていれば、対応出来るのかというとそうではありません。世界の経済の中心であるアメリカや中国はもちろん、ギリシアなどの小国であってもデフォルトが起こると世界に衝撃を与えます。

 

そして経済、金融の情報集めだけでなく、中東の戦争問題など様々な情報集めが必要になります。いくらネットが普及し、リアルタイムで情報集めが可能になったとはいえ、全て自分で必要な情報をイチから集めようと思ったら膨大な時間がかかってしまいます。

 

FX

 

また情報集めは、あくまで客観でなければいけません。しかし自分で情報集めを行うとどうしても主観が入ってしまいます。どういう事かというと、自分が興味関心がある情報集めに偏りがちになってしまうという事です。そうする事で、FXの投資の判断材料になる、必要な情報が出揃っていると言えない状況になってしまいます。

 

情報集めは広く浅く

ですから、情報集めはイチから自分で行うのではなく、情報ツールを上手に活用するべきです。FXをする場合であれば、FXを売買するシステムを利用すると思います。

 

例えば楽天証券では「マーケットスピード」というトレードシステムがあります。このトレードシステムの機能は、トレードに必要なチャートや板を見ながら、トレードが出来るだけではありません。「ニュース」というページがあり、日経テレコン21の有料情報や、フィスコ市場、米株関連、ユーロマネー、金利関連、為替、アジア市場、先物・・・・などなど投資に必要な情報がリアルタイムで更新されます。

 

そして、今や投資に欠かせないツールが、デイトレーダーが発信しているTwitterです。デイトレーダーが重要だと思ったニュースを、リアルタイムでツイートしてくれます。そのため瞬時に相場で何が起きているのか理解する事が可能になったのです。

 

FX

 

情報集めた後が重要

情報集めは重要ですが、情報集めをしただけでは、FXの相場で勝ち続ける事は出来ません。日々起こる様々な出来事を知り、そこから、今後FXの相場がどう動くのか考察する必要があるからです。しかし、情報を集めた後にその情報を使ってどう考察したらいいのかは、非常に難しいと言えるでしょう。特にFXを始めたばかりで、経験値が少ない人ほど困難となります。

 

そこでお勧めしたいのは、情報商材を活用する事です。情報商材とは、プロの投資家や経済評論家が、専門的な知識や経験を活かし、考察したものです。例えばある情報商材では、2016年のFXはこう動くと相場の流れを推測した内容かもしれません。またある情報商材では、FXのデイトレの勝ち方を教えてくれるかもしれません。

 

投資に100%という言葉は存在しませんが、少なくとも自分だけで情報集めを行い考察をするよりも、プロの投資家や経済評論家の情報商材を活用する事は勉強になりますし、また勉強した分FXのトレードの勝率がアップするはずです。現在のFXは、情報戦でしか生き残る術がありません。だからこそ上手に情報商材を活用するようにして下さい。

 

FX情報商材の価値と選び方

FXを行う上で、情報集めは非常な事です。しかしながら、情報集めと一言でいっても、日々膨大な情報がネットには更新されています。必要な情報と、必要ではない情報。これらを分類するだけでも大変な事です。

 

また情報はスピードが命です。どれだけ早く必要な情報を手に入れる事が出来るのか?プロの投資家は、それぞれ独自の情報網を持っています。それがネットや新聞、雑誌に掲載される頃にはすでに情報の鮮度としては落ちてしまっている状態です。しかし多くの素人投資家にしてみれば、情報を早く入手する経路が存在しませんよね。そんな時こそ、FX情報商材を活用する事で、鮮度が落ちる前に情報を手に入れる事が可能になるのです。

 

プロの投資家の情報網

プロの投資家の情報網は様々です。例えば元証券会社に勤務していた人であれば、証券会社との繋がりが今もあるでしょう。また日々、いろんな経営者と会って話を聞いている人であれば、いち早く経済の動きを掴めるはずです。投資家同士の情報交換なども、行われているでしょう。

 

FX

何が言いたいのか?というと、情報とは平等に配信されるものではないという事です。そして今の世の中は必要な情報を得る手段がある人が、FXの世界でも勝ち残る事が出来る人だと言えるでしょう。しかしながら、昨日今日、投資をスタートした人に情報網を作れと言ったところで無理な話ですよね。ですが、情報はお金を出せば買う事が可能です。そのお金で買える情報が情報商材と呼ばれるものです。

 

情報商材にはお金を出して買う価値があるのか?

まず一番重要な点は、情報商材にはお金を出して買う価値があるのか?という点です。もちろん、先ほど有益な情報はお金になると言った事に間違いはありません。しかし問題なのは、その情報商材の情報の内容が、本当に有益なものであるのか?という事です。そして有益な情報だったとしても、それが今の自分に合う内容なのかどうかも分かりません。

 

例えばFXであなたは会社員で朝が早く、夜遅くまで相場をリアルタイムで見る事が出来ません。そのため長期トレードを望んでいるのに対し、その情報商材の内容がデイトレード向きの内容であれば、あなたのトレードの手法には適合していないと言えるでしょう。

 

FX

また、あなたがFXトレードを始めたばかりの初心者で、投資の事はあまりよく分かっていない状態だとしましょう。その場合情報商材も初心者向けの内容を選ぶべきです。有益であってもいきなり、難しい内容の情報を提示されても、その内容を理解出来なければ活用しようがありませんよね。

 

つまり情報商材で難しい事は、その情報商材の内容そのものが有益な情報なのかという事と、そしてその情報商材の内容が、今の自分に合った情報なのかという事です。 そのため情報商材の選び方が重要なポイントだと言えるでしょう。

 

情報商材の選び方

情報商材の選び方にも情報を活用しましょう。この場合の情報とは実際にその情報商材を利用した体験者の声です。口コミや体験談を見て、満足度を確認しましょう。そして情報は、1つの情報だけを鵜呑みにしてはいけません。複数の情報を比較して、どの情報が信用出来る情報か絞り込んでいきましょう。

 

情報商材を購入する上で、覚えておいて欲しい事は、有益な情報であっても、即効果が出るとは限らないという点です。その情報商材で、あなたは相場の本質を学び、自分にも活用出来そうなトレード方法を見つける事が出来るかもしれません。しかし、FXは勉強したからすぐに結果が出るという世界ではありません。勉強をして、経験を積み、自分なりに情報商材の内容を吟味し、解釈できるようになり、初めてFXで勝てるようになるのです。

 

FX

情報商材を購入すれば、すぐに簡単にFXで勝てると思っているのであれば、その考えを正さなければいけません。

 

関連記事

  1. 脅威の勝率を誇るFXトレンドフォロー完全攻略ロジックを学ぶメリットとは…

  2. 用語集(FX)

  3. FXは誰でも簡単に口座開設できる?その際の審査や流れ

  4. トレンドライン

  5. シンプルツールでFX攻略!MilkyWayとFXトレンドフォロー完全攻…

  6. FXに有益な情報はスマホアプリでも入手可能!?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)