FX

FXは誰でも簡単に口座開設できる?その際の審査や流れ

FXの口座開設の審査は誰でも通れる?

初めて証券会社で口座を作るという場合、口座開設に審査があると言われると自分は審査に通るのか?と不安になるかもしれません。しかしクレジットカード会社や消費者金融の審査のように、信用情報や個人情報を厳しく審査する事はありません。では証券会社の口座開設の際には、どのような審査が行われているのか説明したいと思います。

 

FXの口座開設が出来ない人とは

まずFXの口座開設が出来ない人とはどのような人なのかというと、年齢制限があります。20歳未満の人や75歳以上の人は口座開設が出来ません。でも2016年からスタートするジュニアNISAは0歳~19歳の人に該当する人のための処置ですよね。なのに20歳未満の人は証券会社の口座が作れないなんておかしいと思うかもしれません。

 

ですがこのジュニアNISAは、親が子供に非課税でお金を残すという手段なので、証券口座は親が作った口座でNISAの名義が子供名義という形になります。もっとも、始まったばかりの制度ですし、今後はアメリカのように子供のうちから少額で投資を実践で学ぶという考えに移行していくかもしれません。そうなった場合は20歳以下の人でも証券会社の口座が作れるようになるかもしれません。しかし現状ではまだ20歳以上となっています。年齢制限以外では、

 

  • 本人確認書類と現在住んでいる住所が一致しない人、
  • 日本人であっても、海外在住の人

は、口座が作れない事になっています。では、それ以外の人は誰でも証券会社で口座を開設する事が出来るのでしょうか?

 

証券会社の口座開設の際の審査内容とは

証券会社の口座開設の際の審査内容は、どのような審査が行われているのかというと、証券会社によって異なるでしょう。しかしながら、どの証券会社も審査内容を公表していません。なので、実際に証券会社で口座開設をした人の体験談を元にある程度審査内容について絞り込んでみたいと思います。

 

例えば無職だったり、自己破産の経歴があれば、クレジットカードの審査等は通りません。ですが、証券会社の口座開設の審査には通る事は可能です。証券会社の口座開設では重要な事は、現時点で資産がいくら手元にあるのか?という点と、投資経験がどれぐらいあるのか?です。無職で安定的な収入がなくても、投資トレーダーとして、サラリーマン以上の利益を稼いでいる人はいくらでもいます。

 

また定年退職をした人が、老後の資金を増やすために、退職金を投資するという話もよく聞きますよね。資産があれば、その資産で投資をして増やす事は可能ですし、投資経験があれば、増やせる可能性は高くなるというわけです。そもそも証券会社は、投資家が利益を出せなくても、取引をたくさんしてくれたら手数料やスプレッドで証券会社自体は利益を出す事が出来るため、なるべくたくさんの人に口座開設をして欲しいと思っています。

 

審査が落ちた場合でも、設定を変更すれば審査に通る

また証券会社の口座開設では、証券会社の窓口へ行かなくても、全ての手続きをネットから行う事が可能です。そしてその際にエラーが出ても、設定を変更すれば、審査に通る事もあります。

 

例えば500万円の資産を持っている人が、証券会社のサイトで口座開設の手続きを行ったとしましょう。投資資金を300万円と設定したらエラーが出る可能性があります。これは資産に対して、投資資金が多すぎるのです。投資とは必ず資金が増えると保証されているわけではありません。それどころか、投資をしている人の9割は損失を出している現状です。

 

つまり、大きく資産を失う事を前提として、投資資金は生活を圧迫する金額ではなく、極端な話、仮に投資資金全てを失ったとしても、生活には支障がない、余剰資金で行う必要があるのです。そのため、投資資金は500万円の場合は、投資資金は100万円未満にすれば審査に通るでしょう。

 

FXの口座開設の審査は誰でも通れる?

初めて証券会社で口座を作るという場合、口座開設に審査があると言われると自分は審査に通るのか?と不安になるかもしれません。しかしクレジットカード会社や消費者金融の審査のように、信用情報や個人情報を厳しく審査する事はありません。では証券会社の口座開設の際には、どのような審査が行われているのか説明したいと思います

FXの口座開設が出来ない人とは

まずFXの口座開設が出来ない人とはどのような人なのかというと、年齢制限があります。20歳未満の人や75歳以上の人は口座開設が出来ません。でも2016年からスタートするジュニアNISAは0歳~19歳の人に該当する人のための処置ですよね。なのに20歳未満の人は証券会社の口座が作れないなんておかしいと思うかもしれません。

 

ですがこのジュニアNISAは、親が子供に非課税でお金を残すという手段なので、証券口座は親が作った口座でNISAの名義が子供名義という形になります。もっとも、始まったばかりの制度ですし、今後はアメリカのように子供のうちから少額で投資を実践で学ぶという考えに移行していくかもしれません。そうなった場合は20歳以下の人でも証券会社の口座が作れるようになるかもしれません。しかし現状ではまだ20歳以上となっています。年齢制限以外では、

 

  • 本人確認書類と現在住んでいる住所が一致しない人、
  • 日本人であっても、海外在住の人

は、口座が作れない事になっています。では、それ以外の人は誰でも証券会社で口座を開設する事が出来るのでしょうか?

 

証券会社の口座開設の際の審査内容とは

証券会社の口座開設の際の審査内容は、どのような審査が行われているのかというと、証券会社によって異なるでしょう。しかしながら、どの証券会社も審査内容を公表していません。なので、実際に証券会社で口座開設をした人の体験談を元にある程度審査内容について絞り込んでみたいと思います。

 

例えば無職だったり、自己破産の経歴があれば、クレジットカードの審査等は通りません。ですが、証券会社の口座開設の審査には通る事は可能です。証券会社の口座開設では重要な事は、現時点で資産がいくら手元にあるのか?という点と、投資経験がどれぐらいあるのか?です。無職で安定的な収入がなくても、投資トレーダーとして、サラリーマン以上の利益を稼いでいる人はいくらでもいます。

 

また定年退職をした人が、老後の資金を増やすために、退職金を投資するという話もよく聞きますよね。資産があれば、その資産で投資をして増やす事は可能ですし、投資経験があれば、増やせる可能性は高くなるというわけです。そもそも証券会社は、投資家が利益を出せなくても、取引をたくさんしてくれたら手数料やスプレッドで証券会社自体は利益を出す事が出来るため、なるべくたくさんの人に口座開設をして欲しいと思っています。

 

審査が落ちた場合でも、設定を変更すれば審査に通る

また証券会社の口座開設では、証券会社の窓口へ行かなくても、全ての手続きをネットから行う事が可能です。そしてその際にエラーが出ても、設定を変更すれば、審査に通る事もあります。

 

例えば500万円の資産を持っている人が、証券会社のサイトで口座開設の手続きを行ったとしましょう。投資資金を300万円と設定したらエラーが出る可能性があります。これは資産に対して、投資資金が多すぎるのです。投資とは必ず資金が増えると保証されているわけではありません。それどころか、投資をしている人の9割は損失を出している現状です。

 

つまり、大きく資産を失う事を前提として、投資資金は生活を圧迫する金額ではなく、極端な話、仮に投資資金全てを失ったとしても、生活には支障がない、余剰資金で行う必要があるのです。そのため、投資資金は500万円の場合は、投資資金は100万円未満にすれば審査に通るでしょう。

関連記事

  1. 空いた時間でFX。主婦や学生だってコツコツやれば結果がついてくる!

  2. 移動平均線

  3. ボリンジャーバンド

  4. 今更聞けない!FXや為替相場の20の基本知識と歴史をおさらい

  5. 証拠金取引とレバレッジのわかりやすい仕組み+甘い罠

  6. FXでおすすめ!5つの種類のテクニカルチャートと組み合わせの分析

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)