FX

MACD

トレンドを見ながら売買タイミングを計ることが出来るMACD

数学的に加工した移動平均線の動きに注目して、売買のポイントを探るテクニカル指標。オシレーター系のテクニカル指標だが、算出の元になっているのは移動平均のためトレンド系指標としての性格も併せ持っている。

 

この指標はMACDとシグナルという2本のラインで構成される。売買タイミングはMACDとシグナルの位置関係で判断する方法と、ゼロの目盛り(0ライン)とMACDの関係で判断する方法があり、それらの見方は以下の通り。買いシグナルは、1)MACDがシグナルをしたから上に抜いた時(ゴールデンクロス)、2)MACDが―ラインを上に抜けた時。売りシグナルは、1)MACDがシグナルを上から下に抜いた時(デッドクロス)、2)MACDが0ラインを下に抜けた時。

 

MACDは単純移動平均(SMA)より直近の価格をじゅうしする『指数移動平均(EMA)を使って計算される

トレンドの方向や転換点を示すMACD

MACD(移動平均収束拡散法)は、2本の期間の異なる指数平滑移動平均線(EMA)の価格差の伸縮に着目し、その動きによってトレンドの方向、およびその転換の兆候を把握するというものだ。EMAとは、突発的なニュースで価格が大きく動いたときに、移動へ菌が直近の価格に比べて遅行するという問題を克服するため、直近価格への比重をより高める方法で算出した移動平均。

 

このMACDは、相場のトレンドを追求するトレンド系指標と、振幅を測るオシレーター系指標の両方の特徴を持ち合わせている。さらに指数平滑移動平均を用いているため、単純な移動平均を利用した指標よりも反応が早いというメリットがある。具体的には、MACDと呼ばれるラインとMACDを移動平均線にしたシグナルというラインのクロスで、売買のタイミングを見つける。MACDがシグナルをしたから上に抜けるゴールデンクロスが買いシグナル、逆にMACDがシグナルを上から下に抜けるデッドクロスが売りシグナル。

 

ゼロラインを上抜けしたら買いシグナル

また、MACDがゼロラインを上に抜けてきたときは買い、下に抜けてきたときは売りのサインとされている。さらに、MACDがトレンドと反対の方向に動きだしたら相場転換を示唆していることも覚えておく。ただし、トレンドの中で天井や底を判断するんのには優れているが、MACDとシグナル線そのものが天井や底付近で交差すると為替レートとの逆行現象が多くなるため、トレンドが読みにくくなるというデメリットもある。

 

2本のクロスを見つけるのがMACD

MACDは、『Moving Average Convergence Divergence trading』。特殊な2本の移動平均線を使ってトレンドの転換や勢いを見る指標。この指標を作成する為の計算方法は複雑だが、見方・使い方が簡単なので個人投資家にも根強い人気がある。デイトレーダーが用いる分足チャートでもこのMACDを組み合わせて判断するシグナルが有効とされていて、ネット証券会社によっては分足チャートでMACDを見ることが出来るようになっている。MACDの2本の移動平均線は、1本がMACDと呼ばれ、日足チャートでは9日と26日の期間で特殊な計算をして求めた指標を表す線が使われる。(13日と26日を使う場合もある)。

 

週足チャートでは『13週と26週』の期間で求められた指標を表す線が使われる。もっと長い月足チャートになると、12カ月と24カ月となる。これにもう1本のシグナルという線を組み合わせて使うが、このシグナルは日足チャートでは5日のMACDの特殊な移動平均を、週足チャートでは5週、月足チャートでは5カ月が使われる。

 

どちらの線も―40~150というように、一定のレベル(範囲を上下するように変化する(-400~200という動きをするものもあり、変化する範囲は固定的ではない)。2つの線の基本的な動き方としては、MACDが先行して、その後ろをシグナルが遅行するというパターン。MACDの使い方は、移動平均の見方に似ていて、これらの異なる2本の特殊移動平均線が、どのように推移しているのか、どこでクロスしているかを見ることで、売買シグナルを判断する

 

MACDがシグナルを上に抜けたら買い

基本的なMACDの使い方は、MACDとシグナルのゴールデンクロスを見つけること。MACDが0より下のゾーンでシグナルをしたから上に抜けると、今後上昇トレンドになるサイン。場合によって、ゴールデンクロスが0付近かその上で発生することもあるので、絶対0以下のゾーンでなければならないという決めつけは不要。ゴールデンクロス発生後、MACDとシグナルのどちらも0の水準を上回り、さらに2本とも上を向いている間は上昇トレンドが継続と判断する。

 

これは、MACDの向きでトレンドの方向性を見る方法で、ダマシが比較的少ないとされている。また、MACDでもコンバージェンスは発生する。株価が下落しているのにMACDが上昇を開始した場合は、それまでの下降トレンドが上向きに変化する兆しとして捉えることができるので、その後のMACDの方向や買いサインに注目しておくことで、株価上昇の初期段階を上手につかむことも可能

 

MACDがシグナルを下に抜けたら買いは見送り

ゴールデンクロスとは逆に、MACDが高い位置(高値圏)でシグナルを上から下に抜けた場合は、デッドクロスとなり、ここでの買い向かいは控えた方がいい。デッドクロス出現後、両方の線が下を向いて推移すれば、下降トレンド形成中と見ることになり、底値圏で推移している間は、買いのサインが出るまで見送るべき。

 

株価が上昇している最中に、そろろ危なくなってくることを知らせるのがダイバージェンスで、他の指標と同様、株価が上昇中にMACDの向きが逆になる(下を向く)形が出た時。この場合、天井が近いことを示すので、こういった形の最中に買うのは危険。なお、高い位置(高値圏)という表現をするのは100以上か、150以上というように数値できめつけるわけにはいかないから

 

銘柄によっては300以上でデッドクロスになったり、もっと低い数値(50以下)でデッドクロスになるものもあるので、この水準でデッドクロスにならなければいけないという決めつけができない。よって今自分が見ているMACDチャートを見て、その範囲における高値圏、安値圏という判断をする必要が出て来る。MACDはボックストレンドになると、2本の線が高値圏でもなく安値圏ともいえない水準でだらだらと推移するケースがあるが、ゴールデンクロスやデッドクロスがダマシになるケースが比較的少ないので、狭いレンジ(値幅)の中でも短期的に売買のチャンスを捉えることが可能。

 

MACDは発生・転換を捉えるエース的存在

方向性を測るのがMACDの得意技

MACDはトレンドを追うのが得意な順張り系の指標。移動平均を改良したもので、MACDとMACDの移動平均線であるシグナルの2つの線から買いサインと売りサインを張んだ。MACDは指数平滑移動平均(EMAをもとに算出され、日本語では、移動平均収束拡散法というのだが、その仕組みを理解しようとすると長男会。簡単にいえば短期の移動平均線と長期の移動平均線の乖離度合いを滑らかな曲線で表示し、その曲線の移動平均線との交差具合をみるもの。難しそうだが、サインの読み方は簡単。MACDが0ラインより上で、向きが上から下に向いてシグナルラインをした抜けたときは売り、反対に0ラインより↓で向きが下から上に向いてシグナルラインを上抜けたときは買い。

 

MACDは傾きとサインが出る位置も大事

MACDのチャートの右端にはメモリがあるが、マイナスが大きいほど値を下げた後ということなので、発動で、上がりだすと勢いよく上がることが多くある。つまり下に深いところでのサインほど大きな反発が期待できるということ。MACDはクロスだけでなく、角度と深さも重要

 

移動平行線をアレンジしたMACD

一般的に移動平行線と呼ばれ、広く利用されているのは単純移動平均線(SMAで、過去の一定期間の終値の平均値を算出したもの。一方、MACDで使われる指数平滑移動平均線(EMAは、直近の値をより重視するように設計された移動平均線。このEMAは遠い過去の値より近い過去の値の方が影響が大きくなるように作られている。MACDは短期EMA-長期EMA』という計算式で求められるが、EMAの計算式は複雑な説明は割愛。もう一つの線であるシグナrうはMACDを移動平均化したものとなる。

 

 

関連記事

  1. FXで成功するには流れを予想する(読む)ことが大切。具体的な方法は?

  2. 【FX】相関が低い分散投資で効果的なリスクヘッジを

  3. 今更聞けない!FXや為替相場の20の基本知識と歴史をおさらい

  4. FX口座のキャンペーンを検証!入金特典でボーナスや手数料の優遇も

  5. FXで負けない為の4つのポイントと勝負前に必ず確認するべきこと

  6. かつてFX投資家がこぞって愛したスワップ収入の実態

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)