株式投資

株式投資で勝つためには大底で買って天井で売る発想を止めよ

株式投資で勝つためには大底で買って天井で売る発想を止めよ

投資家の本音としてまず普遍的に共通しているのは、大底で買って、天井で売る、ということ。当然、それが一番利益が大きいからだ。株価の差益、キャピタルゲインが最も大きくなるのが、大底で買って、天井で売るということになるわけだ。

 

しかし大底も天井も結果論でしかなく、どうやったってそれを成し遂げることはできない。出来たとしてもそれは単なる偶然であり、逆にそんな偶然は起きない方が良い。特に素人に取っては、単なる思い上がりの助長になるだけで、後の『大きな負け』を誘発する、間違った投資経験となってしまうだろう。では、大底で買って天井で売ることが出来ないのであれば、株式投資における売買のベストなタイミングとは、一体いつになるのだろうか。

 

まず重要になってくるのは心構えだ。天井で売る、大底で買うという理想を求め過ぎないということである。そんな理想は持つことさえ執着だと思うことだ。上昇トレンドに乗ってロングしているときは、できるだけ最後まで上昇トレンドに乗っていればいい。トレンドが続いていると思う限り、わざわざ利益確定してポジションを手放す必要はない。利益確定は上昇トレンドが終わって下降トレンドに入ってからで十分だ。天井を狙っても、その天井で売ることを実現することなど到底無理なのだから、いったん天井をつけて上昇トレンドが終わったと確信出来てから売ったって、全然正解の範囲内だ。

 

反対に、下降トレンドでショートしているときには、しばらくポジションを持ち続け、下降トレンドが終わってから買い戻しをして利益確定をする。これは別に遅くはならない。天井は大底で利益確定できなくても、エントリーさえしっかりしていれば、次の新しいトレンドの初動段階で利益確定しても十分な値幅がとれているはずだからである。

 

つまり利益確定のベストタイミングは、今のトレンドが終わり、次の新しいトレンドが始まる瞬間と考えればいいのだ。だから、エントリーの3つの条件を満たしたときが、実は利益確定のタイミングでもある。それに、次の新しいトレンドが始まるまでホールドしていることが、結果的にはさらに利益を伸ばすことにもつながる。

 

あの時に売らないでまだ持っていればと、悔しい思いをすることは誰にでもあることである。天井だと思ったのにそれは単なる一時的な調整だった、ということは頻繁に起こることである。トレンドが続いている限り、わざわざ焦って手放す必要はないのだから、ちょっと下がったところでは、これはトレンド終了かな、一時的な調整かなと心構えをしていればいい。

 

 

関連記事

  1. NISA(少額投資非課税制度)の狙いは?対象となる金融商品とならない商…

  2. 低位の仕手系小型株を買う7つのメリットと負けない秘訣

  3. 用語集(株式投資)

  4. ベンチャーへの株式投資はチャンスの見極めが大切!

  5. 『お買い得』や『限定』に支配されて株式投資をしてはならない

  6. 株価チャートを無視する投資は投資ではなくギャンブルだ

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)