株式投資

『お買い得』や『限定』に支配されて株式投資をしてはならない

『お買い得』や『限定』に支配されて株式投資をしてはならない

人は『お買い得』や『限定』に弱い。『今だけお買い得!』だとか、『本日限定!』というシールが貼られた商品がスーパーマーケットに並べられていれば、主婦はこぞってそれらの商品に群がり、お得な気分に浸ることに躍起になるだろう。

 

そういうとき、人にはバイアスがかかっている。つまり、『思い込み』だ。それを取りのがしてしまっては、損をする。そう思い込んでいるのである。しかし、実はそのバイアスによって人は、想像以上に不合理に動き、知らぬ間に損失を被っているということがあるのだ。『スノッブ効果』とは、希少性が高い商品に対して購買意欲が湧く概念のことである。人はこのような希少性の高そうな物を見た時、スノッブ効果によって購買意欲をそそのかされ、ある種の中毒状態になっている。

 

限定

 

株式投資で考えてみよう。上昇トレンドでは順張りトレードなのに、下降トレンドでは逆張りトレードになってしまう人がほとんどなのは、『そろそろ止まるはず、さすがにもう反発するだろう』と考えるわけである。では、そこには一体どのようなバイアスがかかってしまっているだろうか。そして、それで本当に塩漬け株を増やすことに繋がらないだろうか。

 

上昇トレンドが継続されているのであれば、株価が上がり続けている間はそのままでもいいだろう。しかし、下降トレンドが続いている場合は、決して逆張りの買いからは入ってはいけない。下降トレンドの真っ只中なのにどうして自分が買ったところで反発すると思うのか。まさか、『買ったところが底だった』とでも言うつもりだろうか。

 

下降トレンドが続いている限りは、そのトレンドに乗って売る、つまり空売りをするべし。買いでも売りでもトレンドには決して逆らわず、順張りトレードをすることが絶対原則だ。

 

 

関連記事

  1. 株を買う前に決める『自分なりの損切り基準』

  2. 株式投資はいかに安全な位置で買うか。出来高の少ない日に株を買う

  3. 株価変動を見極める!景気の動向に左右される業種、されない業種

  4. 株式投資で損切りを忘れて欲を張ると、せっかくの勝ちが水の泡になる

  5. 株を買う時、売る時の注意点。損益分岐点を明確にして売買を行おう!

  6. 株式投資における4つの分散投資パターン

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)