株式投資

順張りではなく逆張りが出来なければ投資家とは言えない

順張りではなく逆張りが出来なければ投資家とは言えない

多くの投資家が、『買い』のみでトレードするという事実がある。なぜなら、それが人間心理に従順だからだ。流れていく方向に、流される。皆がいる方向が、安全である。その様に考えるようになったのは、それなりに理由がある。

 

例えば、テレビ番組『ミリオネア』のライフラインは、『テレフォン、オーディエンス、50:50』があったが、そのうち、最も参考になるのは、往々にして『オーディエンス』だった。つまり、会場にいるみんなの意見だ。それが実に高い確率で、正解を導き出すヒントとなるのである。例えば、

 

A=10%、B=15%、C=20%、D=55%

 

明らかに回答Dが最も高い賛同を得ているわけだが、事実、このようにしてハッキリと数字が導き出された場合は、毎回のようにこのオーディエンスの正解率は高かった。

 

オーディエンス

 

これらの事実を考えた時、この様にして人間は長い人生の中、皆がいる場所に移動すれば、命が助かる、というような経験をたくさん積んできて、それらの選択と決定がDNAに沁みついているのだと推測するのは容易である。そういう事実も相まって、株式投資においても多くの投資家が、『買い』のみでトレードするという事実が存在しているのである。

 

多くの人は株が上がって欲しいと期待している。それが『正当な流れ』だと思うからだ。一昨日と比べて昨日、昨日と比べて今日と、徐々に上がってきているのだから、今回も同じように上がる。そう思い込んでいるのである。

 

だが、株は上がるときもあれば下がるときもある。この淡い期待があり、集団に意志を依存するところがあるから空売りができない。つまり順張りしかできない。逆張りという行為は、人間的に罪悪感を覚えるからだ。皆と違う行動や逆らった行動は不安になる。逆に、皆と同じ行動や従順な行動は安心する。

 

相場で勝つためにとくに重要なのはこの逆張りなのだ。逆張りとは大多数の人達とは逆のことをするやり方。皆が買いに動いているときは、売りを考える。売りなら買い。株価が上がる一方だから買いだと考えるのは普通だ。その波に乗りたい。だが、そこが天井だったということがある。往々にしてある。勇気を出し、いかに思い切りよく売るかが勝負。逆張りを実践するには度胸が欠かせない。

 

株は戦と同じだ。買う人と売る人が戦って、買い方が多ければ株価は上がり、売り方が多ければ株価は下がる。株の世界でも今買い方が優勢なのか、売り方なのか、その勢いはどのくらいかを考えなければならない。世の中の人全部が相場に対して強気になっているようなときは、相場全体が天井に近づいているシグナルだ。そういうときは、形勢は下げ基調に入ると判断すべきなのに、多くの人は上げ基調だと見る。そして持ち続けたり買ったりして、負けてしまう。だが、逆を行く人は勝つ。下げ相場を呼んで勝つ。そこが天井だと察知して売るからだ。空売りというのは、株価が下がれば儲かるというもの。つまり、慣習や人間の性質に逆らえるような、人とは違う発想をする人間が空売りを支配する。

 

 

関連記事

  1. 天底チャートの上手な活用で成功に近づく!価格や特典を確認

  2. 株を買う前に決める『自分なりの損切り基準』

  3. 低位の仕手系小型株を買う7つのメリットと負けない秘訣

  4. つなぎ売りで株価の値下がりを利益に変える方法

  5. 『お買い得』や『限定』に支配されて株式投資をしてはならない

  6. 安い時期に株を買う為にはそのときにお金を持っている必要がある

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)