株式投資

投資で『勝てない』と言う人は、ただ負けている時に止めているだけ

投資で『勝てない』と言う人は、ただ負けている時に止めているだけ

実に9割以上の個人投資家が『投資で負けました』とか、『あまりいい思い出がない』と言っているデータがあった場合、どのように分析するだろうか。まず、普通に普通の人が行いそうな分析とは、そのデータを、事実を、短絡的に解釈し、鵜呑みにすることだ。

 

『だから投資なんていうのは負けるものなんだよ』

『一部の投資家だけが儲かるようになっているのさ』

 

などという、さもそれっぽい捨て台詞を吐かれてしまっては、無知な人が聞けば、(なるほど)と思って、鵜呑みにし、真実が永久に闇の中に埋もれたままになるだろう。

 

しかしよく考えると、株式投資もFXも、上がるか下がるかだから、その確率が『9割で負ける』ということになるのはおかしい。つまり、こういうことだ。『負けた時に投資を止めた投資家たちがあまりにも多すぎる』ということなのである。

 

ジャンケンで考えても同じことだ。『ジャンケンに弱いんだよね』などと言うが、たいていの場合そういう人を見ていると、一発目で負けたとき、(やっぱり)という顔をして、その次のジャンケンが億劫になっている。

 

だが、よく目を凝らしてみると、別に『ジャンケンに弱いんだよね』と言った人以外の人も負けているし、その言った人が次のジャンケンで、何気にアイコを出していたり、あるいは勝っていたりすることがあるが、彼らは(自分はジャンケンに弱い)という思い込みにより盲目になっていて、そこに目を向けない。

 

ジャンケン

 

『ジャンケンに弱いんだよね』と言う人も、『ジャンケンに強いんだよね』と言う人も、どちらも『負けた(勝った)ときに止めているだけ』にすぎないのである。そして、負けで終われば(やっぱり俺は弱い)となり、勝ちで終われば(やっぱり俺は強い)となる。

 

つまり、多くの人が投資の辞め時を、負けたときにするからいけないのだ。勝ち逃げしなければならない。投資は、どのタイミングで買うのか、利益確定はいつなのか、損切りラインはどこか、という投資の基本的な自己ルールを定めることが必須。しかしなんとなくでやっている人が多い。それでは『ギャンブル』だ。勝てば『運』だし、負けても『運』。つまり、自分の実力で投資をしているという主体性がないため、いつまで経っても問題のカギがどこにあるかを見極めることが出来ず、改善していくことが出来ない。

 

努力の積み重ねと改善なしに研鑚されていくものなど、この世にはそうない。

 

 

関連記事

  1. NISA(少額投資非課税制度)の狙いは?対象となる金融商品とならない商…

  2. 株式投資で必要なテクノファンダ分析と人間のバイアス(思い込み)

  3. 株とFXの共通点を分析し、勝てる投資をしよう

  4. 出来高の少ない日に株を買う為に有効な手法とは

  5. 株式投資は情報戦略!株価は情報に影響されやすい!?

  6. 今更聞けない!株式投資の基本知識と仕組みやメリット

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)