株式投資

株を買う前に決める『自分なりの損切り基準』

株を買う前に決める『自分なりの損切り基準』

株式投資の素人が陥ってしまう典型的なパターンは、値上がりしている株をわずかの利益で売ってしまい、含み損になっている株を絶対に損切りしないこと。それでは『塩漬け株』が増えてしまい、どんどん資金効率を悪くしてしまう。

 

株式投資で儲ける為に絶対に忘れてはならないのは、『損切り、損切り、損切り』だ。世界一の投資家、ウォーレン・バフェットは言った。

『投資で成功する為には、3つの原則を守らなければならない。第1の原則は、『損をするな』。第2の原則は、『第1の法則』を忘れるな。第3の法則は、第2の法則を忘れるな。』

 

損

 

この言葉は、全てのページに書いてもいいぐらいだ。この絶対原則を忘れてしまっている人は、もう投資などやめてしまったほうがいい。

 

損切りの基準については様々なものがある。チャートを見ながらトレンドラインを割り込んできたら切るケースや、移動平均線を割り込んだら損切りするパターンなど。どれがいいかというよりは、その様々な基準の中から、『自分なりの基準』を持ち、株を買う前からはっきりした損切り基準をもつことが大切。そしてその基準を曲げることなく、淡々と素早く機械的に損切りしていくことが大切だ。

 

間違っても熱くなってはならない。平常心を持って行うのが投資だ。熱くなりたいなら、スポーツ観戦や、子供の教育など、『熱くなる為に行う行事やイベント』に参加するのがいい。

 

 

関連記事

  1. 株式投資はいかに安全な位置で買うか。出来高の少ない日に株を買う

  2. 経験も知識も不要!?季節株投資法の仕組みとは

  3. 平均株価とは?株価が下落している時には投資は避けるべき?

  4. 返金制度もあるセミナーで完全習得!波乗りトレードを徹底活用しよう

  5. リスク回避の分散型投資とは?デメリットはチャンスが少ないこと?

  6. 暴落時のパニック売りが出たらほぼ大底。強気で買いが有効

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)