株式投資

株式投資における4つの分散投資パターン

株式投資においては、分散投資をしてリスクヘッジをすることは必須条件です。では、分散投資というのは具体的にどのような種類のものがあるのでしょうか。

業種分散

医療品業種とサービス業種の銘柄を保有するなどして、業種を分散させてリスクヘッジをする方法。為替相場の変動で自動車などの輸出関連業種が値下がりした場合、業種を分散させて保有していれば、リスクヘッジとなる。

銘柄分散

複数の銘柄を保有することで、ひとつの銘柄が値下がりしても、別の株で損失を補おうとする方法。ただし、いきなりたくさんの銘柄を保有すると、かえって管理が難しくなるので注意。

市場分散

東京証券取引所の一部に上場している安定銘柄だけでなく、マザーズなどのベンチャー銘柄にも分けて分散することで、市場全体の景況の影響を分散する方法。

時間分散

日経平均株価など、株式市場全体の指標が下落傾向にある場合は、あえて投資を控えて時間を置く。また、デイトレードではなくスイングトレードを行うことで、一時的な値下がりリスクを分散する。

 

 

関連記事

  1. 押し目を買って株を買うのが上昇相場では有効な買い方

  2. 暴落時のパニック売りが出たらほぼ大底。強気で買いが有効

  3. 用語集(株式投資)

  4. 株価の振幅が高値圏で起きると天井近辺。安値圏で起きると底値近辺

  5. 底値を当てようと考えるのではない。買い単価を低くする投資をせよ

  6. 株式投資で損切りを忘れて欲を張ると、せっかくの勝ちが水の泡になる

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)