株式投資

信用取引のメリットとデメリットとは?+トレードできる2つの銘柄

株の売買には二通りある

  • 1)現物取引

資金100万円で、100万円の株が買える

 

  • 2)信用取引

資金100万円を証拠金として、レバレッジを効かせることができる。※株式投資の場合、約3倍まで

 

信用取引は二通りある

  • 1)信用買い

先に買って、後で売る(株価が上がると儲かる)

 

  • 2)信用売り(空売り)

先に売って、後から買い戻す(株価が下がると儲かる)

 

『先に売る』ということはどういう意味かというと、信用取引は証拠金を担保にして購入代金を借りるだけではなく、株券を借りることもできるから。それを売る行為を空売りと言う。

 

しかし、空売りの場合は、株価が下がればそうして利益が出るが、もしその後に上がってしまったら、損失となってしまう。例えば200円の銘柄を1万株空売りする(200万円分)。100円に下がって買い戻せば100万円の利益だが、300円に上がってしまえば、100万円の損失となる。

 

信用取引のデメリット

  • 1)『信用買い』損失が拡大すると、その額が資金を超えることがある※しかし、売買代金を超えることはない

100万円の証拠金で、レバレッジ3倍なら、300万円となる。それで300円の銘柄を1万株買ったとする。しかし、その株価が200円に下がってしまうと、200万円になってしまう。従って、手持ちの証拠金分が丸々消えてしまうことになる。

 

  • 2)『信用売り』損失が拡大すると、その額が資金額や売買代金を超えることもある。しかも、最大損失額は青天井

※現物取引なら、どんなに損失が拡大しても、資金以上にはならない

 

信用取引でトレードできる2つの銘柄

  • 1)信用銘柄

信用買いだけができる銘柄※空売りは出来ない

 

  • 2)賃借銘柄

信用買い、信用売り、その両方が出来る銘柄

 

追証は最低維持率(およそ25%程度)を下回ると求めらるが、それが発生するということは、トレードテクニックに問題があるということ。イエローカードが出ていると判断することが出来る。

 

 

関連記事

  1. 抽選の多い新上場企業株購入【必勝】テク!複数の証券会社で口座を作る

  2. 株式投資で損切りを忘れて欲を張ると、せっかくの勝ちが水の泡になる

  3. 押し目を買って株を買うのが上昇相場では有効な買い方

  4. 株式投資は射幸的なギャンブルではなく戦略的な投資である

  5. 底値を当てようと考えるのではない。買い単価を低くする投資をせよ

  6. 出来高が最も増えたときは確実に売り抜けるタイミング

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)