株式投資

株価変動を見極める!景気の動向に左右される業種、されない業種

好決算発表で株価が下がる理由

好決算発表をするような企業の株価は、『株価が上がる、順調である』と見込まれていて、往々にして株価が上昇しています。ですが、株価というのは『上がり過ぎると落ちる』傾向があるわけです(その最高値のことを天井といいます)。なぜなら、投資家たちが『下がる前に売りたい』と思って、天井になる前を見極めて、売りに走り出すからです。

 

株価というのは、

 

  • 1)買う人が多い=上がる
  • 2)売る人が多い=下がる

という傾向にあります。従って、好決算発表で株価が下がるということがあり得るわけですね。

 

株価下落と長期保有のリスク

いつまでも株価が変動しない株を長期保有するぐらいなら、乗り換えて違う株に替えた方が良い。もしかしたらいつかその株が下落するかもしれないわけで、だとしたらその時間は、全て無駄だった、ということになる。間違っても、その変動しない事実を受け、『安定していて、安心できる』という方向で捉えないことである。

 

景気の動向に左右されやすい13の業種

  • 1)鉄鋼
  • 2)繊維
  • 3)セメント
  • 4)ガラス
  • 5)紙パルプ
  • 6)海運
  • 7)空運
  • 8)商社
  • 9)自動車
  • 10)造船
  • 11)タイヤ
  • 12)精密機械
  • 13)電気機器

 

景気の動向に左右されにくい6つの業種

  • 1)電力
  • 2)ガス
  • 3)電鉄
  • 4)通信
  • 5)医薬品
  • 6)食糧

 

毎年起こる株価変動の流れ 相場の法則 アノマリー投資

  • 1月)株高

節税売りが終了。

 

  • 2月)節分天井

節分時期に株型天井を迎える。

 

  • 3月)彼岸底

3月20日の彼岸前後に株価が底値に。

 

  • 4月)4月効果。新年度相場

株高。1年のピーク。機関投資家が運用開始。

 

  • 5月)天上もしくは大底へ。機関投資家の買いが一巡
  • 8月)閑散相場。株価が大きく動く材料不足
  • 10月)稲穂相場。9月に売りが一巡して反発傾向
  • 12月)株安。大口投資家の節税対策の売り

 

 

株価が上がる可能性のある3つの傾向

実店舗でよく売れている

やけに繁盛している企業やお店があれば要チェック。例えばユニクロは、新規に店がオープンすると、並ばないと買えない現象が起きました。

 

大々的な広告をよく出している

広告費というのは大金がかかるものです。しかしその広告費を捻出出来ている。ということは、その広告を打っても、そこから利益を上げることが出来る、というシステムを構築している可能性が高いわけです。従って、その企業、あるいはその業界自体に、注目するべきです。

 

IRを重視する企業

投資家の為に会社のことをくわしく知らせることを『IR(インベスター・リレーションズ)(企業説明)』といいあmすが、これが詳細に公開されている様な企業の株は、要チェック。

 

 

関連記事

  1. 株式投資で損切りを忘れて欲を張ると、せっかくの勝ちが水の泡になる

  2. 株価チャートを無視する投資は投資ではなくギャンブルだ

  3. デイトレードのメリットや注意点と3つの有効ツール

  4. 株価の振幅が高値圏で起きると天井近辺。安値圏で起きると底値近辺

  5. 株で儲けるにはコツがいる!儲けた後の税金についても注意せよ!

  6. 新規の株発行は買いのチャンス!新たな上場企業や新株発行に注目!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)