クレジットカード

キャッシングブラックとは?なぜキャッシングが利用出来ない?

キャッシング審査の際にチェックされるブラックとは?

キャッシングを利用する際に、審査が行われます。この審査では「ブラックリスト」に載っていると審査に通らないなどと言われる事があります。このブラックリストとは一体何なのでしょうか?

 

ブラックとは事故情報の事

まず、ブラックリストと言われる事が多いですが、実際にブラックリストが金融業界に存在するわけではありません。

キャッシングキャッシング

キャッシングの審査のチェックポイントは、個人情報と信用情報の2種類です。個人情報とは、収入や住居情報、勤務先や勤務年数などの、返済能力を知る上で必要な個人情報の事です。

対して信用情報とは、過去の借金の履歴と考えると分かりやすいでしょう。つまりその人が、過去にキャッシングを利用していたのなら、キチンと完済されているのかどうか、遅延などがなかったかどうかを確認します。

 

キャッシング

 

またキャッシング自体は初めての利用であっても、住宅ローンですでに多額の借金を抱えていたり、クレジットの分割払いの支払い総額がどれぐらいあるのか?他にも社会保険などの支払いが滞っていないか、確認をする必要があります。そして過去だけでなく、現在他の消費者金融でキャッシングの利用をしていないかなど、現状も確認します。

 

 

なぜこのような情報を知る事ができるのかというと、金融機関は情報を共有しているためです。

銀行系の信用情報なら、全国銀行個人信用情報センターが対応しています。

信販会社の信用情報なら、株式会社CICが対応しています。

そして銀行、消費者金融、信販会社の信用情報なら、株式会社日本信用情報機構と呼ばれる会社が対応しています。

そしてこの信用情報に、遅延したり、自己破産した場合など、事故情報が記載されている場合は、キャッシングの返済に不安がありと判断されるため、審査に通りにくくなるというわけです。

 

 

ブラック情報の期間

ブラック情報には、ブラック情報として扱われる期間が決まっています。例えば、

 

 

となっています。つまり自己破産をした人が、再びキャッシングを利用しようと思った場合、10年間ほどはブラック情報として扱われるため、審査に通らず利用できないというわけです。

 

 

では、一定の期間が過ぎれば、信用情報からブラック情報を消す事ができるのか?というとそうではありません。一定の期間が過ぎれば、ブラック情報として扱われなくなり、キャッシングの審査に通るようになるかもしれません。ただし、その場合でもブラック情報自体は、信用情報に一生残ります。そのため、信用情報にブラック情報が残るような行為は、極力避けるようにしましょう。

 

キャッシング

 

ブラック情報があってもキャッシングできる?

信用情報にブラック情報が記載されている場合、一般の消費者金融の審査では100%審査に落ちます。これはブラック情報で過去にトラブルを起こした人は、再びトラブルを起こす可能性が高く、キャッシングしてもきちんと返済されるかどうか分からない。返済能力が低いと判断されてしまうからです。消費者金融もボランティアではありませんから、回収できない資金を貸したくないと思うのは当然だと言えるでしょう。

 

キャッシング

 

なのに、時々ブラックでもOK、ブラックでも審査に通ると謳っている金融業者が存在します。これは非常に怪しいと警戒して下さい。闇金の可能性が高いため、いくらお金に困っていても、闇金からお金を借りては絶対にいけません。闇金に手を出すと、お金に困っている現状よりも、さらに状況は悪化すると断言できます。闇金に手を出すよりは、自己破産でも生活保護でも、他の手段の方がマシだという事を肝に銘じておきましょう。

 

ブラックだとキャッシングが利用出来ない理由について

キャッシングを利用しようとしても、審査に通らず利用できないという人もいます。キャッシングの審査に通らない原因は、いくつか考えられます。ただ、年収が高いのにも関わらず、審査に通らないという場合、ブラック情報が原因の可能性が高いと言えるでしょう。

 

なぜブラック情報があると、審査に通らないのか?

消費者金融が、キャッシングの審査で最も重視している点は、返済能力があるかどうかという点です。貸したお金がキチンと返済されなければ、利息だけ払われたところで、消費者金融は利益どころか損失になってしまいます。そのためキチンと返済能力のある人だけに、お金を貸したいと消費者金融は考えています。

 

そしてその際の判断基準となるのが、個人情報と信用情報です。個人情報は、年収や勤務先など、個人に関する様々な情報の事です。ただ、大企業で働いていて、年収が高くても、金遣いが荒かったり、ギャンブルにお金をつぎ込んでしまう場合は、完済できない可能性が高くなります。そのため、信用情報でその人の過去を確認するというわけです。過去にキャッシングを利用した事があるのかどうか、キャッシングの利用をしていても、キチンと完済している場合は、返済能力がある人というプラスの評価になります。

 

キャッシング

 

そしてキャッシングを利用して、遅延したり、自己破産をして返済をしなかったという場合は、事故情報として記載されます。この事故情報がある人は、また次に新たにキャッシングを利用しても、本当に返済してくれるのか、信用出来ませんよね。そのため、過去に問題を起こしているので、返済能力が低いと判断されて、消費者金融はお金を貸したくない人として、審査に落としてしまいます。キャッシングの利用状況だけでなく、クレジットカードやローン、分割払いなどの情報も同じように使われます。

 

申込ブラックが審査に通らない理由

申込ブラックとは、信用情報の通常のブラック情報とは異なります。

 

ブラック情報とは、遅延や自己破産など、返済が遅れたり、返済できなかった場合に事故として処理されてしまう情報です。

 

キャッシング

 

申込ブラックとは、短期間で複数の金融機関に申込みをしている状態の事です。申込みをしたという情報も一時的に信用情報には記載されますが、本来はそこまで重要視される情報ではありません。実際には、3ヶ月もすれば申込み履歴は消える情報です。

 

キャッシング

 

ですが、短期間に複数の金融機関に申込みをしているという場合、すごくお金に困っている状態だと判断されてしまいます。その場合、今まで信用情報にブラック情報がない状態であっても、今これだけ切迫している状態の人にお金を貸しても、本当にちゃんと返済してくれるのだろうか?そんな不安を金融機関は覚えるわけです。

 

キャッシング

 

そのため、1ヶ月の間に3件以上の金融機関に申込みをしている人は、他の信用情報に問題がなくても申込ブラックとして警戒されて、審査に通りにくくなってしまいます。お金が必要な状況だからこそ、やみくもに行動するのではなく、計画的に借入する事が重要だと言えるでしょう。

 

信用情報の事故情報(=ブラック情報)にしろ、申込ブラックにしろ、言える事は金融機関においては返済能力のある人にしか、お金を貸したくないという事です。そのため、無計画にお金を貸して、最悪返済できなかったら自己破産すれば借金はなくなるなんて甘い考えてキャッシングを利用してはいけません。

 

借りたお金を返す事は当たり前の事ですよね。いざという時、本当にお金が必要な時に、ブラックでお金を借りる事ができないという状況に陥らないように、お金を借りる前に生活を見直し無駄な出費がないか、見直しましょう。そしてどうしてもお金を借りなければいけない場合は、最低限の金額を借り、無理のない返済プランを立てて完済を目指しましょう。

 

関連記事

  1. キャッシングの過払い金とは?請求・計算方法、時効の期間を確認

  2. クレジットカードの申込書の理想の書き方と訂正の方法

  3. 株式会社ジェーシービーの会社概要と沿革

  4. クレジットカード業界の歴史と推移

  5. クレジットカードの分割、リボ、ローン、ショッピングでの徹底金利計算!

  6. 自分にピッタリ!クレジットカードは目的別に利用するのが絶対にお得!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)