クレジットカード

不動産担保型ならAMSのつなぎローン

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)について

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の不動産担保ローンを知っていますか?ローン自体が初めてという人であれば、ローンの種類が多すぎて、一体どのローンを選んだらいいのか分からない。そんな人も多いと思います。低金利で長期間のローンを利用したい、そう考えている人であれば、AMS(株式会社総合マネージメントサービス)について、知っておいて損はありません。

 

 

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)について

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の不動産担保ローンが人気があります。どんな人にオススメのローンなのかというと、不動産担保ローンなので、不動産を所有している事が原則になります。そして不動産を担保にする事で、長期ローンを低金利で借りたい人にオススメです。不動産に関して言えば、AMSは日本全国で対応可能なので、借替え、事業資金、マイホーム購入資金など、様々な用途で借入する事が可能です。担当の営業マンがお客様の疑問や不安などの相談にのり、要望に応じてくれるでしょう。

 

カードローン

 

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の商品情報

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)はスピード審査なので、審査にかかる期間は、

 

  • 3日以内

 

です。融資限度額は、担保の価値によって変動しますが、原則として、

 

  • 30万円~5億円まで

 

となっています。申し込み条件は、

 

  • 20歳以上で、安定した収入がある事、不動産を所有している

 

です。申し込みに必要な書類は、本人確認書類として、

 

  • 健康保険証または運転免許証

 

カードローン

 

が必要となります。保証人や入会金、年会費等は必要ありません。利息は年利で、

 

  • 3.4%~9.8%

 

なので、大手消費者金融のキャッシングローンの利息と比べると、低金利だと言えます。

 

借入返済方法は、

 

  • 元利均等
  • 自由返済
  • 一括返済
  • ボーナス併用返済

 

など、自分に都合のいい返済方法を選ぶ事が可能です。商品の種類は、

 

  • 不動産担保ローン
  • 不動産サポートローン
  • 不動産つなぎローン
  • リースパック

 

の4種類あります。

 

またAMS(株式会社総合マネージメントサービス)は不動産担保ローンのイメージが強く、担保がなければ融資は出来ない。そう思っている人も多いかもしれません。しかし実は無担保ローンもあります。無担保ローンでも最高で1000万円まで借入可能で、複数の消費者金融でキャッシングをしてしまい返済に困窮している人にAMSのおまとめローンがオススメです。消費者金融のキャッシングローンは利息が高いので、AMSの低金利ローンでまとめる事で利息の負担や毎月の返済額を減らす事が出来ます。

 

AMS(株式会社総合マネージメントサービス)融資までの流れについて

不動産は所有しているけれど、融資対象となるのか不安、そんなふうに思う人もいるかもしれません。その場合は、メールによる無料査定を申し込みしてみましょう。不動産情報として、

 

  • 物件の所在地
  • 最寄り駅
  • 坪数
  • 築年数
  • 購入日と購入価格
  • ローンの有無

 

などを入力し、メールで送ると、融資可能かどうかの査定が行われます。

 

カードローン

 

では次に、融資までの流れについて紹介したいと思います。まず電話、インターネット、FAX等で申し込みを行います。正式な申し込みに関しては、来店し申込書の記入と必要書類の提出、そして返済計画等を担当営業マンと相談し決定します。

 

申し込みが完了すると、審査が行われます。不動産の現地調査とお客様情報の審査を行うため即日審査は行えず、審査には3日の期間が必要となります。審査に通れば契約となり、不動産の抵当権や根抵当権などの手続きをします。全ての手続きが完了すれば、融資が実行されます。

 

低金利で長期間、借入したい、そう考えているのなら、AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の不動産担保ローンがオススメです。

 

不動産を担保にしたローンについて

もしあなたが、今すぐ多額のお金を必要としていて、消費者金融でキャッシングを申込もうと考えているのなら、AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の不動産担保ローンをまずは検討する事をおススメします。では不動産担保ローンとは、どのような内容のローンなのか紹介したいと思います。

 

不動産担保ローンの審査基準

不動産担保ローンとは、その言葉どおり、所有している不動産を担保としてローンを申込む事です。不動産を所有していないから無理だと諦める前に、申し込み条件に該当しないかどうか確認してみて下さい。自分自身で不動産を所有していない場合でも、親族や保証人が所有している不動産、または共有名義の不動産であってもローンは可能です。なので、実家の両親が不動産を所有しているという場合は、両親に相談をしてみてはどうでしょうか?

 

カードローン

 

不動産という担保があるために、通常のキャッシングローンと比べて色々なメリットがあります。その中でも最大のメリットとは、総量規制対象外だという事です。そのため、現時点で複数のキャッシングをすでに利用している人でも、また安定的な収入がない場合でも不動産価値に応じて融資が可能です。また融資の目的に関しても、使途自由です。不動産の現地調査もあるため、審査には3日の時間がかかりますが、融資に通る可能性は高いと言えるでしょう。

 

そしてやはり魅力は、低金利であるという事です。キャッシングの場合は、年利で18%の利息を支払う事になり、利息の返済だけでも大変な金額となります。まして長期間借りる場合は、金利の負担がさらに大きくなってしまいます。ですが、AMS(株式会社総合マネージメントサービス)の不動産担保ローンであれば、年利は3.4%~9.8%と非常に低金利で借りる事が可能です。そして返済期間は最長で35年間借りる事が可能です。借入金額に関しては、所有している不動産価値によって、大きく変わってきますが最大で5億円もの高額借入が可能です。

 

カードローン

 

このように、キャッシングローンと比較しても、圧倒的にお得な内容となっているので、不動産担保ローンの条件に該当する場合は、必ずこちらのローンに申し込むべきだと言えるでしょう。

 

不動産担保ローンの審査に通らないケース

先ほど、不動産担保ローンは、審査に通りやすいと紹介しました。では実際に不動産担保ローンの審査基準がどのようになっているのか、紹介したいと思います。

 

不動産担保ローンの審査で重要なポイントは、融資額が回収できるかどうかに尽きます。もし、返済が滞り、現金での返済が出来なくなった場合に、担保の不動産を売却して、借入金額を全て回収する事ができるかどうか、調べる必要があります。そのため審査の時点で、不動産の現地調査を行います。この調査で、担保の不動産価値が現在どれぐらいあるのかを確認します。

 

カードローン

 

20年前に、5000万円で購入した不動産だからといって、現在も5000円の価値があるとは限りませんよね。バブルが崩壊し土地の資産価値が大幅に落ち、さらに建築物は劣化して立て直しが必要。現在は、資産価値は、2000万円にしかならないと判断される事もあるでしょう。

 

もちろん、立地条件によっては、土地開発が進み、20年前より資産価値が増えているというケースもあります。担保の資産価値を確認した後は、他社の借入状況と、返済状況の確認をします。つまり信用情報を調べます。不動産担保ローンでは、他社で借入していても、審査に通ると言いました。しかし、他社借入金額が多すぎて、すでに担保の資産価値を超えている場合は、回収できないリスクが高まるので審査に通らない可能性があります。

 

また税金が未納の状態だと、ローンよりも税金の返済が優先されます。そのため、信用情報で問題がないかチェックされます。もちろん、年収や勤続年数などの、個人情報もチェックされます。不動産担保があれば、収入がなくても審査に通る場合もありますが、やはり収入がないよりも、安定的な収入がある方が返済計画が立てやすいため、プラスの評価となるでしょう。

 

カードローン

 

ただし、不動産担保ローンでは、個人情報や信用情報よりも、不動産担保価値が重要視されます。つまり、すごく不動産価値が高い不動産を担保とした場合の方が、圧倒的に審査が通りやすいと言えるでしょう。もちろん、返済が滞れば、担保にした不動産を回収されてしまいますから、無理のない返済プランで借入金額を決定させましょう。

 

AMSのつなぎローンについて

病気になり、仕事を辞めてしまった。収入がなくなり治療にお金がかかるため、家を売りたいという人もいるでしょう。また離婚をして多額の慰謝料を支払う必要になり、家を売らないと支払う事が出来ない。せっかく苦労して手に入れたマイホームであっても、人生の予期せぬ出来事によって、家を売らなければいけない事態に陥ってしまう事は少なくありません。こんな時、出来るだけ早く家を売りたいと、焦って売ってしまうかもしれません。

 

カードローン

 

ですが、ちょっと待って下さい。家を売る時に重要な事は、早く家が売れる事ではありません。出来るだけ高く家を売る事が重要です。そんな事を言われても、お金が今すぐ必要なんだ、という人にオススメしたいローンが、AMSのつなぎローンです。

 

AMSのつなぎローンとは何か?

AMSが不動産担保ローンを行っている、総合マネージメントサービスの会社だと知っている人もいるかもしれません。しかし、不動産を担保にして低金利でお金を借りるローンの事は知っていても、つなぎローンは知らないという人も多いでしょう。そんな方のために、つなぎローンとは何なのかについて、説明したいと思います。

 

つなぎローンとは、今すぐ焦って家を売らなくても、もっと好条件で家を売るために家を売却する事を前提に、その代金を前借する不動産つなぎローンの事です。つなぎローンを組む事で、家を焦って現金化する必要がなくなり、好条件で売れるタイミングを待つ余裕が出来ます。またつなぎローンも、不動産担保ローンの一種ですから、もちろん通常のキャッシングと比べると、低金利でローンを組む事が可能です。金利は3.4%~9.8%と不動産担保ローンと同金利となっています。

 

融資金額は、不動産担保ローンよりは、上限が低く50万円~1億円となっています。総量規制の対象外の商品となるので、いろいろな面で融通がつくなどのメリットがあります。つなぎローンは、基本的に長期間のローンではなく、家が売れるまでの期間となるため、短期間のローンという扱いになります。そのため返済期間は1ヶ月~3年と設定されていますが、今すぐお金が必要で今すぐ家を売らないといけないという状況と比べると、家を売るための猶予期間が最長で3年間もらえるわけですから、非常に都合のいいローンだと言えるでしょう。

 

家を売却しても住み続けられるリーズバック

お金が必要で、家は売らないといけない。だけど、この家が気に入っていて、引っ越ししたくない。そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。そんな人にはつなぎローンよりもリーズバックをおススメします。

 

リーズバックとは、家は不動産に売却しますが、その後その家を賃貸として住み続ける事ができるシステムです。つまり、家の所有権は失われてしまうけれど、引っ越しをしなくてすむという訳です。そして、またお金を貯めて、賃貸で借りている家を将来的に買い戻す事も可能です。

 

カードローン

 

もちろん、お金が必要だから家を売ったわけで、賃貸料金を支払いながら家を買い戻すお金を貯める事は簡単な事ではありません。ですが、通常は不動産に売却した家は、誰か他の人が購入し数年後に買い戻す事は不可能です。それがリーズバックなら、自分達が賃貸で住み続ける事で、その家が他の誰かに購入させるのを阻止する事ができます。そして買い戻せるかもしれないと思うと、頑張って働いてお金を貯めようという気持ちになりますよね。

 

急にお金が必要になり、ローンを申込む際に、不動産担保ローンにするべきか、つなぎローンにするべきか、それともリーズバックにするべきか、それぞれメリットとデメリットがあるため迷う人もいるでしょう。どのローンが自分のライフスタイルや返済プランに、合っているのか分からない。

 

そんな人はAMSには不動産活用コンシェルジュが存在し、直接打ち合わせをする事で1番いい解決方法を提案してくれます。1人で悩むより専門家に相談し、アドバイスをもらった方がいい結果につながるはずです。

 

 

関連記事

  1. カードローン完済後の過払い金、計算と請求方法をチェック!

  2. VISAインターナショナルの会社概要と沿革

  3. クレジットカード業界の歴史と推移

  4. 株式会社ジャックスの会社概要と沿革

  5. 使用目的でカードローンの審査は変わる!?目的別ローンという選択肢

  6. 株式会社セントラルファイナンスの会社概要と沿革

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)