クレジットカード

自分にピッタリ!クレジットカードは目的別に利用するのが絶対にお得!

クレジットカードは利用目的に合わせて作りましょう

 

クレジットカードは買い物、携帯電話、公共料金の支払いなど様々な分野で利用する事が出来ます。そのため現代社会においてとても便利且つ重要なツールのひとつとなっています。今では、日本国内で発行されているクレジットカードの種類は1000種類以上にも及んでいるというから驚きです。今回、数種類にも及ぶクレジットカードの利用目的について紹介をしたいと思います。

 

クレジットカード

 

クレジットカードの仕組み

 

まず初めにクレジットカードの仕組みについて簡単に説明します。クレジットカードは加盟店であれば、お店での買い物時に現金支払いをせずに、後払いという方法で商品を購入する事が出来ます。これはクレジットカード会社が、お店に対して利用分を先行して支払ってくれるものです。

 

そして利用者はお店ではなく、カード会社に後ほど指定の期日に銀行引落で支払うというシステムです。その為、商品購入時に例え引落銀行口座に残高が少なくても、クレジットカード利用限度額までは商品購入が出来てしまいます。

 

クレジットカードは便利さ故にカードの使い過ぎが問題となることがありますので、いざ、支払日に引落銀行口座に現金が入金されていないと、最悪、ブラックリストに載ることになり、さらにこれが積み重なると自己破産となってしまう危険性があります。そうならないためにも、カード支払いをするとメールで利用額を通知してくれるサービスやカード会社のWebサイトで利用内容や累計金額を確認するなどカード会社が行っているサービスを活用するようにしたいところです。

 

クレジットカード

 

 

クレジットカードの利用目的にあわせた利点と欠点

 

クレジットカードにはカードの種類により特典が付く傾向があります。例えば、特定の業界で商品を購入すると値段が安くなったり、ポイント還元が高くなりますし、またカードのデザインをキャラクターにしたり、年齢限定で利益があるなど特定の人をターゲットにしたカードも多く存在します。

 

また銀行キャッシュカードにキャッシング枠を付与する事も出来ますし、旅行の際のマイルを貯めることに特化したカードなど、自分が如何様に使用するかによって効果が異なっています。使用目的により何倍にも効果を発揮することが出来るのがクレジットカードの良い点です。

 

 

しかし利用目的ごとに特典が異なるため、クレジットカードの作りすぎには注意が必要となります。複数、保持したい場合には自分がしっかり支払い管理が出来るかや絶えず携帯するリスクを十分理解した上で作成するようにしたいです。

 

ただし複数作成するには一枚のカードの利用実績がとても重要となってきますので、くれぐれも支払い遅延や紛失といった事例を出さないことです。言い換えれば実はクレジットカードを上手く使う事によって社会的信頼を築く事が出来るといっても過言ではありません。

 

この社会的信頼についてはいずれ購入するであろう家や車などの高額商品の購入の際、とても重要な役割があります。高額商品の場合は、銀行等にお金を借りないといけないのですが、その際、なんと言ってもカードやキャッシングを利用したときの利用履歴がものを言います。

 

銀行はこの利用履歴から審査を行い、履歴が良ければ、大きな取引をする事が可能ですので、過去に支払い遅延が発生している人には貸してくれないというのが世の中の仕組みです。また年収等が良くても利用履歴がなければ、審査基準がないために、簡単なローンも通らなくなってしまう場合が多いのです。

 

クレジットカード

クレジットカードの申し込みは大概、目的の場所で作成できるケースが多いですので、容易に作成することが出来ます。その際は、引き落としの銀行口座が必要なので、普通預金口座がない場合には事前に作成しておいて下さい。定期的に収入さえあればクレジットカードは作れますので、目的に合わせて作成するようにしたいです。

 

 

目的別のクレジットカード作成について

 

クレジットカードは1000種類以上ありますが、目的別に作成するととても効率的です。そうは言っても、クレジットカードの作りすぎはよくないため、自分のライフスタイルに合わせて作成をする事が重要です。今回、目的別のクレジットカード作成について紹介をします。

 

 

ポイントを貯めることを目的にするカード

 

ここではポイントを貯めることに特化したカードがあることの紹介をしたいと思います。
例えば、

 

高速道路をよく使うなら深夜・早朝割りがあるETCカードを持ちたいです。

 

クレジットカード

大手スーパーをよく利用するなら、当然そこのカードを持つのがお得なことが多いです。この理由はポイント還元率はもちろん、カード会員に限り割引特典日が存在するといった特典が存在するからです。

 

大手ネット販売サイトをよく利用するなら、ポイントの使用有無であったり、サイト以外に提携している企業があるかが重要です。これは提携している企業でカードを利用するとポイントがX倍になったりすることがあるからです。

 

また、使用金額に応じて還元ポイントが加算されるカードシステムも存在しますし、別のポイントに交換できるカードもあれば、そこのサイトでしか使えないけどポイント還元率が大きいといった特殊カードもあります。クレジットカードによってポイントの使い道も多種多様です。

 

 

公共料金の支払いはクレジットカード

 

あまり知られていないのが、公共料金の支払いについてです。現在、公共料金の支払いを現金で済ませている人はクレジットカード払いに変えたほうが良いと思います。公共料金には電気、水道、ガス料金などがありますが、毎月、結構な金額を支払っています。この毎月支払うことに対して何の策もなく、支払っているのはとてももったいないです。支払い金額に応じて特典がつけることが出来たら、なんとすばらしいことでしょう。

 

そこでクレジットカード払いにすることをお勧めしたいです。この理由は、ひとまとめに口座から引き落とされること、クレジットカード会社によってはポイントが貯まることが大きく普通に支払うより断然お得です。またこれにより生活費の見直しが出来るというメリットもあります。

 

更にクレジットカードのなかには、公共料金をはじめカード利用額を割引してくれるものも存在します。公共料金は基本的に割引してくれないものですから、こういった意味でも利用出来るものは、有効に活用したほうが良いです。

 

クレジットカード

 

旅行好きで海外に出向く方に特化したカード

 

旅行好きで海外に出かけるといった事が多いという方にはトラベルとエンターテイメントのサービスが充実したカードがあります。これは旅行障害保険やマイレージが貯まりやすいといったカードです。ちなみにマイレージとは国内または国外の航空会社がサービスの一環として行なっているポイントのことを言います。マイレージが貯まるとポイント数に応じて賞品交換を行ったり、無料で航空券が手に入れることが出来るため再び旅行に行くことが出来ます。

 

マイレージを貯めるには搭乗した飛行機の区間やキャンペーンの利用、ボーナスマイル、クレジットカード利用によるクレジットカードポイントの移行などで貯めることが可能です。近年では航空会社発行のクレジットカードやマイレージの移行手数料が無料で行えるため、ポイントが貯まりやすいカードを選択するユーザが増えています。

 

クレジットカード

 

学生専用のクレジットカード

 

クレジットカードは安定した収入のある社会人が保持できるカードという印象がありますが、実は
学生専用のクレジットカードも存在します。学生専用カードとは各クレジットカード会社で発行しているカードの事を指します。学生専用カードのメリットは何より学生ならではの特権が活かせる事が大きいことです。

 

例えば海外でも使用できる他、旅行保険をはじめとする付帯サービスが充実しています。そのため留学をして生活費を上手に払っていきたいといった事も可能となります。注意点としてはキャッシング枠やショッピング枠が少なめの設定となっていることくらいです。

 

また、学生専用カードは社会人になったときに学生カードから一般カードへと変更になります。これは大きなメリットだと考えられます。それは新社会人でクレジットカードを作成しようと思っても勤続年数が少ない理由からカード審査に落ちてしまう可能性があります。

 

しかし、学生専用カードはそのまま一般カードへと移行する事が出来ますので、そのあたりの心配は無用となります。そのためクレジットカードの使いすぎにさえ気を付けてしようすれば、とても便利なアイテムとなることは言うまでもありません。

 

クレジットカード

今回、代表的なクレジットカードの紹介をしましたが、クレジットカードを決める際のポイントについては利用目的に合わせて作成することです。多少面倒であっても自分の良く使いそうなお店や目的を一通り挙げて、決めて行くことをお勧めします。作成するポイントとしては、

 

  • 年会費の有無
  • ポイント還元率
  • 提携会社がどうか

 

などで考えると良いと思います。カードを作成する目的は自分のライフスタイルに合っているかがポイントで、何よりも自分が一番、利点が感じられるクレジットカードを選ぶことが重要です。

 

関連記事

  1. VISAインターナショナルの会社概要と沿革

  2. ネットショッピング系クレジットカード

  3. キャッシングの申込みの流れを確認!審査に必要なものは?複数申し込みは?…

  4. Tポイント

  5. ホテル系クレジットカード

  6. ユーシーカード株式会社の会社概要と沿革

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)