借金

自己破産したらマイカーローンはどうなる?車を手元に残すには?

質問

自己破産したらマイカーローンはどうなる?車を手元に残すには?

答え

自己破産した場合、免責申告時にマイカーローンの債務を申告しておけば、免責許可が降りた時点で債務責任は消滅します。

 

その場合、使用していた自動車は手放さなければなりません。マイカーローンを組んで自動車を購入した場合、ローンを完済するまでの期間は、その車の所有権はローン会社に保留されていることが一般的です。このことから、自家用車は自己破産と同時に所有権に基づいてローン会社のものとなり、引き上げられてしまうでしょう。

 

手元に残せる場合は、車が換価20万円以下である場合です。しかし、たとえ20万円以下であったとしても、日常生活に車が必要でないと判断されれば処分されてしまう可能性は十分に考えられます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

任意整理や特定調停なら整理の対象から自動車ローンを外せばいいんだけどね!個人再生と自己破産は、債権者全員が整理の対象になるからね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自己破産すると残ったマイカーローンと車はどうなるの?

自己破産した場合、免責申告時にマイカーローンの債務を申告しておけば、免責許可が降りた時点で債務責任は消滅します。そのため、本来なら支払うべきマイカーローンの債務からは解放されることになります。

 

その場合、使用していた自動車は手放さなければなりません。マイカーローンを組んで自動車を購入した場合、ローンを完済するまでの期間は、その車の所有権はローン会社に保留されていることが一般的です。このことから、自家用車は自己破産と同時に所有権に基づいてローン会社のものとなり、引き上げられてしまうでしょう。

 

自己破産

 

またローンを完済している場合、自動車の価値が時価20万円以下であるならその車は手元に残る可能性がありますが、20万円以上になると原則処分されてしまうかもしれません。しかし、たとえ20万円以下であったとしても、日常生活に車が必要でないと判断されれば処分されてしまう可能性は十分に考えられます。

 

自己破産

 

自己破産とは、財産を処分して債務責任を法的に無くしてもらう手続きですので、必要でないと判断された財産は処分対象となり得るのです。その目安が20万円という数値でなんですね。

 

実際のところ20万円以下の財産が処分されるケースはあまりありません。安心はできませんが、絶対的に失うのかと言えば、ケースバイケースですね。

 

 

借金

自己破産や個人再生は、債権者を選べないからね!申告しておけばっていうか、申告しなければ申告漏れ扱いだよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 自己破産した場合、免責申告時にマイカーローンの債務を申告しておけば、免責許可が降りた時点で債務責任は消滅する。
  • その場合、使用していた自動車は手放す。
  • 自動車の価値が時価20万円以下であるならその車は手元に残る可能性がある。

 

車を残したいからマイカーローンだけ払っちゃダメ?

自己破産の手続きを行うにあたって、一部の債権者だけに返済することは法律で禁じられています。破産法における債権者平等の原則が、これに当たります。そのためマイカーローンが残っている自動車は、原則的にローン会社が引き上げることになるでしょう。

 

もしどうしても自動車を手元に残しておきたい場合、ローン会社の同意が得られるのであれば、本人以外の第三者に債務を委任し、その第三者がローンを返済して破産者が自動車を維持し続けることは可能だと言えます。

 

自己破産

 

借金

一部の債権者だけえこひいきをするのは偏波弁済だからね!偏波弁済をすると自己破産の免責不許可事由扱いに該当するよ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 自動車を残す際は偏波弁済に注意。
  • 本人以外の第三者に債務を委任し、その第三者がローンを返済して破産者が自動車を維持し続けることは可能。

 

日常生活に支障が出るから車を維持したい

通院や通勤、通学等の理由からどうしても自動車を手元に残したい場合、自己破産する上で取れる手段は次の3つとなります。

 

  • 1. 本人以外の第三者がローンの返済をしていく。
  • 2. 第三者に自動車を買い取ってもらい、それを貸してもらう。
  • 3. 自由財産の拡張の裁判を行い、裁判所に自動車維持を認めてもらう。

 

1と2については、マイカーローンが残っている場合はローン会社の許諾と協力してくれる第三者の存在が必要不可欠となります。

 

自己破産

 

3については、ローンが完済している場合にのみ使える手段であり、手元に残る可能性は非常に低いと言えるでしょう。自由財産の拡張を裁判所は容易に認めてはくれないので、生活上必要不可欠だと説明しても許可が下りる可能性は低いと言えます。

 

自己破産

 

借金

通勤や通学ぐらいの理由じゃ車の保持は難しいね!『バスを利用しなさい』と言われるから!世界にははだしで数時間歩いて通学する子供もいるしね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 自動車を知人に買い取ってもらえば保持はできる。
  • 自由財産の拡張を裁判所は容易に認めてはくれない。

 

それでもやっぱり自動車を残したい

使用している自動車を買い取ってくれる第三者や、マイカーローンの返済を肩代わりしてくれる第三者が見つからなかった場合、自己破産ではなく任意整理に変更すると自動車が手元に残る可能性があります。任意整理する際の整理対象に、マイカーローンの債務を含めなければ良いからです。

 

自己破産

 

 

しかし、整理対象とした債務ではないため債務の減額等はされませんし、残ったマイカーローンは引き続き支払うことになります。車を整理対象に含めるのなら、車の所有権はローン会社かディーラーに保留されているため、担保として引き上げられてしまうでしょう。この場合、車が引き上げられずに手元に残るのは所有権保留のついていない、

 

  • 銀行
  • 信金
  • ろうきん

 

などです。

 

自己破産

 

 

また所有権保留がないマイカーローンの場合、個人再生を利用するのも手元に残すための手段の一つと言えます。個人再生後、車を含めた全財産が返済額より下回っている場合のみ、車は処分されず残すことができるからです。

 

もし全財産が返済額より上回ってしまったら、超過分を返済額にプラスして支払えば、財産としての車の保有を認めてもらえるでしょう。

 

 

借金

とにかく自己破産は究極の選択肢だからね!これらの財産を処分する代わりに借金を帳消しにできるわけだから!メリットの方が大きいよね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 任意整理で整理の対象から自動車ローンを外せば自動車を保持できる。
  • 所有権保留がないマイカーローンの場合、個人再生を利用するのも手元に残すための手段の一つ。

 

自動車を売って手元に残ったお金はどうなる?

マイカーローンが残っている自動車を売りに出したとします。その売却金でマイカーローンを完済し、手元にいくらか現金が残りました。ケースバイケースですが、その現金は手元に残る可能性があります。残金に関わらず自動車の売却金が99万円以下であれば、手元に残すことは可能だからです。

 

自己破産

 

しかし、東京地方裁判所の運用を見る限り33万円以上の現金時価20万円以上の資産を保持している場合、同時廃止事件ではなく少額管財手続きとなりますので、多重債務者にとって残金を保持することは望ましいこととは言えないでしょう。

 

もし手元に残すのであれば、生活費や破産申立費用、弁護士費用といった合理的な支払い理由に当てることとし、自己破産申立時に保持している現金を33万円未満にしておきましょう。そうすると同時廃止手続きが行えることになります。

 

自己破産

 

借金

99万円以下の現金の保持は認められるけど、実際には33万円以上現金があると、『財産がある』とみなされ、少額管財、つまり管財事件として扱うんだね!そうすると負担が大きいよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 自動車を売って手元に残ったお金が99万円以下であれば、手元に残すことは可能。
  • 33万円以上の現金や時価20万円以上の資産を保持している場合、同時廃止事件ではなく少額管財手続きとなる。
  • 自己破産申立時に保持している現金を33万円未満にすれば、同時廃止事件として手続きが行える。

 

自己破産する時、処分した自動車の自動車税はどうなる?

毎年4月1日現在で、その自動車を所持している者に対し、支払い義務が発生します。自己破産で免責されるのは個人取引による債務のみですので、住民税や保険料、各種税金といった公租公課については支払い義務が消滅することはありません。

 

自己破産

もし、マイカーローンを返済している最中の自己破産であったとしても所有権はローン会社に保留されていますが、多くの場合利用者に支払い義務が生じる契約となっていますので、自動車税への支払い義務は存在したままとなります。

 

借金

公租公課や、養育費・慰謝料なんかは『支払い義務』だからね!自己破産で免責となるのは『借金』だから!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 住民税や保険料、各種税金といった公租公課については自己破産で免責とならない。
  • 自己破産する時、処分した自動車税への支払い義務は存在したまま。

 

自己破産したけどマイカーローンは組める?

自己破産は金融事故のため、破産後約10年間は信用情報機関に破産記録が保持されます。これは通称ブラックリストと言われ、保持期間が過ぎるまではあらゆるローンやクレジットカードの利用ができないでしょう。

 

自己破産

 

そのため、過去10年の間に自己破産した人は、残念ながらマイカーローンの利用は不可能となります。情報保持期間は信用情報機関によって違ってきますので、あらゆる機関での情報開示をして確かめると良いでしょう。

 

もし破産記録が消去されているところがあるなら、その信用情報機関を利用して審査を行なっているローン会社をリサーチし、そこでマイカーローンの申請をすると審査に通る可能性があります。とは言え、基本的には免責許可後10年間が目安となっているので、あまり期待はできません。

 

また、自己破産後10年以上経っているにも関わらずマイカーローンの申請に通らない場合、自己破産前に利用したローン会社に再度申請を出していないかどうか確認する必要があります。債務整理対象だった金融機関にローン申請を行っても、会社内のブラックリストに載っている場合があります。

 

自己破産

 

また10年が経過して、より後に作ったカードやローン、携帯電話料金といった代金を返済遅延・支払い遅延していないかどうかを確認してください。信用情報機関にて自分の信用情報が確認できますので、情報開示を求めると良いでしょう。

 

さらに、債務整理対象の会社に申請をしたわけでもなく、破産後10年の間に信用情報に傷をつけた記憶のない方がローンの申請に落ちる場合は、信用情報がキレイすぎて審査が通らなかった可能性があります。

 

自己破産するとローンやクレジットカードの利用ができなくなるため、新しい信用情報が信用情報機関に登録されません。その上、破産から10年が経過してしまうと事故情報すら消えてしまうので、信用情報機関で見る信用情報が真っ白になるのです。

 

自己破産

 

これは過去の債務整理を疑われる一因となり、融資額を回収できなくなるリスクを避けるため、ローン会社は審査を厳しくすることがあります。

 

この場合、携帯電話の機種変更による新機種代金を分割払いにするなどして、ローンの返済実績を作りましょう。返済実績を積み重ね、金融会社へ融資しても返済するという信用を作ると良いでしょう。

 

自己破産

 

 

借金

どこかにブラックリスト登録されていると、審査に通らないよ!信用情報機関だけじゃなく、ローン会社にもそれはあるからね!いわゆる、どこかの店の『出入り禁止』みたいな!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 自己破産をすると、破産後約10年間は信用情報機関に破産記録が保持される。
  • そのため、過去10年の間に自己破産した人は、マイカーローンの利用は不可能。
  • 自己破産前に利用したローン会社に申請をすると、ブラックリスト登録が消えていても審査に通らないことがある。
  • 信用情報がキレイすぎると過去のトラブルを想像させて審査に落ちることがある。
  • その場合、ローンの返済実績を作って信用を作る。

 

自己破産の場合、ローン返済中の自動車はどうなる?

自己破産した場合、ローン返済中の自動車は所有権が保留されているローン会社やディーラーに引き上げられてしまうのが原則です。完済している自動車なら、時価20万円以下の価値であれば手元に残すことができるでしょう。

 

また自己破産では債権者平等の原則により、マイカーローンだけローンを支払って自動車を維持することはできませんが、任意整理だと整理対象にマイカーローンの債務を含めなければ良いだけの話ですから、そのまま返済を続けて自動車を維持することができます。

 

自己破産

 

また個人再生の場合、車を含めた全財産が個人再生後の返済額を上回っていなければ、車を所有し続けることが可能です。

 

そして、自己破産後マイカーローンを利用できるかどうかについてですが、信用情報機関に自己破産の事実が破産後10年間は保持され続けますので、その間のローン申請は通らないと考えて間違い無いでしょう。

 

破産後10年経ち、初めてローンを利用する場合は真っ白な信用情報に取引実績を作るべく、携帯電話の分割払いを利用するなどしてからローン申請すると審査が通りやすくなります。

 

自己破産

借金

債務整理は自己破産だけじゃないから、それぞれの特徴を見て、最善の選択肢を選ぼう!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 自己破産した場合、ローン返済中の自動車は所有権が保留されているローン会社やディーラーに引き上げられてしまうのが原則。
  • 完済している自動車なら、時価20万円以下の価値であれば手元に残すことができる。

 

 

関連記事

  1. 多重債務者は借金の一本化と任意整理のどっちがいい?

  2. 自己破産をしてホームレスになる可能性は?ホームレスが自己破産をすること…

  3. 自己破産等の手続きにおいての取戻権とその種類とは?

  4. 警備員は個人再生や任意整理で借金が減らせる?

  5. 予期せぬ病気や事故で借金を負い、自己破産。どうすればいい?

  6. 過払い金の請求をするなら少しでも早くしよう!時効もあるし!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)