借金

自己破産をすると学資保険(子ども保険)は解約する?解約返戻金はどうなる?

自己破産

自己破産をすると学資保険(子ども保険)は解約する?解約返戻金はどうなる?

自己破産

『保険の解約返戻金』というものは、ある種の『貯金』です。解約されてお金に換え、債権者に配当されます。学資保険は子供の保険のように見えて、実際に支払っているのは親ですから、親の財産とみなされます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

保険を解約して解約返戻金を作って、そのお金を債権者に配当する。だけど、子供保険の場合、『子供の保険』の気がするから、解約しないでいいような感じがするよね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

『保険の解約返戻金』というものは、ある種の『貯金』

自己破産をすると学資保険(子ども保険)は解約する必要があるでしょうか。普通、解約返戻金が20万円以上ある保険は解約され、現金にされて債権者に配当されます。自己破産をすると、2つの手続きに分かれます。

 

  • 処分する財産がある場合=管財事件
  • 処分する財産が無い場合=同時廃止事件

 

自己破産

 

ですね。管財事件になると財産を処分して現金化し、債権者に配当するわけです。

 

自己破産

 

債権者からすれば、借金を帳消しにするわけですから、それくらいはしてもらわないと割に合いませんからね。それでも全然赤字になるケースだってあるわけですから。しかしそれらは、

 

処分されない財産

  • 換価20万円以下のもの
  • 99万円以下の現金
  • 生活に必要最低限の家財道具

 

は対象外です。ですから、『売っても20万円以下にしかならない』ものであれば、車であっても処分されないことになります。

 

そう考えると、『保険の解約返戻金』というものは、ある種の『貯金』ですから、これを解約してお金に換えたとき20万円以上になるとわかれば、解約することになるわけですね。これが自己破産をして保険を解約する理由です。

 

自己破産

自己破産

だけど換価20万円以下の場合は処分されないから、保険を解約しても20万円以下の解約返戻金しかない場合は解約しないで済むってことだね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 『保険の解約返戻金』というものは、ある種の『貯金』。
  • 貯金がある場合は自己破産の際にそれを債権者に配当する必要がある。
  • 換価20万円以下の財産は処分されない。

 

自己破産をすると学資保険(子ども保険)は解約する必要がある?

しかし、今回の『学資保険』ということになると、これは『子供の保険』というイメージがあります。本来、破産者本人だけが制裁を受けるのが自己破産であり、例えば夫が破産した場合、妻の名義の所有物が処分されることはありません。子供が所有している物もそうです。

 

そうなると、この学資保険は名義を子供にしていることもあって、子供の所有物ということになり、処分されないのではないか、という疑問が浮かびますね。

 

しかし、実際にお金を払っているのは親である場合がほとんどです。実は、先ほど言った『妻の名義の所有物』であっても同じ考え方が言えます。例えばそれが車であったとしたとき、その車が妻の名義であったとしても、『支払をしているのが夫である』場合は、『その車の実質の所有者は夫である』とみなされるのです。

 

自己破産

 

そう考えると、この学資保険も同じことですね。『その保険の実質の所有者は父である』ということになります。もちろん、

 

  • 夫=主夫
  • 妻=主収入者

 

であった場合で、夫が自己破産をしたとき、妻が全ての支払いをしているとなれば、学資保険のお金を払っている妻は自己破産をしていないので、これを解約しないで済む可能性があります。それはケースバイケースですね。

 

自己破産

子供保険は名前。それは確かに子供のための保険だけど、実際に払っているのは父親ってことだね!だから父親が自己破産をすることになったら、それを解約することになるよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

そうじゃないと、『子供のために買ったんだ!』と言って金のネックレスを100万円で買うなんていうことが許されちゃうからね!

ぴよぴよ(子供のものっていう言い訳は通用しないってことっすね)!

この章のまとめ
  • 『支払をしているのが親である』場合は、『その保険の実質の所有者は親である』とみなされる。

 

名義変更して解約を逃れようとすれば詐欺破産罪に問われる

また、これらの問題を援用(都合のいいように解釈)して、

 

じゃあ、妻の名義に変更してしまえば、それで学資保険は解約されないで済むな!

 

と思って破産手続きの前にそれをしてしまうと、最悪の場合『資産隠し』として、自己破産が認められないことはもちろん、『詐欺破産罪』として逮捕される可能性もあります。

 

自己破産

 

破産法第252条にはこうあります。

裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

 

一  債権者を害する目的で、破産財団に属し、又は属すべき財産の隠匿、損壊、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたこと。

 

六  業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、又は変造したこと。

 

八  破産手続において裁判所が行う調査において、説明を拒み、又は虚偽の説明をしたこと。

破産法(第二百五十二条)

 


 

以上によって、まず自己破産が認められません。そして、

 

破産法第265条にはこうあります。

破産手続開始の前後を問わず、債権者を害する目的で、次の各号のいずれかに該当する行為をした者は、債務者について破産手続開始の決定が確定したときは、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。情を知って、第四号に掲げる行為の相手方となった者も、破産手続開始の決定が確定したときは、同様とする。

 

一  債務者の財産を隠匿し、又は損壊する行為

 

二  債務者の財産の譲渡又は債務の負担を仮装する行為

 

三  債務者の財産の現状を改変して、その価格を減損する行為

破産法(第二百六十五条)

 

以上によって、『詐欺破産罪』として扱われるということですね。こうしたことになってしまうと踏んだり蹴ったりですので、厳重に注意しましょう。

 

自己破産

自己破産

さっきのネックレスの話と同じように、そういう悪だくみで財産を残そうとする行為は、詐欺破産罪として扱われるよ!場合によっては懲役に行くから気をつけないとね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 名義変更して解約を逃れようとすれば詐欺破産罪に問われる。

 

自由財産の拡張制度

また、最近になって『自由財産の拡張制度』というものが利用できるようになりました。自由財産とは、『自分の物として保持できる財産』です。先ほど言った、

 

処分されない財産

  • 換価20万円以下のもの
  • 99万円以下の現金
  • 生活に必要最低限の家財道具

 

がそうですね。

 

この自由財産拡張制度を利用すれば、学資保険を残せる可能性もあります。どうしても子供の将来のためにこれだけは残したいという意志を裁判官に伝えれば、裁判官の判断次第では、それを残せる場合があるということですね。

 

自己破産

自己破産

本来自己破産をすると自由財産が少なかったんだけど、自由財産が増えてから自己破産をする人が増えたという事実があるんだ!それだけ自由財産は破産者にとって大切なことなんだね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 自由財産の拡張制度によって『自分の物として保持できる財産』が増やせる。
  • 自由財産拡張制度を利用すれば、学資保険を残せる可能性もある。

 

学資保険を残したまま債務整理する方法はないか

では、学資保険を残したまま債務整理する方法はないのでしょうか。

 

あります。

 

というか、自己破産だけですね。財産を処分する必要があるのは。債務整理は、

 

 

自己破産

 

ですが、このうち『過払い請求』はただ金融会社に『払い過ぎた利息』を返金してもらうよう主張する手続きで、『個人再生』は、むしろ財産を処分しないで債務整理をする方法です。

 

自己破産

 

『任意整理』と『特定調停』はほぼ同じで、特定調停が、『セルフ任意整理』ということですね。任意整理は弁護士や司法書士がやります。これは、特定の債権者にだけ返済方法や利息についての交渉をするという整理方法で、例えば、

 

  • A社=10%
  • B社=10%
  • C社=18%

 

金利

 

のような利息が付いていた場合、『C社だけが利息が高くて、借入額も高くて、返済が大変だな』という状態があった場合、この『C社だけと返済方法の話し合いをする』ということです。

 

これによって、将来利息(払っていくべき利息)を帳消しにしてもらったりするわけで、金融会社としては利益を生まない面倒な事なので、信用情報機関にてブラックリスト扱いされますが、それだけで、別に『財産を処分することになる』わけではありません。

 

自己破産

 

ですから、もしどうしても学資保険を残したくて、それで更に自己破産以外の選択肢を選べる状態にあるのであれば、その他の債務整理を検討した方がいいでしょう。

 

 

自己破産

だから自己破産以外の債務整理をまず最初に検討して、どうしてもだめだったら自己破産をするのがいいね!自己破産は最後の選択肢だから!

ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

この章のまとめ
  • 自己破産以外の債務整理は学資保険を残せる。

 

 

関連記事

  1. 破産者が故意または重大な過失によって加えた人の生命または身体を害する不…

  2. 任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

  3. 過払い金返還請求のCMを打っている会社は信頼できる?

  4. ギャンブル(パチンコ、スロット、競馬)で借金した場合、自己破産できる?…

  5. 任意整理は年収はいくらあればできる?低くても可能?

  6. 借金における自転車操業の最善の解決策は、本当に自己破産?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)