借金

自己破産にかかる費用の相場とは?

自己破産

自己破産にかかる費用って大体どれくらい?

自己破産

弁護士や司法書士に依頼する等、様々な選択肢がありますが、100万円ほど見ておけばよく、実際にはそれよりも安く済むケースもあるでしょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産をするのはいいけど、これらの手続きによって結局『トータルでいくらかかる』んだろう?ここでは、そんな疑問についての回答を詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自己破産をするにあたって債務整理をするということは、借金の返済が難しくなり借金の額を減らして多額な金利から解放される手続きをするということです。日本では借金問題に苦しんでいる人が多いといわれていて、自己破産を行う人や自己破産をしたいと考えている人はとても多いと思われます。自己破産を行うことで借金を全額返済する必要がなくなるため、そう考えている人が多いのです。

 

自己破産を行うときの費用の相場は?

自己破産を行うときというのは、多額の借金があり返済に困っていることが多いと考えられます。そのため、自己破産を行うときの費用を最小限に抑えたいと考えている人は、当然ながら大勢いると考えられるでしょう。自己破産を行うときは裁判所に借金を免除してもらう申し立てを行うことで、今抱えている借金が0になるということになります。

 

自己破産

 

裁判所に申し立てを行う際は、申し立てを行う手数料予納金と呼ばれるお金が必要になります。予納金というのは裁判所に納めるお金であり、借金を抱えている人が負担する管財費用となっています。管財費用はだいたい支払う額がこのくらいと決まっていて、そのほとんどは破産管財人の報酬になります。

 

ですので、自己破産を行うときは申し立てを行う手数料や予納金は、必ず必要になるということだけは覚えておきましょう。では、実際に自己破産にかかる費用の相場を見ていきましょう。

 

自己破産

自己破産をするとなると、大変な労力を使う人が出て来るよ!そういう人に対する報酬金を支払うってことを覚えておけばいいね!どんなことでも、例えば部屋の掃除なんかでも、プロに頼むと結構なお金がかかるよね!

ぴよ(ふむ)!

でもその代わりに、自分ではできない複雑で専門的な仕事を依頼できて、しかも滞りなく問題を解決できるんだ!

ぴよぴよ(その労力をお金という価値と交換するっす)!

この章のまとめ
  • 自己破産を行うときは裁判所に借金を免除してもらう申し立てを行うことで、今抱えている借金が0になる
  • 裁判所に申し立てを行う際は、申し立てを行う手数料や予納金と呼ばれるお金が『必ず』必要になる。

 

東京地方裁判所で行う場合

東京地方裁判所で自己破産を行う場合は、申し立て手数料として破産申し立てと借金が免除される申し立てを行う手数料が必要になります。

 

自己破産

 

申し立てを行う手数料の費用の相場は、破産申し立てと借金が免除される申し立てを合計して、

 

  • 1,500~2,000円程度

 

となっています。さらに、郵便切手代金として、

 

  • 4,000円程度

 

の費用がかかり、予納金として、

 

  • 1万5000~2万円程度

 

の費用がかかるといわれています。

 

これらの費用の相場は、あくまでも相場でしかないため、多少の金額の変動はあります。従って、東京地方裁判所に支払う費用の相場としては、申し立て手数料と予納金などの全部を含めても、

 

  • 2万~3万円程度

 

の費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

また、補足として申し上げるのであれば、自己破産を行う人が抱えている借金の額に応じては、予納金が相場よりも高くなることもあります。借金の額に応じて予納金が異なることもあり、場合によっては20万~80万円程度の予納金が必要になることもあるようです。

 

自己破産の際にかかる費用の相場

破産申立手数料 郵便切手代金 予納金
¥1,500 ¥4,000 ¥1,5~2万

 

自己破産

自分で全て手続きをすれば、最低で『2~3万円』の支払いで済むかもしれないね!でも、予納金ってやつが、ときに数十万円くらいいくときがあるから、自分の借金の状況によっては覚悟した方がいいだろうね!でも、自分で複雑な処理をやる分は、きちんとお金の部分に反映するよ!

ぴよぴよ(つまり、安くなるってことっす)!

この章のまとめ
  • 東京地方裁判所で自己破産を行う場合は、申し立て手数料として、破産申し立てと借金が免除される申し立てを行う手数料が必要になる。
  • 申し立て手数料と予納金などの全部を含めても、2万~3万円程度。
  • 借金の額によっては20万~80万円程度の予納金が必要になる。

 

弁護士に支払う報酬はどのくらい?

自己破産を行う場合は、これを行う本人が弁護士や司法書士を雇う必要があります。弁護士の事務所や司法書士の事務所によって、支払う費用は大きく違ってきます。さらに弁護士や司法書士に支払う費用というのは、いろいろなものに分かれています。弁護士や司法書士の報酬金は事務所によって異なりますが、それ以外にも着手金基本報酬成功報酬に分かれています。

 

自己破産

 

基本的に自己破産を行う前に着手金として支払う費用、弁護士や司法書士の基本報酬、自己破産が成功した際の報酬と細かく分けられています。自己破産の手続きにおける弁護士の費用の相場は、これらをすべて合計したとしても,

 

  • 30万~50万円程度

 

が相場となっています。これが司法書士になってくると、多少ではありますが費用も少なくてすむようになります。

 

自己破産

 

司法書士に自己破産の手続きをお願いした場合の相場は、

 

  • 20万~40万円程度

 

だといわれています。少しでも費用を抑えたいという場合は、弁護士よりも司法書士の事務所に行ってお願いをした方が良いでしょう。

 

自己破産の際にかかる費用の相場

弁護士 司法書士
¥30~50万 ¥20~40万

 

自己破産

こうやって単純に考えた場合は、安い方がいいね!でも、状況は様々だから、弁護士がいいケースもあるよ!例えば、弁護士の知り合いがいて、その人が安くやってくれる場合や、もし司法書士が変な人しかいなさそうな場合は、弁護士の方がいいに決まってるよね!状況は様々ってことさ!

ぴよぴよ(いろんな視点で考えるっす)!

この章のまとめ
  • 弁護士に支払う報酬は着手金や基本報酬、成功報酬に分かれている。
  • 弁護士に自己破産の手続きをお願いした場合の相場は、30万~50万円程度
  • 司法書士に自己破産の手続きをお願いした場合の相場は、20万~40万円程度

 

自己破産を行った時の費用が支払えない場合

自己破産をしようと考えているのに、弁護士や司法書士に支払う報酬が高すぎないかと思っている人も多いでしょう。自己破産を考えている以上、お金がないということは誰もが承知していることだと思います。弁護士に自己破産の手続きをしてもらうよりも、司法書士の方に頼んだ方が10万円程度は安くなると考えられます。

 

さらに、インターネットなどであれば弁護士や司法書士の事務所を探したり、無料で相談に乗ってくれるところも探しやすいでしょう。このように無料で相談に乗ってくれる事務所に聞きまわり、安く自己破産をしてくれる事務所を探すのも効果的です。

 

しかし、費用が格安な事務所にお願いをして弁護士や司法書士に依頼しても、自己破産の手続きが上手くいかないということも考えられますので注意しましょう。

 

自己破産

自己破産

ここもさっき考えたように、『安いからといって良いとういことにはならない』っていう視点を持つべきだっていうことだね!値段だけで考えちゃうと変なことになっちゃって、逆にそのこんがらがった処理に費やす時間やお金がかかって、後悔するっていうこともあるからね!

ぴよぴよ(安かろう悪かろうっす)!

こういう究極の場面だから、10万や20万くらいの違いにこだわって『結局』損をしないようにしないとね!

ぴよぴよ(木を見て森を見ずっす)!

この章のまとめ
  • 司法書士の方に頼んだ方が10万円程度は安くなる。
  • インターネットなどであれば弁護士や司法書士の事務所を探したり、無料で相談に乗ってくれるところも探しやすい。
  • 安かろう悪かろうにならないように注意する。

 

分割で支払いをしても良いという弁護士さんにお願いをする

弁護士の事務所や司法書士の事務所では、自己破産を行う人に対して良心的な事務所もあります。一般的な事務所というのは一括で支払う必要があるのですが、自己破産を行うということでお金がないことを理解してくれている事務所も多いです。

 

このような弁護士の事務所や司法書士の事務所では、着手金や基本報酬、成功報酬などの30万~50万円の費用を分割で支払っても良いというところもあります。

 

無料相談を行う際に、費用の問題や支払い方法などを聞いておくこともできます。自己破産を行う場合は、近くの弁護士事務所や司法書士の事務所にお願いをするというよりも、債務整理報酬の分割払いの制度を設けているところにお願いをした方が良いでしょう。

 

自己破産

つまり、探してみればこういう風に『分割払い』を認めてくれるところもあるってこと!だから、現在の自分に適した専門家を、様々な角度から慎重に見ていくことが大事ってことだね!高くても信頼できる人で、分割払いにしてくれるっていうなら、なんとかなるかもしれないわけだからね!

ぴよぴよ(真剣に考えればいろいろ見えて来るっす)!

この章のまとめ
  • 分割で支払いをしても良いという弁護士さんにお願いをする。

 

日本司法支援センターを利用すると良い

自己破産を行うもう一つの方法は、日本司法支援センターと呼ばれる法テラスを利用するという方法もあります。日本司法支援センターでは、総合法律支援法に基づいて政府が設立した法務省所管となっています。そのため、法律支援に関することを速やかに適切に行ってくれますので、自己破産を考えている人にはこの方法で速やかに手続きを行うこともオススメです。

 

 

そして、日本司法支援センターは法律支援だけではなく、弁護士報酬などの費用を援助する代理援助という制度がありますので、自己破産を行うお金がないときに利用するのが良いと思われます。

 

一定の要件を満たすことができれば、実費や着手金の立替払いをする必要も出てきますが、日本司法支援センターを利用した人の援助金が決定した後に支払いを行いますので、デメリットは少ないです。

 

自己破産

 

援助金が決定してから約2ヶ月後くらいで、月額5000~1万円程度の金額を分割で支払っていくだけですので、利用者としても負担が減るのではないかと考えられます。

 

ですが、日本司法支援センターでは利用に制限があり、完全に条件を満たすことが簡単ではないため、速やかに安全に自己破産をしたいという場合は弁護士や司法書士にお願いをして、自己破産の手続きをしてもらった方が良いと考えられます。

 

自己破産

法テラスを利用できた場合は、更に安く対応してもらえるよ!だけど、そんなに良い制度って、普通どんな場面でも『混む』よね!混んでなければ制限はかけられないけど、混むなら制限がかけられたり、抽選的になるんだ。だから法テラスは『運が良ければ』ってな具合に思っていた方がいいね!

ぴよぴよ(自分もこの間、『千と千尋の神隠し』の再上映を予約しようとしたら、たったの1秒で席が埋まっちゃって、チケット取れませんでした)!

 

このように自己破産をする方法や費用のかけ方、費用の浮かせ方というのは様々な方法があります。如何に安く自己破産をするか、速やかに自己破産をしたいかという部分で自己破産を行う方法を考えた方が良いでしょう。自己破産にかかる費用を安く抑えたいという人の場合は、弁護士よりも司法書士の事務所の方が安く手続きができることを覚えておきましょう。

 

さらに、弁護士や司法書士に自己破産の手続きをお願いする際には、場合によって分割で支払いができるかどうかも事前に聞いておくことが必要になります。自己破産の手続きを行ってから支払い方法を知ってしまった場合は、報酬などにかかる費用を一括で払わないといけない場合も出てきますので注意しましょう。

 

 

自己破産

このページでは、自己破産をした場合にかかる費用を、『自分でやった場合』、『司法書士に頼んだ場合』、『弁護士に頼んだ場合』、『法テラスに頼んだ場合』のケースで考えて解説したよ!でもここで考えたのはあくまでも相場だから、交渉次第で話はどうにかなることもあるよ!

ぴよぴよ(親分、今日もわかりやすかったっす)!

この章のまとめ
  • 日本司法支援センター(法テラス)を利用することを検討する。

 

 

関連記事

  1. 名義を貸した人が借金をして自己破産すると、誰の責任になる?名義変更、他…

  2. 友人に『名前だけ書く軽い保証人になってくれ』と頼まれたら

  3. 自己破産のデメリットを正しく把握しよう!

  4. 公務員が自己破産をすると、その後どんな影響がある?

  5. 自己破産が向いている人、向いていない人。

  6. 病気で入院費や治療費がかさみ、お金に困った場合の対処法

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)