借金

自己破産が増加していた背景。減少してきた背景。金融会社の対策とは

自己破産

自己破産がちょっと前まで増加していた背景には何があるの?

自己破産

平成17年にいわゆる『新破産法』が生まれ、破産手続きの合理化と迅速化が図られ、破産者が手元に残すことのできる財産が拡張され、破産のハードルが低くなったことや、2000年10月に施工された弁護士による広告の解禁何かが影響していると思われます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

今回は、自己破産がかつて増加していた理由や、そこから減少してきた理由について考えてみるよ!なぜ自己破産は増えて、そして減ったのか。詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

自己破産が増加していた背景

自己破産

 

自己破産の破産制度そのものは大正11年に作られましたが、平成17年にいわゆる『新破産法』が生まれ、破産手続きの合理化と迅速化が図られました。破産者が手元に残すことのできる財産が拡張され、破産のハードルが低くなりました。

 

しかし自己破産件数は、

 

  • 2003年=25万件
  • 2012年⇒8万件
  • 2015年⇒6万件

 

と、減少傾向にあります。

 

自己破産がピークを迎えた2003年当時ににあった背景としては、

 

  • 1)企業倒産による失業
  • 2)地価下落による住宅ローンの重圧
  • 3)給与の伸び悩み
  • 4)2000年10月に施工された弁護士による広告の解禁

 

等がありました。

 

4)はつまり、それによって自己破産制度の認知が広まったということです。自己破産をすることの敷居が低くなったのです。認知もされ、推薦もされたことにより『導線』が確保されました。道が一つで他は行き止まりだと思っていたのが、実はもう一つ道があったことに気付いたのです。従って、気づいたらその道を選択した。そういう人が多く現れたということになります。

 

自己破産

単純に、自己破産の件数が増えたのは、その制度を『知った』ということが背景にあるんだね!知らなければ自己破産の件数は増えないからね!広告されることが許されるようになり、認知され、それで件数が増えたんだ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

2015年頃だったら例えば、『過払い請求』のテレビCMが増えていたから、その件数も増えたよね!

ぴよぴよ(CMが流れていると、つい見ちゃうっす)!

この章のまとめ
  • 自己破産の破産制度そのものは大正11年に作られた。
  • 自己破産件数は、減少傾向にある。
  • 自己破産が増加していたのは、自己破産制度の認知が広まった背景が関係している。

 

自己破産が減少してきた背景

自己破産

 

ただ、その後は自己破産の数が減少しているわけです。その理由は、平成13年4月から手続きが大幅に簡略化され、費用も定額化された個人向けの民事再生制度である『個人再生』の登場が影響しています。個人再生は自己破産よりも手間や時間がかかりますが、こういった自己破産以外の債務整理への選択肢の増加が減少に影響しています。

 

自己破産

自己破産っていうのはあくまでも究極の選択肢だからね!一度やったらそこから7年以上はもうできないのは当然で、更に、7年経っても『二度目の自己破産』が出来るかどうかは極めて難しい。精神的負担も大きいしね!

ぴよぴよ(たしかに)!

だから自己破産以外の選択肢があって、そっちの方があらゆる面でスムーズにいくのなら、そっちの方がいいってことになるよね!

ぴよぴよ(いろんな選択肢が出来てきたってことっすね)!

この章のまとめ
  • 自己破産が減少した背景には、個人向けの民事再生制度である『個人再生』の登場が影響している。

 

金融会社の対策としては3つ

  • 融資の抑制
  • 審査の厳格化
  • 貸倒引当金の積み増し

 

融資を抑制し、厳格化すれば、破産者を減らすことが出来ます。だが、融資をしなければ金融会社の収入は減ります。そういうジレンマを抱えながら、金融業者とそれを利用するユーザーたちは、最適なバランスを取っていくことが求められるわけです。

 

こういうことは法律で考えても同じです。法律をもっとガチガチにすれば、様々な事故や事件を未然に防ぐことが出来たかもしれません。ですが、最初からそうやって人間を法律でガチガチに規制することは、人間の尊厳や自由に生きる権利の弊害になりかねない。どこの世界に目を向けてみても、最適なバランスを取っていくことが大きな課題となります。

 

 

自己破産

つまり、『審査を厳しくする』ことによって、多重債務に悩むような人や、借金によって人生を台無しにしてしまう人を抑制することが出来るけど、あまりにも厳しくしすぎたら、ビジネスが成り立たない。

ぴよ(ふむ)!

そんな中で、どこにどういうラインを引いて審査し、ビジネスを展開させていくか。『総量規制』もそうして考えられた規制の一つだね!

ぴよぴよ(総量規制とは、年収の3分の1までしか融資できないっていう規制のことっす)!

この章のまとめ
  • 破産者を減らすための金融会社の対策としては、融資の抑制、審査の厳格化、貸倒引当金の積み増し等が考えられる。

 

 

関連記事

  1. 罰金等の請求権(免責とならない主な債務7)

  2. 資格・職業別『自己破産後の制限』一覧

  3. 先行投資をし過ぎて経営が圧迫し、最後には自己破産。どうすればいい?

  4. 個人再生の最低弁済額、清算価値保障、可処分所得の算出について

  5. 住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いの借金の返済

  6. 住宅ローンの月々の返済額が低いという『麻痺』に注意せよ!(+借入限度額…

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)