借金

【自己破産】自動車、不動産、現金、保険解約払戻金、退職金は資産?

自己破産

自己破産をするとき、自動車、不動産、現金、保険解約払戻金、退職金は資産として数えられるの?

自己破産

基本的に、評価額が20万円以上の自動車は資産とみなされます。具体的な詳細をまとめました。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

今回は単純に、自己破産の際に『財産、資産』として数えられるものの一覧表を作ったよ!簡潔版だね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

同時廃止事件となるケースが多いが、管財事件となることもある。その際その資産は、債権者に分配されることになる。

  • 同時廃止事件=本人がほとんど財産を有していない状態』
  • 管財事件=高額な財産を所有しているとき』

 

1)自動車

自己破産

評価額が20万円以上の自動車は資産とみなされる。新規登録された時期が6年前(軽自動車は4年前)であれば価値がないと判断されるが、高級車や会社は6年を超えても20万円の価値があると査定されることがある。

 


 

2)不動産
  • 2)不動産

住宅のローン残高が、不動産会社が査定した評価額の1.5倍未満の場合は資産とみなされる。

 

3)現金

自己破産

99万円までの現金は破産者が自由に管理・処分できる財産となる。

 

4)保険解約払戻金

保険を解約してすぐに戻ってくるお金が20万円以上であれば資産とみなされる。複数の保険を解約して戻ってくるお金の合計が20万円以上であれば同様に資産とみなされる。

 

5)退職金

破産を申し立てた時点で退職した場合に支給されるはずの退職金の8分の1が20万円以上ある場合は資産とみなされる。

 

 

6)敷金返還請求権

敷金の返金は20万円以上あった場合でも、資産とみなされない。

 

自己破産

ポイントは、『99万円以上の現金』、『20万円以上の資産』ということだね!それ以下の場合は、必要最低限の生活必需品として認められるよ!

ぴよぴよ(ありがたいっす)!

 

 

関連記事

  1. 民事再生の手続きや流れ、必要書類を徹底検証!費用は?メリットは?

  2. 自己破産をしても帰化の申請は可能!ただし条件あり!

  3. 特定調停で出てくる『調停委員会』の役割を解説します!

  4. 個人再生では相続放棄と分割協議のどちらが有効?

  5. 個人再生の評価申立てとは?

  6. 個人再生をすると決めた場合、手続き前に借入をしてはいけないのか

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)