借金

結婚、離婚それぞれのタイミングとは

人生の中でも大きな転機といえるのが結婚であり、結婚からまた新しい人生がスタートします。その反面、いくら仲の良かったオシドリ夫婦であっても、ある日突然やってくるのが離婚です。それぞれにドラマがありますが、大切なのは切り出すタイミングではないでしょうか。人によってそれぞれの時期は異なりますが、ベストな時期もあります。それぞれのベストな時期を見てみます。

 

自己破産

 

決断する勇気

まず結婚ですが、女性の中には小さいころから憧れていた人も多いのではないでしょうか。そろそろ落ち着きたいなと思っていても、中々これといった決め手もなく、大切な時期を決めることができない方も少なくありません。人生の中でも大きな決断の一つになりますので当然かもしれませんが、相手がいますのでしっかりと決断できる勇気も必要です。

 

相手の状態、表情を伺って迷っていると、決断の時期を失う恐れがあります。慎重になりたいその気持ちは分かりますが、ある時期を見計らって決めることも大切です。色々と迷う人も多いと思いますが、その場合は既に結婚している会社の上司や先輩、同僚、友人などを参考にしてみるのも一つの方法です。既婚者の方たちにも、決め手となったタイミングがきっとあったはずです。

 

自己破産

 

それはいったいどのようなことだったのでしょうか?適齢期を迎えた人ならば、誰でも気になる情報です。男女それぞれ、20~34歳の人たちが適齢期といわれています。そのため自分がこの年齢層に入った時、どこかで切り出すことになります。以下でベストな時期を紹介します。

 

 

遠距離恋愛になった時

現在お付き合いしている人たちの中には、いずれは婚姻のことを考えるはずです。お付き合いの初めから婚姻が前提となっていれば、お付き合い始めてすぐに婚姻する場合もあるでしょう。その辺はそれぞれのカップルの事情もありますので一概にはいえませんが、学生時代からお付き合いしているカップルの中には、付き合い始めてから実際に婚姻するまでの期間が長くなる人もいるようです。何をするにしてもベストなタイミングがありますが、婚姻を意識する時期としては遠距離恋愛が挙げられます。

 

現在お付き合いしている仲の良いカップルの中には、実際の婚姻時期だけが未定という人たちも多いでしょう。そのような状態の時、決断の後押しをしてくれるのが遠距離恋愛になるケースです。転勤、進学、引っ越しなどによって、どちらかが現在住んでいる地域を離れる時、必然と遠距離恋愛になってしまいます。このように、今まで仲の良かったカップルが離れ離れになる時、人生の大きな決断をする人もいるようです。

 

男性が仕事で転勤などが決まり、それがきっかけになって女性がついていく形で婚姻するケースがよくあります。お互いが婚姻の意思を持っているのであれば、よっぽどのことがない限り遠距離恋愛を選択することはないと思います。一度遠距離恋愛をしてしまうと、次はいつ会えるか分かりません。その間にどちらか一方が心変わりしてしまうことも十分考えられますので、遠距離恋愛になる時がベストな時期といえます。

 

自己破産

女性が仕事を持っていて簡単に辞められない時期であれば、仕事が落ち着くまでの間は遠距離恋愛を選ぶカップルもあるかもしれませんが、この場合でも期間が限定されることが多いようです。また将来のことを約束していても、男性が転勤する際に遠距離恋愛を選んだカップルの場合、婚姻の時期を失して別れてしまうパターンもあります。

 

風水や占い

婚姻の時期を、占いで決める人やカップルもいるようです。女性の中には占い好きの人も多く、様々なことを占いで決めている人もいます。有名人の中にも、占いでお互いの相性を確認して婚姻の時期を決めるなど、ニュースの話題になることがあります。占いの種類も色々ありますので、その中には当たるものもあるでしょう。

 

しかし、風水や占いなどを全く信じていない人から見たら、とても信じられない行為かもしれません。人によってはなかなか決断できない人もいますので、そういう人たちにとって占いは大切な指針の一つになります。人間は婚姻の時期を決める時、お互いがそれぞれの気持ちに合わせ、さらにあと一つ何か後押してくれるものを求めることが少なくありません。

 

自己破産

後押しをしてくれるものは何でも構いませんが、その時に占いを選ぶ人が多いです。占いであればある程度の指針を示してくれますので、決断しやすいのでしょう。どうせ近い将来婚姻しようと思っているのであれば、占いや風水など何でも良いので、占いが教えてくれるベストな時期に合わせたいというのが、多くの人たちの本音かもしれません。しかし占いを全く信じていない人であっても、新聞広告や雑誌の占いコーナーで自分が悪い運気だと分かるとやはり気になるものです。

 

たとえ本人が婚姻したいと思っていても気持ち良くはないでしょう。このように、なかなか決断できない人は、風水や占いなどを参考にしてみるのも一つの方法です。占いを信じない人たちに、ベストな時期を教えてくれるかもしれません。

 

 

会社を辞めたくなった時

婚姻するベストな時期として、会社を辞めたくなった時もあります。男性、女性それぞれにありますが、どちらかというと男性よりも女性に多いようです。よく寿退社などの話を聞きますが、その中には会社を辞めたくなった人もいるかもしれません。仕事が嫌になった、今すぐ会社を辞めたくなったと感じた時、婚姻に思いを寄せる人もいます。

 

自己破産

会社を円満に退社するには、会社にいる誰もがきちんと納得する理由が求められます。単に嫌になったからといって退社すると、多くの人から批判を受けるでしょう。しかし婚姻が理由であれば、上司、先輩、同僚など、誰もが納得するのではないでしょうか。女性が仕事を円満に辞められる理由の中で、寿退社が現在もトップだそうです。寿退社は、今も昔も変わらない良い辞め方の一つなのかもしれません。婚姻の時期が分からない方は、寿退社も選択肢の一つに加えると良いでしょう。

 

 

定年退職

上記で紹介したように婚姻に様々な時期がありますが、離婚はどうでしょう?こちらもまたベストな時期があるようです。その中の一つが夫が定年退職する時です。相手が浮気や不倫行為を行っている、またアルコールやギャンブル依存症、DV被害に遭っているなど、原因がはっきりしている時は切り出しやすいでしょう。

 

自己破産

しかし相手方に特に落ち度がない時は、その時期を選ぶのは難しい面があります。これから第二の人生を送りたいという女性も多いと思いますが、そのような方は夫の定年退職が良い区切りになります。最近は熟年離婚も増えていますが、その場合は夫が退職する時期が良いとされています。夫の退職金もあり、十分な慰謝料や財産分与が見込まれるのがその背景にあります。早く別れたいと思っている人もいると思いますが、夫の定年退職まで待つのも賢い選択といえます。

 

 

婚姻からあまり時間が経過していない時

別れるタイミングとしては、婚姻からあまり時間が経過していない時も一つの選択肢といえます。二人の間にまだ子供がおらず、また年齢的にも見てもまだ人生のやり直しができる時期であればチャンスがあります。しかし相手のこともありますので、二人でじっくり話し合って決めるようにしてください。

 

結婚と離婚、それぞれのタイミングについて紹介してきました。どらちの決断も、人生にとってはとても大変なことです。決断する時は慎重に行うようにしてください。

関連記事

  1. 資格・職業別『自己破産後の制限』一覧

  2. 夫(旦那)が自己破産すると妻や子供にどんな影響がある?

  3. 任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

  4. 治安は良くても人が借金苦に陥れば強盗犯罪は起きる。その予防と対策は

  5. 特定調停の注意点とは?『払い過ぎを戻してもらう場ではない』

  6. 給与所得者等再生では『可処分所得』を考慮!その計算方法とは

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)