借金

自己破産直前にすることは借金の返済ではなく、影響を与えてしまう家族と話し合うこと

自己破産

自己破産の前にすることって何がある?

 

自己破産

自己破産直前にすることは借金の返済ではなく、影響を与えてしまう家族と話し合うことです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

様々な記事で『自己破産における家族への影響』というテーマを考えているけど、今回も更に違った切り口でそのテーマについて解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

家族への影響

家族に知られずに自己破産することは、決して不可能ではありません。しかし直接的に就業や移動、返済の義務が降り掛かってくるわけではありませんが、間接的に影響が出ることは否めません。というのも住宅や車、保険など債務者が持つ財産は差し押さえの対象になり、ともに暮らす家族への影響が全くないとは言い切れないからです。

 

したがって、自己破産することを知られたくない気持ちは分かりますが、家族全員とはいかなくとも、せめて配偶者には相談し、協力してもらえるよう話し合うことが必要でしょう。

 

自己破産

また、保証人になってくれている人にも同様にきちんと説明し、理解と協力を得なければいけません。保証人は何のメリットもないのに、リスクだけ背負ってくれているのです。その信頼を裏切ることはいただけませんし、黙って自己破産をしてしまうのはオススメしません。共同生活者としての家族にも、リスクを背負ってくれた保証人にも、最低限のモラルを守るよう心掛けましょう。

 

以下に、具体的な家族への影響を挙げていきます。参考にしてみては如何でしょう。申立人に対する申請中の制限については、自己破産申し立て時には、当人に対し一定の制限が科されます。申し立て時に限らず自己破産後も制限されるものがありますが、それは次の通りになっています。

 

 

自己破産

『直接的に』は影響がないけど、『間接的に』は家族や親しい間柄に影響を及ぼすよ!まずは徹底的にその事実を頭に焼き付けよう!

ぴよぴよ(下記に、その辺のことを親分がまとめた他の記事を貼るっす)!

 

自己破産をすると身内や親戚に影響があるか

自己破産による周囲の関係変化と影響

 

この章のまとめ
  • 自己破産をしても原則として家族に迷惑はかからないが、住宅や車等の差し押さえがあれば、間接的に負担をかけることになる。
  • 自己破産をするときは、最低でも配偶者には相談し、協力してもらえるよう話し合うことが必要。

 

 

職業制限

免責が確定するまでの審査中、一定の職業の人達には職業制限があります。

 

制限がかかる職業
  • 弁護士
  • 会計士
  • 会社の取締役・監査役
  • 商工会議所会員や証券会社の外務員
  • 旅行業者
  • 保険の代理店
  • 警備員

 

自己破産

など、その職業は多岐にわたります。もちろん、この職業制限は申立人にのみ科されるものであって、家族が同様の職に付いていても職業制限はかかりませんが、免責が確定するまでの数ヶ月間は復職できませんので、経済的な影響が家族に出ないとは言い切れません。

 

 

 

自己破産

でも逆に言うと、免責が確定するまでの数か月間だけに影響が出るから、それを乗り切ったら光が見えて来るよ!家族に対する直接的な影響はないしね!それにこういう究極の場面だから、全員で協力する姿勢が望ましいよね!

ぴよぴよ(支え合いっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 免責が確定するまでの審査中、一定の職業の人達には職業制限がある。
  • 免責が確定するまでの数ヶ月間は復職できないので、家族に経済的な影響が家族に出る可能性がある。

 

 

転居や旅行の制限

申立人には、移動の制限がかかってきます。全ての手続きが完了するまでは、例え国内の旅行であっても居住地を離れるのは認められません。

 

引っ越しはもちろん、遠方へ葬式に出席するといった自己都合ではない移動でさえ、それが長期にわたるものであれば、なおさら移動の許可は出ないでしょう。もしどうしても居住地を離れなければならないのであれば、許可を取りに裁判所に申請しましょう。

 

自己破産

 

自己破産

まず旅行だけど、普通に考えてこの時期に旅行って、マジでヤバイ考え方だよね!普通に働いて、経済的な事情も普通な人であっても、旅行っていうのは最高の娯楽なんだから。

ぴよぴよ(マジでヤバイっす)!

その『最高の娯楽』を、今やる必要はないでしょ!また、引っ越しは『夜逃げ』を連想させるからダメなんだよ!今やることは『逃避』じゃないってことだね!

ぴよぴよ(旅行は楽しいっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 全ての手続きが完了するまでは、たとえ国内の旅行であっても居住地を離れるのは認められない。
  • 長期にわたるものであれば、なおさら移動の許可は出ない。
  • どうしても居住地を離れなければならないのであれば、許可を取りに裁判所に申請する。

 

あらゆる銀行や貸金業者が、金融に関する個人の情報を確認するのに使っている「信用情報機関」にブラックリスト登録されます。これはつまり、信用情報に自己破産の事実が「事故」として記載されることを指し、その情報は長いところで10年程記載され続けます。デビッドカードの利用は可能ですが、新規クレジットカードの申し込みやローンの申請はまず通らなくなるでしょう。

 

このとき、何が問題になるかといえば、名義貸しのクレジットカードを作ってしまうことです。自己破産した当人が使うのに、家族名義のクレジットカードを作ったり、家族名義でローンを組んだりといったことを指します。名義貸しは不可能ではありませんが、リスクしかないので止めた方が良いでしょう。また、ブラックリストに載ることは銀行口座の開設に影響はありません。

 

自己破産

自己破産

『ブラックリスト』っていうリストは厳密には存在しないけど、ほぼ同じようなものがあるよ!この情報をシェアして、業者側がお客を審査するんだ。返してくれない人にお金を貸したり、ローンを組んでも、トラブルになるだけだからね!このブラックリストは、最低でも7年は登録されるよ!

ぴよぴよ(自分、ブラックリストに入ってるっすか)?

何もしてないし、入っていないと思うよ…

 

この章のまとめ
  • 自己破産をすると「信用情報機関」にブラックリスト登録される。
  • その情報は長いところで10年程記載され続ける。
  • デビッドカードの利用は可能だが、新規クレジットカードの申し込みやローンの申請はまず通らなくなる。
  • 名義貸しのクレジットカードを作ってしまうことはリスクしかない。
  • ブラックリストに載ることは銀行口座の開設に影響はない。

 

 

再度の自己破産までの期間制限

破産法により定められていますので、一度自己破産した者は前回の自己破産から7年間は破産申告することができません。7年間を1日でも過ぎれば再び免責許可が出る可能性がありますが、ケースバイケースなので7年以内でも自己破産や免責許可が下りることもあります。しかし、初回と違い2度目以降は免責の判断が厳しくなるので注意しましょう。また、稀なケースですが家族内で同時に自己破産することは可能です。

 

自己破産ですべての借金が免除になる?今後は一切お金を借りれない?

自己破産

つまり『二度目の自己破産』だね。でも、二度目の自己破産は、一度目と違ってとてつもなくハードルが高くなるから厳重注意だよ!正直、たったの一度でも厳しい目を向けられるんだ。それが二度目となると、『反省してない』、『あの時の約束はなんだったんだ』等、様々な問題が浮上して、かなり厳しい目で見られるよ!

ぴよぴよ(失敗はするものっす、でも、一度で反省したいっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 一度自己破産した者は、前回の自己破産から7年間は破産申告できない。
  • 初回と違い2度目以降は免責の判断が厳しくなる。
  • 家族内で同時に自己破産することは可能。

 

 

家族への影響

自己破産による家族への影響を見ていきましょう。まずは家です。申立人本人名義による不動産は差し押さえの対象になりますから、家族と一緒に住んでいる家ももちろん手放す事になります。これにより、子供の転校や職場の変更、人間関係・近所付き合いの変化、生活リズムへの影響が出てくることが考えられます。

 

これに対する直前対策として、引っ越すにしても近隣の住居に目星を着けておいたり、知り合いや信頼出来る人に住居を買い取ってもらいましょう。買い取ってもらえれば、その代金はその人に返すとして、同じ所に住み続けることが出来ます。他にも直前対策は色々と手段がありますが、専門家に正しい方法をレクチャーしてもらうことが大切です。

 

自己破産すると現在の借家や家財道具は?+持ち家を失わない裏技!

 

自己破産

財産を差し押さえられるのを避けようとして、虚偽の申告をするのはダメ!名義だけ変えたりね!

ぴよぴよ(ダメ、ゼッタイ)!

だけど、親しい友人なんかに家を実際に買い取ってもらうことが出来れば、それはある種の『裏技』的なイメージで、その家を失わずに済むし、そこに住み続けることが出来るよ!もちろん、そのお金は後で必ず返す約束をしてね!

ぴよぴよ(裏技、裏技)!

 

次に保険を見てみましょう。保険料を払っているのが申立人本人だった場合、保険料は財産の一部とみなされ解約しなければなりません。すぐに影響が出るものではありませんが、学資保険など子どもの保険などは入学祝い金が出ます。それを学費の一部にあてようとしていた場合、給付を受けられないことになるので、子どもの進路に影響が出る可能性があります。

 

一方奨学金の利用に関しては、債務者が子ども本人なので自己破産者は保証人にはなれませんが、そこさえクリアすれば利用することが可能です。

 

 

自己破産

保険はある種の『貯金』だからね!財産の一部として見られて、処分し、返済に充てられるよ!それは当然の動きだね!同じ考え方で全ての財産も処分されるからね!

ぴよぴよ(お金だけが財産じゃないんすね)!

 

次にについてです。申立人名義の車はもちろん手放すことになりますが、車は家族で共有している家庭も多いのではないでしょうか。

 

子どもの送迎や買い物、通勤など、日々の生活スタイルに車の使用が根付いている分、家族への影響が大きいといえるでしょう。しかし、手放さなければならないのは初年度登録から7年も経っていない新しい車のみで、7年以上経っている古い車は手放さなくても大丈夫です。

 

自己破産

自己破産しても自動車を所有できる4つのケース

 

以上のように、自己破産が家族に与える影響について見てきました。自己破産は直接的に家族に影響を及ぼすものではありませんが、間接的には大いに影響するものです。自己破産をする際には、ぜひ家族の方と話し合って協力し合うことが大切です。

自己破産

このように、車、保険、住居といったものは、破産者以外の家族とシェアしている場合が多いから、『間接的に』は家族らに影響が出るんだよね!だから、自己破産直前にすることは借金の返済ではなく、『影響を与えてしまう家族と話し合うこと』なんだ!

ぴよぴよ(親分、さすがっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 不動産が差し押さえられ、引っ越すことになれば家族への影響が出る。
  • 保険料を払っているのが申立人本人だった場合、保険料は財産の一部とみなされ解約しなければならない。
  • 奨学金の利用に関しては、債務者が子ども本人なので自己破産者は保証人にはなれないが、そこさえクリアすれば利用することが可能。
  • 7年以上経っている古い車は手放す必要はない。

関連記事

  1. 払いすぎた借金は取り戻せる!過払い金の請求方法と弁護士相談の必要性

  2. 過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼!考えられるトラブルとは?

  3. 先行投資をし過ぎて経営が圧迫し、最後には自己破産。どうすればいい?

  4. 自己破産した時の企業(法人)と個人の違い

  5. 任意整理の弁護士依頼費用の相場とは

  6. 銀行・複数の金融機関からの借金を一本化するメリットとデメリット

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)