借金

自己破産をするとクレジットカードが使えるか使えないか

自己破産

自己破産をするとクレジットカードが使えるの?それとも使えないの?

 

自己破産

ブラックリスト(通称)に登録されてしまう為、しばらく使えなくなります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

『自己破産をした後も、クレジットカードは作れる?作れない?また、使える?使えない?』、さあ、そんな疑問に更に詳しく答えるよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

自己破産後のクレジットカードの扱い

自己破産をしてしまうと、クレジットカードはただのカードになってしまいます。つまり、分割払いや一括払いが全く出来なくなるのです。この理由は、各金融機関に自己破産者という情報が共有されてしまうためです。

 

自己破産

信用情報機関という言葉を、一度は聞いた事があるかと思います。この信用情報機関ではクレジットカードの利用状況や、今までの借入情報が全て登録されるようになっています。自己破産をしてしまうと、この信用情報機関にその情報が登録されてしまい、ブラックリストとして挙げられてしまうのです。

 

このブラックリストに登録されてしまうと、日本中の金融機関から借入をする事が出来なくなる仕組みなのです。どちらかというと、こちらのブラックリストという言葉の方が有名であるため、知っている方が多い事でしょう。ちなみに信用情報機関では、その他にも異動が生じた記録、つまり延滞や代位弁済といった事も共有する事ができます。

 

自己破産

クレジットカード等の業者側としても、やっぱりきちんと返済できるような信用できる人以外には貸せないよね!また、ゴールド、プラチナ、ブラックってカードの種類があって、それぞれに枠が違ってくるように、要注意人物以外にもしっかりと最初から『格付け』されてるんだよね!

ぴよぴよ(ブラックカードで戦車買いたいっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 自己破産をしてしまうと、信用情報機関にてブラックリスト扱いされる。
  • その為、クレジットカードはただの使えなくなるし、作れなくなる。

 

 

自己破産前に知っておきたいブラックリスト

クレジットカードを利用する全ての人は、自分が自己破産にならない場合でも、ブラックリストについて知識を付ける必要があります。ブラックリストという言葉は有名なのですが、ブラックリストという言葉から連想出来る事として、名前のリスト化がされるように考えがちです。

 

自己破産

 

しかし、ブラックリストはこのようなリストでは世の中には存在しません。つまりブラックリスト者を連ねたリストのようなもので表すのではなく、あくまでも個人単位での情報となります。クレジットカードを利用した際に、信用情報機関に利用状況が登録され、ここに延滞情報や債務整理といった金融事故情報が登録される事を、一般的に、

 

『ブラックリストに載る』

 

と表現しています。

 

 

自己破産

ブラックリストという名前のリストが存在するわけではないってことだね!でも、ほぼそれと同じようなものがあるから、そう覚えておいても、あまり差支えはないよ!実際、7年間以上『そのリスト』に登録されるから、様々な審査の時に落とされるわけだからね。『あるリスト』は存在するのさ!

ぴよぴよ(その通称が、『ブラックリスト』っすね)!

 

 

この章のまとめ
  • ブラックリストという名前のリストが存在するわけではない。
  • しかし、ほぼ同じ扱いのリストが存在する。
  • ブラック扱いをされると、クレジットカードは当面作れない。

 

 

自己破産以外でもブラックリスト情報を知る方法

クレジットカードを作成する上で、ブラックリスト情報はとても重要です。信用情報機関に登録されるブラックリスト情報については、信用情報機関に開示請求を行う事で簡単に調べる事が出来ます。この開示された情報では、請求通り一部入金、未入金などの情報が記号で記されており、視覚的に分かるようになっています。そして、

 

  • 本人以外の弁済
  • 貸倒
  • 法廷免責の文言の記載
  • 返済状況の異動欄

 

などを参照する事で、どのような返済状況か分かります。自己破産者については、自己破産をした事が記載されていますので一目瞭然なのです。こういった意味では、自己破産後の状況を調べる事は労力の無駄となります。自己破産者ではない方で、自分の状況がどのようになっているか気になる場合は活用してください。

 

 

自己破産

自分の信用情報は、その情報が登録されている信用情報機関に開示請求ができるんだね!自分の詳しい情報を知りたければ、問い合わせてみるといいよ!

ぴよぴよ(ふむふむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 自分の信用情報は、信用情報機関に開示請求を行う事で簡単に調べる事が出来る。

 

 

ブラックリスト情報を知る手段

信用情報機関に開示請求を行う事で、自分の状況を把握する事が出来るのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

取得方法は様々ありますが、基本的に本人からの開示請求は受け付けてくれます。また、各機関によって手順は異なるかも知れませんが、大抵は一緒で、

 

開示請求の様々な方法
  • 窓口で請求する方法
  • 郵送で請求する方法
  • パソコンやスマートフォンで請求する方法

 

などがあります。これらの請求方法については、各機関のホームページに掲載されていますので確認をしてみてください。

 

 

そして、それぞれ請求金額が異なりますが注意点もあります。パソコンやスマートフォンでの請求はとてもスピーディーに行う事が出来ますが、手数料を支払う際にクレジットカードが必要となります。そのため、クレジットカードを持てない人は、デビットカードを用意すると良いでしょう。

 

自己破産

 

 

自己破産

各機関のホームページを見て、その開示方法を確認してね!開示にはお金がかかる場合があるよ!

ぴよぴよ(手数料っすね)!

 

 

この章のまとめ
  • 信用情報機関への開示請求の方法は、窓口、郵送、パソコンやスマホ等がある。
  • 手数料を支払う際にクレジットカードが必要となる。
  • クレジットカードを持てない人は、デビットカードを用意すると良い。

 

 

知っておきたい自己破産後にクレジットカードを保持する前の予備知識

自己破産後、クレジット払いが出来ない事は、生活をする上でとても大きな痛手となります。そのため、クレジットカードを出来るだけ早く保持したいところです。しかし、一度自己破産というレッテルを張られてしまうと、容易にこれを回復する事が出来ないのが世の流れです。

 

そのためには、まずはクレジットカード情報がどのように登録され、また信用情報機関の種類について学習をすると良いといえます。これを知っているのと知らないとでは、クレジットカードを新規に作成する際に発生する無駄な労力の削減に繋がるのです。またこのような知識を付けることで、早急にクレジットカードを保持する事も可能となります。

 

 

自己破産

クレジットカードを使う人間として、クレジットカードのことについて調べておくのはある意味礼儀であり、筋かもしれないね!

ぴよぴよ(たしかに)!

 

 

この章のまとめ
  • 一度自己破産というレッテルを張られてしまうと、容易にこれを回復する事が出来ない。
  • クレジットカード情報がどのように登録され、また信用情報機関の種類について学習をすると良い。

 

 

自己破産後にクレジットカードを保持するための予備知識、信用情報機関の種類について

現在、信用情報機関は日本国内に3機関存在しています。

 

この機関に企業が会員として登録し、会員同士で情報共有する事が出来るのです。日本国内における信用情報機関は、以下の3つです。

 

日本国内における信用情報機関
  • CIC(シーアイシー)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター
  • JICC(日本信用情報機構)

 

自己破産

 

 

「CIC(シーアイシー)」

クレジットカード会社、信販会社などが登録、加盟しています。

 

自己破産

 

「JBA(全国銀行個人信用情報センター」

銀行、信用金庫、協同組合などが登録、加盟されています。

 

自己破産

 

「JICC(日本信用情報機構)」

信販会社、消費者金融などが登録、加盟しています。

 

自己破産

 

企業によっては複数の機関に登録、加盟をしている事があり、それぞれお互いの情報を共有しています。

 

先に挙げた例では、信販会社は「CIC(シーアイシー)」内でクレジットカード会社との横の繋がりに加え、「JICC(日本信用情報機構)」という縦の繋がりを持つ事が出来ます。つまり、自己破産などの金融事故を起こしてしまうと3機関全てに開示されてしまいますが、それ以外の場合では、各機関内の会員しか確認する事が出来ない仕組みなのです。

 

自己破産

 

 

自己破産

様々な信用情報機関があって、それぞれで管理する情報の種類が違うわけだけど、これらの機関は繋がっていて、情報を共有しているんだね!だから、お金に関する事故情報とかそういうのは、全ての場面に影響が出る、って思っておけば間違いないね!

ぴよぴよ(皆で協力してんすね)!

 

 

この章のまとめ
  • 現在、信用情報機関は日本国内に3機関存在している。
  • これら信用情報機関は繋がっていて、それぞれがお互いの情報を共有している。
  • 自己破産などの金融事故を起こしてしまうと3機関全てに開示されてしまう。

 

 

自己破産後にクレジットカードを保持するための予備知識、信用情報機関の登録情報について

信用情報機関に記録する情報には、以下が挙げられます。

 

信用情報機関に記録する情報
  • 利用者の氏名・生年月日・住所・電話番号などといった個人情報
  • クレジットカードの借入金額
  • 入金状況
  • 返済状況
  • 借入残高といった利用状況
  • どの金融機関にクレジットカードを申込したかの情報
  • 信用情報

 

クレジットカードを作成時には必ず審査を行いますが、この審査を行う際に参照するものがこの記録されている情報です。

 

この登録されている情報の事を一般的に『クレジットヒストリー』、略して『クレヒス』と呼びますが、そのクレヒスが悪いと審査に落ち、良いクレヒスなら審査に通過するのです。

 

自己破産などの金融事故を起こしてしまうと、先に説明したブラックリストに載る事になり悪いクレヒスとなります。そしてこのブラックリストの記録は短くて3年、長い場合は10年以上も消える事が無いのです。

 

自己破産

このブラックリスト情報は任意整理の場合は3年以上で綺麗にする事が出来、また裁判所の許可は不要で弁護士や司法書士にて手続きが出来ます。民事再生の場合は7年から10年以上で綺麗にする事が出来、また裁判所の許可が必要です。

 

自己破産の場合は10年以上で綺麗にする事が出来、また裁判所の許可が必要となります。そのため自己破産が一番重く、場合によっては10年以上経っても綺麗に出来ない機関がある事に注意が必要となります。

 

自己破産などの金融事故を起こしてしまった場合は、新規にクレジットカードを作成する事はとても難しいため、情報が綺麗になるまで新しいクレジットカード申込みを控えた方が良いといえます。これは、どの金融機関にクレジットカードを申込したかの情報も記載しているため、この履歴が増える事は好ましくないためです。明るい未来のために知識を付け、早めに解決できる事を願います。

 

 

自己破産

クレジットカードを上手に使いこなすために必要なのは、このクレヒス(クレジットヒストリー)ってことになるね!良いクレヒスを残せば融資額も増えて、例えば、ゴールドとかプラチナカードになるだろうし、逆に悪いクレヒスを残せば、最悪の場合は解約することになるね!

ぴよぴよ(クレヒスっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 信用情報機関にあるクレジットヒストリーの良し悪しが金融的な審査に影響する。
  • 自己破産などの金融事故を起こしてしまうと、ブラックリスト扱いとなる。
  • ブラックリスト情報は任意整理の場合は3年以上で綺麗に出来る。
  • 民事再生の場合は7年から10年以上で綺麗に出来る。裁判所の許可が必要。
  • 自己破産の場合は10年以上で綺麗にする事が出来る。裁判所の許可が必要。
  • 自己破産をすると、場合によっては10年以上経っても綺麗に出来ない機関がある。

関連記事

  1. ニチデンの融資はこんな人にオススメしたい

  2. 未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

  3. 特定調停の基礎知識!任意整理との違いは『裁判所を通す』か『通さない』か…

  4. 全国の司法書士電話番号一覧

  5. 債務整理の弁護士選びで失敗しない為の4つのポイント

  6. 自己破産すると現在の借家や家財道具は?+持ち家を失わない裏技!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)