借金

自己破産をすれば(連帯)保証人の責任も無くなる?騙された場合は?

自己破産

自己破産をすれば(連帯)保証人の責任も無くなるの?また、騙されて保証人になった場合はどうすればいい?

 

自己破産

本人が自己破産の申立をし、最終的に免責許可の決定を受けても、保証人の責任に影響はなく、依然として保証人の責任はなくなりません。

 

しかし、騙されて保証人になってしまった場合は、その保証人は支払いの義務を免れることが出来る可能性が高いと言えます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

『自己破産をすると保証人の責任もなくなる?』、『連帯保証人も同じことでしょ?』、さあ、そんな疑問に更に詳しく答えましょう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

本人が自己破産をすれば保証人の責任も無くなるのか

本人が自己破産の申立をし、最終的に免責許可の決定を受けても、保証人の責任に影響はなく、依然として保証人の責任はなくなりません。保証人の支払い義務はなくならないということになります。この場合は、保証人の方にしっかりと説明し、保証人の方も自己破産またはその他の借金整理を考える必要があります。

 

自己破産

 

注意しなければならないのは、債務者が本人が自己破産の申立をすると、借入先の金融機関からの請求、取りたてが保証人に集中することがあるということです。そこで、自己破産の申立をする前に保証人に連絡をとって自己破産の申立をすることを説明して保証人に納得してもらった方がよい、ということなんですね。場合によっては、保証人と一緒に自己破産の申立をするという選択肢も頭に入れておきましょう。

 

 

自己破産

私は借りていない、保証人だから大丈夫ということにはならないんだよ!もう、保証人=債務者、ぐらいの感覚をもって慎重に判断することが大切だよ!たとえ親密な家族間でも、お金のトラブルで全てが破たんするケースもあるからね!

ぴよぴよ(怖いっす親分、俺怖いっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 本人が自己破産が成立しても、保証人の支払い義務はなくならない。
  • 自己破産をするときは保証人にしっかりと説明する必要がある。
  • 債務者が本人が自己破産の申立をすると、借入先の金融機関からの請求、取りたてが保証人に集中することがある。
  • 場合によっては、保証人と一緒に自己破産の申立をする。

 

 

連帯保証人は

保証人よりも更に責任が重い『連帯保証人』はどうでしょうか。まず、その二つの違いをおさらいしましょう。

 

連帯保証人とは、

『貸金業者がいきなり(連帯)保証人に対して請求をしてきた場合に、保証人であれば「まずは主債務者(借りた本人)に請求してください」と主張することができるが(催告の抗弁)、連帯保証人はそのような主張をすることができない

 

という状況を受け入れている人(保証人)のことです。

 

自己破産

 

この連帯保証人も、保証人と同じく、破産宣告申し立てをすることによって、債権者から一括請求を要求されるようになるので注意が必要です。破産宣告申し立てを決意したら、必ず連帯保証人に相談しなければなりません。連帯保証人というのは、ほぼ債務者と同じなのです。

 

主債務者が破産し、連帯保証人が同時に破産しないのであれば、連帯保証人はその後一方的に債務を負うことになります。場合によっては、連帯保証人に代理人をつけなければ話がこじれる可能性があるのです。そうした場合は、弁護士に相談するのが得策です。この場合、原則として同じ弁護士が主債務者と連帯保証人の代理人を務めることは出来ないので注意が必要です。

 

 

自己破産

保証人だけでも怖いのに、『連帯保証人』ともなると、更に怖いよ!ほぼ、一心同体になったと思って覚悟することが必要だね!やたらめったらになるものではないよ。連帯保証人というやつはね。

ぴよぴよ(やばいっす親分、俺やばいっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 連帯保証人はほぼ債務者と同じ立場である。
  • 連帯保証人も、保証人と同じく、破産者が破産宣告申し立てをすることによって、債権者から一括請求を要求されるようになる。

 

 

騙されて保証人になった場合は

また、

 

  • 騙されて保証人になった
  • 勝手に保証人にされた

 

というケースにおいては、その保証人は支払いの義務を免れることが出来る可能性が高いと言えます。

 

自己破産

 

 

自己破産

もし騙されて保証人になったり、自分の知らないところで保証人にさせられたりした場合は、それを抗議すれば主張が通る可能性があるってことだね!

ぴよ(ふむ)!

基本的に法律というものは、『清廉潔白な人を守る』ためにあるんだ!一時停止違反の検問だって、人の命が失われるより点数を切って済むなら、どんどんやった方がいいんだ!法律を味方につけようね!

ぴよぴよ(さすがっす、親分、さすがっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 騙されて保証人になった、あるいは勝手に保証人にされたというケースにおいては、その保証人は支払いの義務を免れることが出来る可能性が高い。

関連記事

  1. 不動産の任意売却の注意点は?

  2. 資格・職業別『自己破産後の制限』一覧

  3. 任意整理ができない債務者とは返済能力がない人!その他の理由+5

  4. 借金で生活が苦しい時に考える対策と改善策とは

  5. 任意整理は途中で取り消しできる!その場合、着手金や信用情報は?

  6. 自己破産のお金が無い場合は分割で弁護士に依頼しよう!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)