借金

自己破産したことは戸籍や住民票や免許証に載る?官報って何?

自己破産

自己破産したことは戸籍や住民票や免許証に載っちゃうの?あと、よく聞く官報って何?

 

自己破産

自己破産をしても戸籍や住民票や免許証には載りません。

 

また、官報とは国が出している公報紙であり、一般の人がこれを読む機会はほとんどありません。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産したことが、戸籍や住民票や免許証に載っちゃうって、なんだか抵抗があるよね。。でも実際は載らないから大丈夫だよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

自己破産したことは戸籍や住民票や免許証に載るのか

自己破産をしても、そ経歴は戸籍や住民票や免許証には載らないが、官報に掲載された上で、破産者の本籍地にある破産者名簿には載ることになります。

 

官報というのは、国が出している公報紙で、法改正情報や、破産情報などが載り、毎日発行されているものです。しかし官報というものは、政府公報センターなどで売ってはいますが、通常の書店には売っていないので、まず普通の人がこれを読むことはありません。

 

つまり自己破産をしても、戸籍に記載されることはなく、会社を解雇されることもないのです。破産宣告を受けても戸籍や住民票にその旨が記載されることはありません。破産すると一生涯きちんとした生活を過ごすことができなくなると考える人がいるのですが、破産することによる不利益は、世間一般の人が考えているほど大きいものではないのです。

 

ただし、破産宣告を受けると、破産者の本籍地の市町村役場の『破産者名簿』に記載されます。しかしこの破産者名簿は、第三者が自由に閲覧できるものではありませんので、心配する必要はありません。また、破産者が免責決定を受けると、破産者名簿から抹消されますのでご安心ください。

 

自己破産

結局、載らないってことだね。『官報』っていう一般人が読まないような雑誌に載るぐらいなんだね。また、市町村役場の『破産者名簿』に記載はされるけど、それも他人が勝手に見れないから安心なんだね。

ぴよ(よかったね)!

 

自己破産

 

前述した『官報』ですが、ここに公告されたとしても、言ったように一般人がこの官報を見ることはほぼ無いわけです。裁判所からも破産者の勤務先に、破産宣告した旨の通知をすることもありません。従って、破産者が自ら勤務先に言わない限り、破産宣告を受けたことが勤務先にわかる可能性は低いのです。会社は、破産宣告を受けたことを理由にして、破産者を解雇することもできないからです。

 

※ただし、『間接的』には『破産者に対する目』というものがありますから、あまり理解を得られない事態に発展するという可能性はあります。表層的には解雇でなくても、ほぼそれに近いような扱いを受けることはあるかもしれません。しかしそれは別に破産者に限らず全ての人に言えることですので、それらの人間関係の問題はまた別のお話ということになります。

 

 

自己破産

世の中いろんな人がいるからね。会社の人たちが良い人だらけだったら、何も気にすることはないよね。でももしかしたらその人間関係って、本当は自分の『鏡』なのかもしれないね。

ぴよぴよ(親分、奥が深いっす)!

 

 

この章のまとめ
  • 自己破産をしても、その経歴は戸籍や住民票や免許証には載らない。
  • しかし官報には掲載され、破産者の本籍地にある破産者名簿には載る。
  • 官報は、通常の書店には売っていないので、まず普通の人がこれを読むことはない。
  • 破産者が免責決定を受けると、破産者名簿から抹消される。
  • 破産者が自ら勤務先に言わない限り、破産宣告を受けたことが勤務先にわかる可能性は低い。
  • 会社は、破産宣告を受けたことを理由にして、破産者を解雇することはできない。
  • しかし、表層的には解雇でなくても、人間関係が変わる可能性はある。

 

 

しかし官報に載るということは本当に何のデメリットも無いのでしょうか。いや、前述した『人間関係』の話同様、探せばあることはあります。例えば、以下の2点です。

 

  • 1)官報を細かくチェックするような会社への転職が難しくなる(銀行やクレジット会社への就職等)
  • 2)闇金融などから勧誘の電話がかかってくる

 

この様な事実が存在することは確かです。2)の勧誘に関しては確実ではありませんが、考えたらわかりますよね。彼らのような業者にとっては『官報に載っている破産者』という人は『うってつけの顧客』です。

 

自己破産

 

闇金融という名前がつくから嫌悪感を覚えるかもしれませんが、どんな商売をしている人間からしてみても、自身が販売する商品やサービスに対する『うってつけの顧客』がいるわけです。美容グッズやお洒落なスイーツの対象相手は、『流行と美容に関心のある女性』というように。

 

もちろん、闇金融には絶対に手を出さないようにしましょう。

 

ぼったくりに遭いたくないなら、歓楽街に行かない。闇金融からの勧誘が嫌なら、お金の管理をしっかりすることを心掛けるしかありませんよね。

 

 

自己破産

でも、よく『今の時代は個人情報が筒抜け』って言うけど、タウンページとか公衆電話が全盛期あたりの時代は、例えば芸能人の住所とか簡単に調べられたらしいからね。情報は最初から筒抜けって思ったほうがいいね。

ぴよ(嫌っす)!ぴよぴよ(親分、筒抜けは嫌っす)!

 

 

この章のまとめ
  • 官報に載ることで、官報を細かくチェックするような会社への転職が難しくなることがある。
  • 官報に載ることで、闇金融などが営業をかけてくる可能性がある。
  • 闇金融には絶対に手を出してはならない。

関連記事

  1. 破産手続き、免責許可が下りるための条件とは?破産者に問われる問題

  2. 任意整理に免責はある?自己破産との違いは『支払う』かどうか

  3. 不倫関係を早く清算したい!不倫相手との上手な別れ方

  4. 自己破産が原因で会社をクビになる可能性はある?

  5. 自己破産をすると自動車保険は解約する必要がある?

  6. 個人再生の基礎知識を知ろう!借金が大幅に減額でき資産も残せるのが特徴!…

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)