借金

自己破産よりも個人再生を選択した方が良い5つのケースとは

自己破産

自己破産よりも個人再生を選択した方がいい場合って、どんな場合?

 

自己破産

激しい浪費癖があったり、ギャンブル癖があったりするような人や、どうしても自己破産を避けたい人等は、個人再生を選択した方がいいでしょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

自己破産をするべきではない人の共通点というものがあります。自己破産は究極の選択肢とも言えますからね。それをしっかりと確認し、当てはまる様であれば自己破産をすることを待った方がいいでしょう。

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

自己破産か個人再生か

個人再生とは、平成13年4月から手続きが大幅に簡略化され、費用も定額化された個人向けの民事再生制度です。

 

任意整理ができないほど多額の債務がある場合、債務の整理方法として、

 

  • 自己破産の申立をする
  • 個人再生の申立をする

 

という選択肢があるわけですが、どちらが最善なのでしょうか。それは、個人再生の運用に対する評価がさまざまなので、弁護士であってもその選択に迷うところだと言います。

 

 

自己破産

ケースバイケースということですね。個人再生がいいと場合もあるし、自己破産がいい場合もありますわね。

ぴよぴよ(うんうん)!

 

 

この章のまとめ
  • 任意整理ができないほど多額の債務がある場合、債務の整理方法として、自己破産と個人再生の選択肢がある。
  • どちらが最善かは、個人再生の運用に対する評価がさまざまなので、弁護士であってもその選択に迷うところである。

 

 

個人再生

個人再生は、再生計画の許可後3~5年後に返済することになり、給与所得者が個人再生をする場合、過分所得額がある程度の金額になるので、3年間における返済計画もある程度の金額を返済していく覚悟が必要となります。

 

自己破産

自己破産との違いは、『返済をすること』ということだね。うん。

ぴよ(うんうん)!

 

 

この章のまとめ
  • 個人再生は、再生計画の許可後3~5年後に返済する。
  • 自己破産との違いは、『返済をすること』。

 

 

 

自己破産

自己破産は、破産宣告時の資産の清算価値を効力して返済金額を決めるので、主だった財産がない人の場合、返済する金額はありません。(同時廃止事件)

 

自己破産

 

自己破産を避けるために個人再生を選択して再生計画を立てたのに、返済金額が高額のために、結局、自己破産の申立をするケースもあります。

 

自己破産

まあ、人生何が起こるかわからないからなあ。。この子分たちも明日事故や天災で死ぬかもしれません。。でも、それが人生!思い通りにいかなくたって落ち込むことはありません。

ぴよ(大丈夫)!!

 

 

この章のまとめ
  • 自己破産では主だった財産がない人の場合、返済する金額はない。
  • 個人再生を選択して再生計画を立てたのに、返済金額が高額のために、結局、自己破産の申立をするケースもある。

 

 

個人再生を選択した方が良い5つの例

  • 住宅ローンの支払いがあるが、住宅を手放したくない場合
  • 自己破産をすると、資格制限により現在の仕事を失い、生計の維持が出来なくなる場合
  • 激しい浪費癖がある場合
  • 中毒に近いギャンブル癖がある場合
  • 一部の債権者にだけ多額の優先的な支払いをしている場合

 

自己破産

 

自己破産が認められないケースと、自己破産によるデメリットが大きいと判断されるケースですね。しかし、具体的な最終決定は弁護士に相談して決めるのがいいでしょう。

 

自己破産

激しいギャンブルの癖なんかがあったり、一部の債権者にだけえこひいきして返済しているってな場合は、まず直すべきことが他にあるってことだね。

ぴよ(怒)!!

 

 

この章のまとめ
  • 個人再生を選択した方が良いとされる人は、自己破産が認められないケースと、自己破産によるデメリットが大きい人が該当する。

 

 

個人再生の審尋

民事再生では免責手続きを前提に免責不許可事由の有無まで調査する破産の場合とは異なって、現実の支払いの可能性が重視されます。自己破産の『免責審尋』では、よほど大きな問題がない限り、裁判官から強く諭されるだけで終わる場合がほとんどですが、

 

個人再生の審尋では、今後きちんと弁済を継続できるかどうかがチェックされます。申立時に裁判所に提出した収入を明らかにした書面、審尋までつけてきた家計簿の控えを持参して説明しましょう。

 

自己破産

逆に言えば、それをきちんと用意してれば大丈夫ってことだね。

ぴよ(逆にね)!

 

 

この章のまとめ
  • 民事再生では現実の支払いの可能性が重視される。
  • 自己破産の『免責審尋』では、よほど大きな問題がない限り、裁判官から強く諭されるだけで終わる。
  • 個人再生の審尋では、今後きちんと弁済を継続できるかどうかがチェックされる。

 

 

個人再生に必要な3つの書類

個人再生に必要な3つの書類はこれです。

 

個人再生に必要な3つの書類
  • 手続き開始申立書
  • 収入および主要財産一覧表
  • 債権者一覧表

 

 

自己破産

しっかりと準備して手続きに臨もおーっ!

ぴよーっ(おーっ)!

関連記事

  1. 飲食店を運営していた人が、自己破産によって店をたたむときの影響とは

  2. 個人再生をする前に車や不動産を譲渡したり名義変更をするとどうなる?

  3. 個人再生委員への報酬はいくら?何をする人なの?

  4. 個人再生をすると連帯保証人はどうなる?同じように借金は減額される?

  5. 自己破産の手続きを抑えるには?弁護士の初期費用無料(0円)は可能か

  6. 借金で生活が苦しい時に考える対策と改善策とは

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)