借金

うつ等の精神病が原因で自己破産をするとどうなる?

自己破産

うつ等の精神病が原因で自己破産をするとどうなる?

自己破産

うつ病の人は、それを証明する医師の診断書を裁判所に提出すると、自己破産の手続きが簡単になるという事実があります。例えば、実際には半年以上かかるそれらの手続きの時間が、半分のわずか3か月で終わってしまう、というケースがあるのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

うつ病って大変だからね!例えば、重い風邪をひいた時って、もうやる気がなくなって、食欲もなくなって、ぼーっとDVD観たりするくらいがやっとだ思うけど、うつはずっとそんな感じ!

ぴよぴよ(それは大変っす)!

だから特別待遇があってもおかしくないね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

うつ病の人は特別扱いされる?

うつ病の人は、それを証明する医師の診断書を裁判所に提出すると、自己破産の手続きが簡単になるという事実があります。例えば、実際には半年以上かかるそれらの手続きの時間が、半分のわずか3か月で終わってしまう、というケースがあるのです。

 

自己破産

 

しかし、当然それを悪用してしまうことは認められません。言うなれば、精神に問題がある人間のふりをして犯罪をし、

 

『責任能力に異常がある』

 

という判断をさせて、刑期を短くしようとする、悪質な犯罪者のようなものだからです。

 

自己破産

 

しかし、これは殺人事件ではなく自己破産ですから、そういうケースはほぼないですね。しかも、大してメリットはありません。ただ単に、

 

『自己破産の手続きがスムーズにいく』

 

というだけの話ですから、その為にわざわざ医者を囲って、うつ病の偽診断書を作成し、事実を捏造する、という人はいないでしょう。

 

自己破産

まあ、だからといってうつを演じて悪用する人はいないと思うけど、いるんだとしたら、あまり賢明ではないね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • うつ病の人は、それを証明する医師の診断書を裁判所に提出すると、自己破産の手続きが簡単になる。
  • 実際には半年以上かかるそれらの手続きの時間が、半分のわずか3か月で終わってしまう、というケースがある。

 

うつ病だからという理由で自己破産が認められるわけではない

間違えてはならないのは、別にうつ病だからといって、それだけの理由で自己破産が認められるわけではないということです。

 

しかし、確かに手続きが短くなるという現実があります。その理由は明らかにされていませんが、推測される理由としては、

 

  • 責任能力が無いと判断され、色々と緩和される
  • うつ病を悪化させないように、配慮される

 

などということが挙げられることになります。

 

責任能力が無いと判断され、色々と緩和される

これに関しては、まず第一に、うつ病になっているという時点で、大きなハンデを背負っている人として扱われます。例えば、

 

  • 五体不満足の人
  • 高齢者
  • 目が見えない人
  • 耳が聞こえない人
  • 重度の障害を持っている人

 

などと、普通の人とを、同じくくりで扱っていいと思うでしょうか。またあるいは、

 

  • 緊急車両
  • 大統領等の要人たちの通行

 

等もそうですね。人はそれらを特別扱いします。

 

自己破産

自己破産

 

同じように、うつ病の人も、それだけで特別扱いされることになります。そもそも、うつ病というのは『普通の人が軽いと思う問題を、重く感じる』という精神的な病気です。つまり、『普通の人と同じくくりで考えてはいけない』ということになります。

 

『頑張って』と言ってはいけない、という考え方は2017年の最新情報では更新されましたが、それまではその言葉すら言ってはいけないという考え方がありました。中には、追い込まれ過ぎて自殺をしてしまう人もいます。普通の人では、なかなかそういうことにはなりません。

 

例えば留置場や刑務所に入ることになっても、多くの人はそこで自殺をしようとは思いません。早くそこから出るために、大人しくして時期を待つのが大半です。しかし、うつ病の人や精神的に問題がある人は違います。従って、それらの人は、医療系の施設に行くことになります。

 

自己破産

  • 医療少年院
  • 医療刑務所

 

などという別のくくりとして用意された施設へ行くわけです。それもある種、特別待遇をしていることになります。

 

多くの普通の人が留置場や拘置所、刑務所に行くのは、ほとんどの意味合いで、『反省をしてもらう』ことが目的です。間違っても、『死んでもらう為』ということが目的なわけではありません。

 

長い留置期間も、長い刑期も、犯罪の度合いによって、それだけの反省期間が必要であり、それだけ反省したら、再犯率も減るだろうという考えのもと、社会的な制裁を下すわけです。

 

自己破産

 

しかし、うつ病やその他の精神病を患った人は、それらの『戒め行為』が、逆効果、あるいは無意味になる可能性があります。やはり、『目的を果たすために』そうした苦労をさせるわけですから、その苦労をさせることで、逆に目的が果たせないとなると、これは合理的ではありません。

 

そういった理由から、うつ病の人は、とにかく特別扱いをされます。普通の人が仕事をして、給料をもらうのが当たり前でも、うつ病の人にとってはそれはとても高いハードルを与えられていることと同じだと判断されます。

 

自己破産

 

ですから、普通の人が1~100の仕事をやって20万もらうのと、うつ病の人が1~100の仕事をやって20万もらうのとでは、遥かにうつ病の人の方が、難易度の高いことをやっているわけであり、つまり平等ではないということになります。従って、

 

普通なら、働いて、そこでつまづかないし、借金にもならないでしょ。

 

という考え方は、うつ病の人にはあまり当てはめづらいわけです。

 

うつ病の人だから、働くだけでも、大変だったよね。

 

ということになるのです。

 

自己破産

 

かといって、前述したようにうつ病だからという理由で、自己破産が認められるということではありません。あくまでも、裁判所での審尋が免除されたり、手続きの時間が短くなるなどの配慮があるということです。

 

しかし、実際には半年以上かかるそれらの手続きの時間が、半分のわずか3か月で終わってしまうわけですから、そこにあるのは間違いなく特別待遇ですからね。

 

うつ病を悪化させないように、配慮される

もう一つの理由として考えられているのはこれです。これはまあ、そのままですね。あまり複雑な問題を長期的につきつけ、それでうつ病が悪化してしまったら大変です。裁判所の責任になることもあるかもしれません。

 

そう考えると、裁判所は配慮しているのか責任を取りたくないから特別扱いしているのかわかりませんね。しかしそれは穿った見方でしょう。実際には配慮されていると考えるのが妥当です。

 

自己破産

自己破産

普通の人は登れる階段も、車椅子に乗っている人は、困難だからね!そういう場合はエレベーターに乗ってもらうことは、ごく当たり前の発想だね!そういう配慮が存在するってくらいで覚えておきたいね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • うつ病だからという理由で自己破産が認められるわけではない。
  • 責任能力が無いと判断され、色々と緩和される。
  • うつ病を悪化させないように、配慮される。

 

 

関連記事

  1. 自己破産の際に弁護士に申告しなかった借金があるとどうなる?

  2. 返済の請求をしても無効になる借金の時効って、5年?10年?

  3. 多重債務を解決するのは自己破産でいいのか

  4. 任意整理の弁護士依頼費用の相場とは

  5. 消費者金融モビットはこんな人にオススメ

  6. 全国の司法書士電話番号一覧

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)