借金

債務整理をすると借金の保証人にはどういう影響がある?

質問

債務整理をすると借金の保証人にはどういう影響がある?

答え

借金をしている人が債務整理をすると、原則として保証人や連帯保証人に影響を及ぼすことになります。ですから場合によっては、保証人も個人再生や自己破産をすることになります。

 

とくに連帯保証人は、債務者とほぼ等しい存在です。保証人にある権利も、連帯保証人にはありません。保証人付きの債務を抱えている人は、債務整理をする前に必ず保証人と話し合いをすることが求められます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

どんな債務整理をしても、保証人に影響がいくのは変わらないことだね!だから債務整理をする前は必ず保証人とよく相談しよう!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

債務整理をすると保証人に支払い義務が回ってしまう

借金

 

借金をしている人が債務整理をすると、原則として保証人や連帯保証人に影響を及ぼすことになります。まずは下記の記事で保証人等についての基礎知識を深めましょう。

 

 

『金銭貸借の知識とQ&A』にはこうあります。

人的担保とは

 

人的担保とは、借主だけでなく借主以外の第三者にも貸金の返済義務を負わせる制度で、典型的なものが保証人の制度です。たとえば、お金を貸すにあたって、借主が支払わない場合、借主以外の第三者が借主の借入金を支払うと約束しておく制度です。この場合、借主が払えなくなっても、保証人となった第三者から回収することができます。

 

したがって、貸主は、複数の者に対して支払いを請求できることになりますので、回収の可能性がより高くなります。

 

保証人というのは、貸主にとっての人的担保であり、借主が支払いができなくなれば、貸主はその担保から回収をすることができるわけですね。例えばこの担保が自動車の場合は、その自動車を売ってお金に換え、返済金に充てることができます。

 

借金

 

 

つまりは保証人は『貸主の権利』であるわけですが、逆に『借主の権利』と言えば、債務整理です。債務整理をすることは債務者に認められている立派な権利の一つです。

 

例えば、『自殺するしか他に方法はない』という状況で、『自己破産』という選択肢があれば、それをせずに済みます。そういうときに、逆にそのような状況の人に手を差し伸べることができない国は、破たんしていると言っていいでしょう。

 

 

ただし、債権者にも権利があります。その一つが、保証人等の担保ですね。担保権者は、債務者が支払不能に陥ったとき、担保を使って貸したお金を回収していいのです。ですから、債務整理をすると債権者はこう思います。

 

債務整理をすると、貸したお金が返ってこなくなるか、あるいは大幅に減額されるぞ。その前に保証人に支払いをしてもらおう。その為の担保だったんだ。

 

ということで、債務整理をすると保証人に支払い義務が回ってしまうんですね。各債務整理における保証人の問題については、下記の記事に書きました。

 

 

借金

債務者と債権者の双方に権利があるんだね!担保があると安心するでしょ!自分が債権者の立場だったら!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 債務整理をすると保証人に支払い義務が回ってしまう。
  • 債権者には担保という権利があり、債務者には債務整理という権利がある。

 

各債務整理で違う保証人への影響

例えば任意整理の記事では、

 

  • 保証人がついている債務
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン

 

についても任意整理できない、あるいはしない方がいいと判断できると書きました。保証人がついている場合は、任意整理をすると保証人に支払い義務が移ってしまうからですね。また、住宅ローンや自動車ローンの場合は、それが担保ですので、それを売却され、お金に換えられ、返済金に充てられてしまいます。

 

借金

 

ですから、それらの物件を保持し続けたい場合、任意整理の場合はそれらのローンだけは整理の対象から外すことが推奨されています。

 

 

任意整理なら担保がついている借金を対象から外せますので、人的担保である連帯保証人にも迷惑をかけずに債務整理することができるということですね。同じように、特定調停でも整理する対象は選べます。特定調停は、『裁判所を通した任意整理』ですからね。

 

借金

 

しかし、個人再生や自己破産では整理する対象を選べません。その代り、借金を大幅に減額出来たり、あるいは帳消しにすることができるわけです。自己破産で言えば、借金がいくら100億円あっても帳消しにできますからね。とてつもない制度です。

 

従って、場合によっては連帯保証人も個人再生や自己破産をすることを強いられることになります。ですから、債務整理をする前に連帯保証人らとよく話し合うことが求められるということですね。

 

借金

 

借金

それぞれの債務整理に特徴があるから、一つ一つ注意して確認して、最適な判断を下すようにしよう!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 任意整理の場合は住宅ローンや自動車ローン、あるいは保証人付き債務だけは整理の対象から外すことが推奨されている。

 

連帯保証人の責任はとても重い

冒頭にリンクした記事にも書いた様に、保証人には三つの権利が与えられています。

 

  • 催告の抗弁権
  • 検索の抗弁権
  • 分別の利益

 

ですね。詳細は記事に書きました。簡単に説明するとこれらの権利は、『保証人が一方的に負担を負う』ことがないように与えられている権利です。例えば、債務者に請求する前に、保証人に請求した場合等は、『催告の抗弁権』を主張し、保証人は主債務者に請求を回すことができます。

 

借金

 

つまり、債務者ではなくていきなり保証人に請求するのはタブーとされているわけですが、しかし連帯保証人になると話はガラッと変わります。なんと、連帯保証人はこれらの権利を持っていないんです。つまり、債務者はいきなり連帯保証人に請求してもいいんです。

 

借金

 

こう考えると連帯保証人の責任はとても重いものです。ほぼ債務者と同じ扱いを受けるといっても過言ではないでしょう。債務整理をする際はこの辺りのことについて熟考し、間違っても保証人をないがしろにしないようにしましょう。

 

有難い存在ですからね。『有難い』というのは文字通り、『有るのが難しい』と書きます。『そう簡単ではない』ということ。つまりこの場合で言えば、『保証人というのは、なかなかなってもらえるものではない』ということですね。そんな有難い存在に迷惑をかけないようにしましょう。

 

また、下記の記事には、

 

  • 連帯保証人が死亡した場合
  • 死亡した人の連帯保証人になっていた場合

 

のケースについて書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

借金

連帯保証人はほぼ債務者扱いだからね!いきなり請求されても文句は言えないんだ!その代わり求償権を行使して、連帯保証人は主債務者に返済させられるんだ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 連帯保証人の責任はとても重い。

 

 

関連記事

  1. 自己破産とは、借金の合法的踏み倒し行為である!

  2. 会社が黒字でも自己破産できる理由は、黒字なのに倒産する、赤字なのに倒産…

  3. 給与所得者等再生では『可処分所得』を考慮!その計算方法とは

  4. 任意整理をすれば滞納している税金もカットできる?できない?

  5. 自己破産手続きの際に家計収支表をまとめることは、多くのメリットがある!…

  6. 自己破産前後の給料・賞与・ボーナス差し押さえについて解説!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)