借金

任意整理は年収はいくらあればできる?低くても可能?

質問

任意整理は年収はいくらあればできる?低くても可能?

答え

毎月一定の収入がない人は任意整理はできません。3~5年の分割払いで返済していくわけですから、その間に収入が途絶えるなら、任意整理はできないということになります。

 

年収はいくらあれば任意整理ができるかというよりも、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイントですから、年収300万円の人なら、450万円までの借金であれば、任意整理が可能ということですね。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

年収が低い、高いという解釈は相対的だからね!300万円でも十分高いよ!だけどある人は低いと言うだろうね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

毎月一定の収入がない人は任意整理はできない

借金

 

任意整理をすると、支払いをしていくことになります。支払いをしないで済む債務整理は、自己破産しかありません。その他の、

 

  • 特定調停
  • 個人再生

 

とて同じことです。支払いをしていくことになります。

 

任意整理の特徴を見てみましょう。

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

つまり、毎月一定の収入がない人は任意整理はできません。3~5年の分割払いで返済していくわけですから、その間に収入が途絶えるなら、任意整理はできないということになります。

 

借金

 

借金

まずは、毎月一定の収入があるかどうかをチェックしよう!あるならバイトでもパートでもいいんだよ!年金でもね!生活保護はだめだけど!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 毎月一定の収入がない人は任意整理はできない。

 

支払えないと一括請求を余儀なくされる

もし支払えなくなると、債務者は期限の利益を喪失し、一括請求を余儀なくされます。

 

借金

 

借金

 

期限の利益
債務者は、支払期日までに支払いを待ってもらう権利を持っている

 

 

ですから、任意整理をするとなると、毎月一定の収入があることが条件となるわけですね。それは、『裁判所を通した任意整理』である特定調停でもほぼ同じことです。

 

個人再生の場合は『3か月に一度』の支払いとなり、また、借金も5分の1等、大幅な減額があることから、少しだけ状況が違います。任意整理等と比べると少し支払いは楽になりますね。また、収入も3か月に一度の収入があれば、年収が低く、毎月の収入がなくても、理論的には個人再生が可能となります。

 

 

しかしその代わり再生計画に従って支払いができなくなると、減額された借金は元に戻り、住宅ローン特則で守られた住宅も手放すことになり、自己破産を余儀なくされます。

 

借金

 

 

つまり、自己破産以外の債務整理を選択した場合は、整理した後、必ず残りの借金を支払っていくことになるわけですね。支払えない場合は強制執行をかけられることになるので注意が必要です。

 

どちらにせよ、債務整理をしなければ強制執行をかけられた可能性が高かったわけですから、債務整理に失敗したら強制執行をかけられるのは、当たり前のことです。

 

借金

どんな債務整理を選んでも、支払えないと一括請求を余儀なくされるんだね!まあ、債務整理が債務者の権利だったから、今度は債権者の権利も尊重しないとね!

ぴよぴよ(強制執行)!

この章のまとめ
  • 支払えないと一括請求を余儀なくされる。

 

年収はいくらあれば任意整理ができるか

では、具体的に『年収はいくらあれば任意整理ができるか』ということですが、そういう考え方はしません。先ほどのグレーボックスにも書きましたが、年収がいくらあるかというよりは、借金額が年収の1.5倍内であるかどうかがポイントとなります。つまり、年収300万円の人なら、450万円までの借金であれば、任意整理が可能ということですね。

 

計算

300万円×1.5倍=450万円

 

借金

450万円までが対応可能だから、結構な範囲だよね!25万円の給料で250万円。ボーナスがあったとして300万円の計算だから、まあまあ普通の例だよね!

ぴよぴよ(450は大金っす)!

この章のまとめ
  • 年収がいくらあるかというよりは、借金額が年収の1.5倍内であるかどうかがポイント。

 

毎月の支払いを計算してみる

ただ、あまりにも借金の額が大きければ毎月の支払いが大変です。いくつかの例で計算してみましょう。

 

計算

50万円÷36か月=13,888円

100万円÷36か月=27,777円

150万円÷36か月=41,666円

200万円÷36か月=55,555円

250万円÷36か月=69,444円

300万円÷36か月=83,333円

350万円÷36か月=97,222円

400万円÷36か月=111,111円

450万円÷36か月=125,000円

 

50万円なら1.4万円で済みますが、450万円あった場合は、月々12.3万円も支払うわけですからね。年収300万円で計算しているわけですから、そうすると収入は月に25万円です。その半分も支払う生活が3年続くとなると、これは大変ですよね。

 

借金

 

ただ、最大で5年まで期間を延ばせる可能性がありますから、5年でも計算してみましょう。

 

計算

50万円÷60か月=8,333円

100万円÷60か月=16,666円

150万円÷60か月=25,000円

200万円÷60か月=33,333円

250万円÷60か月=41,666円

300万円÷60か月=50,000円

350万円÷60か月=58,333円

400万円÷60か月=66,666円

450万円÷60か月=75,000円

 

こうなると確かに、450万円の場合でも7.5万円ですから、払えなくはない金額ですね。ただし、もし弁護士費用を分割にしていた場合は、ここにその費用が加算されますから、およそ8万円ほどだと考えることになります。それでも、ギリギリ支払えなくはない金額ですね。

 

 

しかし、これが5年間きちんと漏れなく続けられるかどうかですね。元々金銭感覚が悪かったことで借金を負い、債務整理をするに至ったわけですから、この5年間は神経を研ぎ澄ませ続ける必要があり、債務者にとっては修行期間となるでしょう。

 

借金

こうみると3年はきついけど、5年ならなんとかなりそうだね!ただ、人間が最も難しいことは『続けること』だからね!『継続は力なり』っていうくらい、実際が難しいんだ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 毎月の支払いを計算してみる。

 

後始末ではなく前始末が大事

ただし、もちろんそれを無事に終わらせることができたら、大きな自信となっています。私もブラックリスト登録されていた時間は、ただただその時間を耐え忍ぶしか選択肢がありませんでした。なってしまった以上は覚悟を決め、責任をもって後始末をするしかありませんね。

 

そして、見るべきなのは以下の記事です。

 

 

本来は後始末ではなく、前始末しなければなりませんでした。しかし、愚かな我々人間がそのことを肝に銘じられるのは、後始末を強いられたときだけなのかもしれません。

 

借金

前始末が大事っていうのは真理だけど、それを実行できる人はごくわずかなのかもしれないね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 後始末ではなく前始末が大事。

 

 

関連記事

  1. 任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

  2. 借金の取りたては怖い人が取り立てに来るのか

  3. 自己破産手続きの際に家計収支表をまとめることは、多くのメリットがある!…

  4. 借金を当人以外の人から何の前触れも無く請求された場合

  5. 任意整理をした後に起業することはできる?

  6. 自己破産すると年金や生活保護はどうなる?銀行は利用できない?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)