借金

任意整理をしても借金を繰り返す人が読むべき記事!債務整理はその場しのぎ

質問

任意整理をしても借金を繰り返してしまう!どうしたらいい?

答え

任意整理が終わり、借金を支払った後というのは、『得意時代』に該当します。その逆の『失意時代』が、支払っている最中ですね。

 

失意時代であれば、人はふんどしを締め直し、一歩一歩確実に人生を歩こうとします。しかし、得意時代になると、途端に油断をして、足元が緩みます。そこが人生の落とし穴なのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

任意整理をして借金を繰り返してしまうのは、どういうことだろうね!ブラックリストに載るわけだから、しばらく借りれないと思うけど!とにかく、一緒にこの問題について考えていこう!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

任意整理の支払いができないと一括請求

借金の返済が滞り、任意整理をする決意が固まり、依頼できる弁護士も見つかって、ようやく債権者と和解できて、督促も止まって、利息をカットしてもらって、3年の分割払いで元金だけを支払っていくことに決まった。

 

それはある種、ひと段落というか、ほっと一息、ようやく肩の荷が少し降りた状況だと言っていいでしょう。

 

 

しかし、それはあくまでも『肩の荷が少し降りた』だけで、全部は降りていないんですね。つまりは、結局そこで決めた支払いができなくなるなら、期限の利益を喪失して、一括請求を余儀なくされます。

 

借金

 

借金

 

期限の利益

債務者は、支払期日までに支払いを待ってもらう権利を持っている

 

 

借金

支払いは本当は一括でするものだからね!それをただ待ってもらっていただけなんだ!だから一括返済に『戻す』だけなんだよね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 任意整理の支払いができないと期限の利益を喪失して、一括請求を余儀なくされる。

 

特定調停は?

そうなると、ほかの債務整理を検討するしかありませんね。債務整理は、

 

 

借金

 

とあります。そのうち、過払い請求はもう時効を迎えてほとんどありませんから、除外します。任意整理は、今回ダメだったわけですからね。特定調停は、『裁判所を通した任意整理』なので、この状況ではだめでしょう。

 

 

借金

特定調停は『裁判所を通した任意整理』だから、任意整理がダメになった今、これをしてもあまり意味はないね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 特定調停は、『裁判所を通した任意整理』。

 

個人再生や自己破産は?

個人再生と自己破産はどうでしょうか。特徴を見てみましょう。

 

借金

個人再生

住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人に適している。借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある。返済は原則3年間の分割払い。整理する債権者は選べない。

 

自己破産

最低限の生活用品などを除いたすべての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じ、公平に返済をするよう、法的な力を借りて行う手続き。財産をほとんど失う代わりに、借金がいくらあってもそれを帳消しにできる。整理する債権者は選べない。

 

  • 個人再生:借金を5分の1程度に減額できる。整理する債権者は選べない。
  • 自己破産:財産のほとんどを処分する代わりに、借金を帳消しにする。整理する債権者は選べない。

 

ということですね。強制執行を止められるのは裁判所を介す債務整理、

 

  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

 

になります。

 

借金

 

借金

 

そのうち、任意整理をしてその支払いができなくなり、無効となった場合は、特定調停はできませんから、個人再生か自己破産のどちらかを選ぶ必要があります。

 

 

関連記事はいくつかあります。個人再生の記事にも書いた様に、

 

  • 給与の差押→個人再生手続きの申し立て→給与の差押をはじめとする強制執行の中止→個人再生手続きの開始決定→給与の差押をはじめとする強制執行の効力の失効

 

という流れで、個人再生をすれば強制執行は止めることができるわけですね。自己破産でもほぼ同じ流れになります。もし、任意整理で支払いができなくなり、一括請求を余儀なくされたとき、その強制執行を止めるために、個人再生か自己破産を選択することを検討したいわけですね。

 

借金

借金

もし強制執行をかけられそうになっているのであれば、個人再生か自己破産をすればそれが阻止できるんだね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 任意整理をしてその支払いができなくなり、無効となった場合は、個人再生か自己破産のどちらかを選ぶ。
  • 個人再生と自己破産なら、強制執行は止めることができる。

 

任意整理を完済した後の場合は

また、任意整理の支払いをきちんと守り、完済した後の場合はどうでしょうか。完済した後ですから、支払いができなくなったわけではなく、強制執行の話も無関係です。この場合において、またお金がどうしても必要になった。その場合、そもそもお金の借り入れは可能でしょうか。

 

借金

 

答えは、Yesです。しかし、信用情報機関にブラックリスト登録されている期間がありますから、その間は新たな借り入れも、クレジットカードを作ることもできません。

 

 

往々にして任意整理は5年間です。5年間は、新たな借り入れができません。では、もし5年以内にまたお金が必要になった場合はどうすればいいでしょうか。それは理由にもよりますが、何らかの理由で借金を負ったのなら、また新たに債務整理を検討しましょう。

 

債務整理の場合、期間に制限があるのは、

 

  • 個人再生(給与所得者再生手続き)
  • 自己破産

 

だけです。 この2つの債務整理をした場合、そこから数えて7年間はこの同じ債務整理をすることができません。ですから、任意整理をした後であれば、どの債務整理も選択可能ということになります。これが例えば、自己破産をしたあとであれば、7年経たないと自己破産ができないので、注意が必要です。

 

借金

借金

ブラックリストには載っている間は借りられないから、5年以内に借金をしたのであれば、それは知人からか、闇金融あたりから借りたということになるね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 任意整理後に借金はできるが、ブラックリストに載っている間は借りられない。

 

任意整理の後5年以内にお金が必要になる場合

任意整理の後、5年以内にお金が必要になる場合は、借金ができなくなるので、場合によっては債務整理を検討しましょう。その場合、どの債務整理が一番最善なのかはケースバイケースです。注意が必要なのは、『支払い義務』です。

 

 

自己破産には『非免責債権』、つまり『それは自己破産後も支払い続ける必要があるよ』というものがあります。それは下記のとおりです。

 

  • 税金・健康保険・年金等
  • 養育費・別居中の妻への婚姻費用
  • 悪意や重大な過失を原因とする損害賠償金
  • 交通違反などの罰金

 

借金

 

自己破産

 

もしその『急に必要になったお金』がこれらに該当する場合は、たとえ最後の選択肢である自己破産を選択しても、その支払い義務は免除されないので、厳重に注意することが必要です。

 

借金

 

借金

任意整理の後、5年以内にお金が必要になる場合は、借金をするのではなく、債務整理をした方がいいということだね!まあ、状況次第だけど!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 任意整理の後、5年以内にお金が必要になる場合は、借金ができなくなるので、場合によっては債務整理を検討する。
  • 自己破産を選択しても、その支払い義務は免除されない。

 

得意時代に転落するのが人間

支払えないと死刑になるということはありません。しかし、かつて『ヒルズ族』と言われたある起業家は、脱税によってその罪を問われ、今でも1億円に近い罰金を支払い続けています。それも、圧倒的に下がった収入の中から、長い年月をかけて。

 

彼の生活を見ると、ある種同情にも値します。しかし、それだけの罪を犯したということを考えると、脱税の罪の重さを再認識させられます。誰もが彼のように、得意になっているときに足元をすくわれます。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

任意整理が終わり、借金を支払った後というのは、『得意時代』に該当します。その逆の『失意時代』が、支払っている最中ですね。失意時代であれば、人はふんどしを締め直し、一歩一歩確実に人生を歩こうとします。しかし、得意時代になると、途端に油断をして、足元が緩みます。そこが人生の落とし穴なのです。

 

借金

 

これは人生の黄金律。どんなに大金持ちであっても、どんなに有名人であっても、この黄金律は通用します。せっかく債務整理で自分を見つめなおすチャンスを得たのです。失意時代を体験した人は、そうでない人と比べて、実は木の幹が太い。

 

それでもなお転落するのなら、失意時代に『楽』をした。あるいは手を抜いたのかもしれません。だからこそ、債務整理では『あえて司法書士に依頼する』という選択肢を選ぶ人がいるのです。

 

借金

人は勝っては驕り、負けては腐り、を繰り返す生き物だからね!これからもそういう人は絶えることはないだろうね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 得意時代に転落するのが人間。

 

『あえて司法書士に依頼する』という選択肢

司法書士は弁護士と違って代理人ではありません。『書類作成代行人』のような立ち位置です。ですから、裁判所に代わりに行ってくれるということがないので、正直に言って面倒です。債務者が自ら裁判所に出向かなければなりません。

 

しかし、その面倒な作業を自ら志願することによって、失意時代を糧とすることができるのです。

 

こんな面倒な目にあい、みじめな思いをするくらいなら、考え方を改めよう…

 

そのように自分と向き合い、内省することができるんですね。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

そういう人は強い。下記の記事を理解しているからです。

 

 

借金を繰り返してしまうなら、根っこに問題があります。私は無宗教ですが、ブッダは言いました。

ブッダ

木をノコギリで切り倒しても、その根っこが強力なら再びニョキニョキ生えてくる。それに似て、君の心に巣食った欠乏感があまりに強力な呪いであるがゆえ、一時的に落ち着いても根は生きているから、すぐにまたニョキニョキと伸び、苦しくなり、『足りなく』なる。

 

債務整理は『応急処置』、つまりここでいう『枝を切る作業』にすぎません。やるべきなのは、『根っこの改善』。それをするためには、任意整理を通してどうすればいいか、考えてみましょう。

 

借金

任意整理をしても借金体質が治らないなら、それは『癌がバンドエイドを貼っても治らない』ことを熟考すればおのずと答えが見えてくるよ!

ぴよぴよ(うーむ、深い)!

この章のまとめ
  • 債務整理は単なる応急処置にすぎない。

 

 

関連記事

  1. 自己破産すると携帯電話は解約になる?手元に残せる身の回りのものとは

  2. 親や身内の借金の支払い義務はあるか?保証人や相続のケースとは

  3. 個人再生・自己破産・特定調停は裁判所を介した債務整理!その裁判費用は?…

  4. 個人再生後に再生計画の支払いが遅れたらどうなる?

  5. 借金の督促電話や郵送による催促の対応方法の一つは、自己破産。

  6. 任意整理はアルバイトやパートでもできる?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)