借金

クレジットカードの支払いは任意整理できる?自己破産した方がいいケースとは

質問

クレジットカードの支払いは任意整理できる?

答え

できます。また、場合によっては任意整理以外の選択肢にも目を向けましょう。全ての債務整理が可能です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

クレジットカードの支払いは結局、借金の支払いだからね!借金の支払いなら債務整理ができるよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

クレジットカードは便利!だけど同時に危険!

クレジットカードというのは、とても便利です。しかし、便利だからこそついつい使い過ぎてしまうんですね。下記の記事を見て、クレジットカードについての基本的な知識を掴めましょう。

 

 

また、クレジットカードにはリボ払いという少し複雑な支払方法があります。一見すると便利でお手軽なのですが、実は安易に考えてしまうのは危険であり、リスクもあることを知りましょう。

 

 

また、クレジットカードを使ってキャッシングが出来ますね。

 

 

カードローンも利用できます。

 

 

このキャッシングやカードローンが便利なので、ついつい自分のお金のように安易に利用してしまうんですよね。クレジットカードを利用するということは、たとえそれが一時的であっても『借金』であるということを忘れてはいけません。

 

ましてやカードローンになると、モロに借金ですからね。ATMで簡単におろせるからといって安易に借りてしまうと、後悔する結果を生むことになるかもしれません。

 

 

にも書きましたが、そこに、

 

 

として、クレジットカードの保持枚数に関して言及しています。クレジットカードは、『借金量産カード』だと考えて、安易にその『借金の種』を持ち歩かないということが、何より自分から借金の問題を遠ざけるために重要なポイントとなります。

 

借金

クレジットカードは便利!だけど同時に危険!だね、本当に!でも今はクレジットカードがなきゃネット上で結構不便だもんね!買い物もろくにできないよ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • クレジットカードは便利!だけど同時に危険!
  • クレジットカードは、『借金量産カード』だと考えて、安易にその『借金の種』を持ち歩かない。

 

カードローンの支払いができなくなると

もし、それらカードローンの支払いができなくなるとどうなるでしょうか。下記の記事を見て、その知識を深めましょう。

 

 

後は、強制執行に至るまでに対処する考え方が必要です。下記の記事を見て、その対処法に関する知識を深めましょう。

 

 

強制執行に至る前に債務整理をする→滞納・債務整理をする前に返済する→そもそも安易に借金をしない

 

こうして考えていくと、この話で本当に重要なのは、『前始末』だということがわかります。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

債務整理や強制執行による差し押さえでの返済は、全て『後始末』です。そうなってからでは遅い。であるからして、

 

  • クレジットカードを安易に持たない
  • クレジットカードを無意味に多く持たない
  • 安易に借金をしない
  • 日ごろから家計簿・家計収支表を作成する

 

ということが求められるんですね。

 

 

 

借金

後始末ではなく、前始末をする。それが理解できれば、人間はもう半分成功したも同然だね!それくらい前始末というものは習得するのが難しく、だけど価値があることさ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • カードローンの支払いができなくなるとどうなるか確認する。
  • 本当に重要なのは、『前始末』。

 

債務整理をした方がいい場合は早めにしよう

 

さて、ここまでが本当に重要な根幹に訴えかけるお話でした。しかし、いざ怪我をして病院に担ぎ込まれたら、治療をするしかありません。もし、クレジットカードの支払いができずに返済が滞ってしまったら、債務整理を検討しましょう。債務整理には、

 

 

借金

 

とあります。そのうち、過払い請求は、もしその支払いに『払い過ぎた利息』があるのなら実行できる債務整理です。

 

それぞれの特徴はこうです。

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

特定調停

裁判所を通した任意整理。債務者自身ではなかなか進めにくい債権者との話し合いを、調停委員が間に入って債務整理をしていく手続き。『自己破産に近い状態の苦しい多重債務者を、破産させないでなるべく返す方向で再生させる』ことがこの制度の趣旨。任意整理同様、原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

個人再生

住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人に適している。借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある。返済は原則3年間の分割払い。整理する債権者は選べない。

 

自己破産

最低限の生活用品などを除いたすべての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じ、公平に返済をするよう、法的な力を借りて行う手続き。財産をほとんど失う代わりに、借金がいくらあってもそれを帳消しにできる。整理する債権者は選べない。

 

任意整理は下記の記事、

 

 

特定調停は下記の記事、

 

 

個人再生は下記の記事、

 

 

自己破産は下記の記事を見て、基礎知識を深めましょう。

 

 

それぞれが置かれている状況は全く異なりますので、債務整理をするといってもどれが一番適しているかはここでは明言できません。出来ることなら弁護士に依頼し、状況を的確に伝え、最適な選択肢を選ぶようにしましょう。それが一番無難であり、賢明です。

 

借金

債務整理をするなら早めがいいよ!早めに手を打っておけば何とかなっても、放っておいたらできなくなることもあるからね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • それぞれの債務整理を理解し、最適な判断をする。

 

 

関連記事

  1. 個人再生の書面決議で債権者に反対された場合の対処法とは?

  2. 消費者金融キャレントはこんな人にオススメ

  3. 自己破産したことがある人が再び自己破産することは可能か?(免責不許可事…

  4. 過払い金も過払い利息も税金がかからない?課税対象になるのはどっち?

  5. 過払い金返還請求の交渉の流れは?入金されるまでにかかる期間は?

  6. 自己破産で心身に影響を与えられないと、むしろまずい。

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)