借金

任意整理はアルバイトやパートでもできる?

質問

任意整理はアルバイトやパートでもできる?

答え

できます。しかし、『アルバイトで収入があるが、引っ越しの派遣のように、仕事が不定期である』場合は許可されない場合があります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

任意整理の条件は、毎月一定の収入があることだからね!収入が不安定な人は、受けられないかもしれないよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

任意整理はアルバイトやパートでもできる

借金

 

任意整理はアルバイトやパートでも出来るでしょうか。

 

答えは、Yesです。

 

 

にも書いた様に、任意整理というのは一定の収入があれば出来る可能性が高い債務整理です。

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

つまり、

 

  • 毎月一定の収入がある
  • 借金額が年収の1.5倍以内である
  • 3~5年の分割払いで返済していく

 

これが任意整理の基本的な条件です。ですから、アルバイトだろうがパートだろうが、毎月一定の収入があれば、任意整理が出来る可能性が高いと言えます。

 

借金

 

借金

アルバイトって言ってもばかにならないからね!正社員より稼いでいる人もいるわけだから!一概には言えないよ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 任意整理はアルバイトやパートでもできる。
  • 毎月一定の収入があれば、任意整理が出来る可能性が高い。

 

支払いができない場合は認められない

しかし当然、『毎月一定の収入があるが、借金額が年収の1.5倍以上である』場合はダメですね。上にある条件が基本的な条件です。

 

借金

 

また同じように、『アルバイトで収入があるが、引っ越しの派遣のように、仕事が不定期である』場合も許可されない場合がありますね。これは『毎月一定の収入ががある』状態とは言えません。

 

また逆に、『正社員でも収入がない、あるいは少ない』人は認められませんね。つまり、

 

  • 正社員だが収入が5万円
  • アルバイトだが収入が30万円

 

であった場合、後者だけが任意整理ができる、というイメージになります。

 

そして、『毎月一定の収入があり、借金額が年収の1.5倍以内である』場合であっても、『3~5年の分割払いで返済していく』ことができないのであれば、これも認められませんね。計算してみましょう。

 

  • 毎月15万円の収入がある
  • 借金額が100万円である

 

ここまではいいですね。この人の場合は年収が180万円ですから、100万円の借金は、年収の1.5倍以内であると言えます。そしてそれを、3年と5年で返済する計算をしていきましょう。

 

計算

100万円÷36ヵ月=27,777円

100万円÷60ヵ月=16,666円

 

ここに弁護士費用を分割払いで加えて、

 

  • 3年なら約3万円
  • 5年なら約2万円

 

という支払いを毎月出来るのであれば、任意整理は問題なく出来ることになります。

 

 

しかし、もしこの人が『ほかに絶対に支払わなければならないお金』があるとしたらどうでしょうか。例えば、自己破産における非免責権のようなものです。

 

自己破産

 

例えば、重大な事故や事件を起こして、多額の損害賠償金を支払わなければならない状況に陥っていたのであれば、これは話が変わってきますね。この場合は、自己破産をしても帳消しにならない支払いだということを考えると、『借金よりも優先するべき支払』であることが浮き彫りになります。

 

借金

 

それであれば、任意整理ではなく自己破産をして、せめて借金の方を帳消しにし、この非免責権の支払い義務だけを負っていく方向になるかもしれませんね。

 

 

借金

任意整理で整理できるのはあくまでも『借金』であって、『支払い義務』ではないからね!そう考えると、『支払い義務を払っていくために借金を整理する』っていう考え方をすればいいんだ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 『毎月一定の収入があるが、借金額が年収の1.5倍以上である』場合はダメ。
  • 『アルバイトで収入があるが、引っ越しの派遣のように、仕事が不定期である』場合も許可されない場合がある。
  • 『正社員でも収入がない、あるいは少ない』人はダメ。
  • 『借金よりも優先するべき支払』がある場合は、借金の方を帳消しにして支払い義務だけを負っていく。

 

もし支払えない場合は強制執行

また、

 

  • 毎月一定の収入がある
  • 借金額が年収の1.5倍以内である
  • 3~5年の分割払いで返済していく

 

これらの条件をすべてクリアしている場合であっても、途中で問題が起き、支払いができないとなった場合はどうでしょうか。任意整理というのは、下記の記事でも書いた様に、

 

 

和解書を作成し、それを債権者に納得してもらう必要があります。それで合意を得られれば、利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくことが可能になるわけです。それなのに、途中で仕事を失い、収入がなくなり、支払えなくなった場合はどうすればいいでしょうか。

 

任意整理の和解書には、

 

  • 分割払いを約束したのにもし支払いを怠ったら、一括請求に応じる
  • 分割払いを約束したのにもし支払いを怠ったら、損害遅延金の請求に応じる

 

という約束をしなければなりません。『期限の利益喪失』ですね。

期限の利益

債務者は、支払期日までに支払いを待ってもらう権利を持っている

 

債務者は、期限の利益によって分割払いで借りたお金を支払っていく権利が守られています。例えば、『3年で完済するなら、毎月○%の利息を乗せて、○円ずつ分割払いをしてください』と言われた場合、この債務者は、

 

  • 毎月○日まで最低限の支払いをすればいい
  • 完済は3年後でいい

 

という風に、返済を待ってもらう権利があります。本当は一括で払うのが原則ですから、その分、分割払いを許されているということですから、すでに『有難い状況』を得ているわけですね。

 

それなのに、その分割払いすら怠ったのであれば、これは二重の失態です。

 

  • 1.一括で払う必要がある
  • 2.それが出来ない場合は、分割払いで支払う必要がある

 

という状況の中、分割払いでも支払えないということですから、これは債務者は言い訳できません。強制的にでも支払ってもらわなければなくなってくるということなんですね。

 

借金

借金

 

ですから、任意整理の最低条件をすべてクリアしている場合であっても、途中で問題が起き、支払いができないとなった場合は、期限の利益喪失となり、一括返済を余儀なくされます。任意整理における強制執行については下記の記事に書来ました。

 

 

借金

強制執行には一括返済や給料の差し押さえ、担保の差し押さえ等、様々なものがあるよ!そうなりたくなければ支払いをきちっとすることだね!

ぴよぴよ(だね)!

この章のまとめ
  • もし支払えない場合は強制執行となる。

 

一括返済ができないとなれば最終的には自己破産

もしそれでどうしても一括返済ができないとなれば、最終的には自己破産しかありません。しかし、下記の記事でも書いた様に、

 

 

自殺するくらいなら夜逃げ、夜逃げするくらいなら自己破産をした方がよっぽどマシです。間違っても借金の問題なんかで命の無駄遣いをすることのないようにしてください。見るべきなのは以下の記事ですね。

 

 

むしろその窮地を、糧にするのが正解です。

 

借金

『自己破産しかない』と言ったって、別に自己破産をしたって死ぬわけじゃないからね!僕のすぐ近くの知り合いで36歳で自己破産した人もいるよ!選択肢があるだけ恵まれてるさ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 一括返済ができないとなれば最終的には自己破産しかない。
  • 自殺するくらいなら夜逃げ、夜逃げするくらいなら自己破産。

 

 

関連記事

  1. 利息制限法と出資法の金利の違いとは?違反すると行政処分を受ける?

  2. 特定調停で期限の利益喪失をすると一括請求を余儀なくされる?

  3. 特定調停をすれば強制執行を停止できるか?裁判所を通す債務整理

  4. 自己破産すると年金や生活保護はどうなる?銀行は利用できない?

  5. 任意整理は無職や無収入の人でもできる?

  6. 飲食店を運営していた人が、自己破産によって店をたたむときの影響とは

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)