借金

任意整理で強制執行は止められる?

質問

任意整理で強制執行は止められる?

答え

任意整理では強制執行は止められません。強制執行が止められるのは、特定調停と個人再生と自己破産です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

強制執行が止められるのは、特定調停と個人再生と自己破産!っていうことは、任意整理以外の債務整理ってことになるね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

強制執行とは債権者にとっての保険

まず、強制執行について考えてみましょう。以下で考えるのは債権者側から見た強制執行の存在。『お金を貸した人が借りた人からお金を返してもらえない場合、訴訟を起こして勝訴判決を貰ったのに、相手がお金を払ってくれない場合』です。

 

『金銭貸借の知識とQ&A』にはこうあります。

強制執行手続きは、勝訴判決を得たにもかかわらず相手方がお金支払ってくれなかった場合に、債権者の申し立てに基づいて、債務者に対する請求権を裁判所が強制的に実現する手続きです。

 

相手方が任意にお金を支払ってくれなかった場合、強制執行は極めて重要な手続きと言えます。

 

重要なのは、強制執行というのは債権者にとっての保険であり、これがなければ安心してお金を貸せないということなんですね。担保を取る融資もある中で、担保がないだけでも債務者としては有難いと思わなければなりません。

 

借金

借金

強制執行ができないとなると、債権者はお金を貸すことができなくなるよね!『お金が返せない』なんて、案外適当に言っているものだからね!物を売ってまでして返したくないだけ。

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 強制執行というのは債権者にとっての保険。

 

任意整理で強制執行は止められない

さて、そんな強制執行ですが、任意整理ではその強制執行は止められません。任意整理は裁判所を介さないで行える私的な整理であるところが、敷居が低く、手を出しやすい理由であり、それがメリットに挙げられるわけですが、

 

 

このケースで考えるなら、デメリットと言えそうです。債務整理には、

 

 

借金

 

とありますが、このうち強制執行を止められるのは裁判所を介す債務整理、

 

  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

 

になります。

 

借金

 

 

ちなみにこの強制執行というのは、債権者が取る手段のことですね。債務者が支払いを滞らせた場合、給料の4分の1を差し押さえられたりする等の、強制執行を執られます。

 

支払いを滞らせると、まず債権者から『支払督促』が来ます。支払督促が届いた場合、2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者の申し立てに基づいて仮執行宣言が発せられ、債権者によって強制執行が行われます。異議申し立てをすれば、異議の正当性を問わず支払督促は効果を失います。

 

借金

借金

借金

任意整理以外の債務整理の共通点は、『裁判所を介している』ということだね!特定調停で作成した調停調書や17条決定は、それだけで『債務名義』になるよ!

ぴよぴよ(債務名義=強制執行ができる公文書)!

この章のまとめ
  • 任意整理で強制執行は止められない。
  • 給料が4分の1だけが差し押さえらの対象。

 

問題なのは強制執行をかけられる状況を作った本人

しかし問題なのは、強制執行をかけられてしまった状況ですよね。債権者だって約束を守ればそんなことはしなかったはずです。ということは、そこにいるのは『約束を破った債務者』なわけですから、こうなってから騒ぐのではなく、なる前から対処する必要があります。読むべきなのは以下の記事です。

 

 

冒頭でも言った様に、強制執行は債権者にとっては有難い保険なのです。この保険があるから安心してお金を貸せるのであり、債務者もお金を借りれたということを忘れてはなりません。自分本位な視点に執着せず、債権者側の視点に立って考えることが求められるんですね。

 

強制執行の保険があるからこそ借りれたというのに、

 

なぜ強制執行なんてするんだ!

借金

 

と叫ぶ人を俯瞰で見た時に、違和感を覚えられるのであれば、そこにいるのは正常な考え方を持った人です。もし、そこで違和感を覚えられないのであれば、異常な考え方を持った人。つまり、『そうなってしまったこと(強制執行されたこと)』は、つじつまが合いますね。

 

異常な考え方を持っているからこそ、強制執行されるような状況に陥ったと考えるのが、正常な考え方です。見るべきなのは以下の記事ですね。

 

 

一度自分の心とじっくり向き合う時間を確保することが、何より大事です。強制執行を止める止めないは、正直二の次ですね。

 

借金

強制執行は嫌かもしれないけど、嫌ならなぜそれが遂行されるような状況を作ったのかっていうことになるよね!見るべき視点を一度外から内へ変えたほうがいいかもしれないね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 問題なのは強制執行をかけられる状況を作った本人。

 

任意整理ではすぐには強制執行はかけられない

さて、任意整理での強制執行と言えばもう一つ考えることがあります。

 

 

の記事に書きましたが、任意整理をして和解案を提出し、債権者がそれに合意をすれば無事に任意整理は成立するわけですが、もし債務者がその和解案の約束を破るようなことがあれば、一括返済をすることを求められてしまいます。

 

借金

借金

 

しかし、裁判所を介さない任意整理での和解書は、それだけでは『債務名義』とはならず、給料等の財産をすぐに差し押さえることはできません。

債務名義

強制執行によって実現されることが予定される請求権の存在、範囲、債権者、債務者を表示した公の文書。つまり、これがあれば強制執行できる。

 

借金

 

特定調停をして裁判所を介した場合は債務名義があるのですが、任意で行う任意整理は、この債務名義がないんですね。しかし、その和解書をもって訴訟を起こされれば、債務者は一括返済をすることを余儀なくされます。

 

念のため債務名義について『金銭貸借の知識とQ&A』からも引用しましょう。

債務名義とは

現代社会では、私法上の請求権を実現するために、実力を用いて自力救済することは認められていません。そこで、法的な手続きにより、国家権力をもって強制的に実現するしかありません。それが『強制執行』の手続きです。

 

『債務名義』とは、少し難しいですが『国家の強制力によって実現されるべき請求権の存在および範囲を確定表示し、法律により執行力を付与された公の文書』のことで、判決書等、強制執行を作動させることができる文書の総称です。

 

国家権力を用いる以上、実現する請求権の存在や範囲は確たるものでなくてはいけません。その裏付けとなるものが『債務名義』なのです。債務名義となるものには、判決書、裁判上の和解調書、調停調書、失効受諾文言のついた公正証書などがあります。

 

ですから、せっかく弁護士を雇って和解書を作り、債権者を納得させて任意整理を行ったわけですから、強制執行になるような事態は避けなければなりません。

 

借金

特定調停の債務名義についてはさっき説明したね!任意整理の場合はまだお互いの任意での和解だから、債務名義は用意されていないんだ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 任意整理ではすぐには強制執行はかけられない。
  • 特定調停をして裁判所を介した場合は債務名義がある。

 

 

関連記事

  1. 無計画な借金をすると危険!最悪の場合は自己破産も!?

  2. 取締役全員の意見が一致しなければ自己破産はできない?準自己破産とは

  3. 任意整理で利息を免除してもらうための算出方法

  4. ブラック融資可能な金融機関は違法?どうして貸してくれるの?

  5. 弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

  6. 借金の督促電話や郵送による催促の対応方法の一つは、自己破産。

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)