借金

任意整理ができない債務者とは返済能力がない人!その他の理由+5

質問

任意整理ができない債務者ってどんな人?

答え

  • 1:最低3年間支払いができない人は任意整理ができない
  • 2:保証人付債務・自動車ローン・住宅ローンの場合
  • 3:債権者が素人の場合
  • 4:司法書士に依頼した場合
  • 5:一度も返済していない場合
  • 6:借入期間が短い場合
  • 7:給料を差し押さえられている場合

等が挙げられます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

任意整理ができない債務者はどんな人がいるのか説明していくよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

最低3年間支払いができない人は任意整理ができない

 

でも書いた様に、任意整理が出来る人は、限られています。

 

まずは、任意整理の特徴を見てみましょう。

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

既にこの時点で、この最低条件に当てはまらない場合は任意整理は向いていないことになりますね。給料がなかったり、年収300万円の人が500万円の借金をしていた場合は、任意整理は出来ないことになります。

 

借金

 

また、任意整理では元金は減らせませんから、元金が大きければ大きいほど支払いは困難ですね。例えば下記の計算を見てみましょう。

 

  • 3年の場合

計算

100万円÷36ヵ月=27,777円

500万円÷36ヵ月=138,888円

1,000万円÷36ヵ月=277,777円

 

  • 5年の場合

計算

100万円÷60ヵ月=16,666円

500万円÷60ヵ月=83,333円

1,000万円÷60ヵ月=166,666円

 

もし500万円ほどの金額であれば、月々8.3万円の支払いを5年続けるわけですからね。

 

また、それはあくまでも返済のみです。そこに弁護士費用が加算されます。もし弁護士費用が分割払いに対応しているとした場合でも、例えば業者一件につき4万円で、10社整理した場合は40万円。

 

計算

40万円÷60ヵ月=6,666円

8.3万円+6,600円=約9万円

 

およそ9万円の支払いをこの借金の整理の問題だけに支払う期間が、5年間も続くわけですからね。これは結構厳しいですね。ですから、任意整理をしたとしても途中で支払いができず、自己破産してしまう人もいるわけです。債務者の債務状況や額によって最適な債務整理は異なってくるということですね。

 

借金

 

借金

任意整理は支払いをしていく債務整理だよ!だからまず、返済計画を立ててそれが可能であると判断した場合のみ、任意整理は可能になるってことだね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 最低3年間支払いができない人は任意整理ができない。

 

保証人付債務・自動車ローン・住宅ローンの場合

また、

 

  • 保証人がついている債務
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン

 

についても任意整理できない、あるいはしない方がいいと判断できます。保証人がついている場合は、任意整理をすると保証人に支払い義務が移ってしまいます。

 

借金

 

 

この記事にも書いた様に、任意整理でカットされた利息が連帯保証人に請求されてしまうんですね。また、自動車ローンの場合は所有権留保の為に自動車を引き揚げられ、住宅ローンの場合は抵当権の為に持ち家を引き揚げられます。詳しくは記事をご覧ください。

 

借金

 

借金

保証人、自動車ローン、住宅ローン。これらを整理しちゃうと担保物件を引き揚げられたり、保証人であれば、支払い義務がそっちに回っちゃうしで、ダメージを負っちゃうんだね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 任意整理でカットされた利息は連帯保証人に請求されてしまう。
  • 自動車ローンの場合は所有権留保の為に自動車を引き揚げられる。
  • 住宅ローンの場合は抵当権の為に持ち家を引き揚げられる。

 

債権者が素人の場合

また、任意整理というのは『業者以外の債権者』にも行うことがあります。知人や取引先などがそうですが、その人たちは『素人』だということができます。その場合は、経験値の少ない素人のことですから、任意整理を受け入れられないという人がいるかもしれません。

 

借金

 

そうなると話が難航しますね。裁判所を介さない任意整理は、あくまでも『任意』で行う、つまり話し合いで解決する債務整理なので、場合によってはこうした個人であり素人の方が話が滞ってしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、それは単純に『無知だから』ですね。プロである業者側も、任意整理を突っぱねることはもちろんあります。それは各記事に書いたとおりです。しかし彼らは、

 

任意整理を突っぱねて、個人再生や自己破産をされたらたまったものではない。

 

と考えているので、知識があるがゆえに、きちんと交渉をすれば、ほとんどの確率で任意整理の合意を得られることがほとんどです。しかし、素人はこの知識を知りませんから、プロよりも更に突っぱねて来るかもしれない、ということですね。

 

まあでもそれは、淡々と弁護士がその知識を与えてあげれば、業者と同じように、

 

任意整理を突っぱねて、個人再生や自己破産をされたらたまったものではない。

借金

 

と考えますから一時のことですね。また、冷静に考えて、知人が業者よりもがめつく、

 

任意整理をして、元金だけしか返ってこないなんて理不尽だ!

 

と思うことはあまりないので、そこまで心配する必要はないかもしれませんね。

 

借金

素人は一言、無知だからね!沼地に飛び込んでも、『底が浅い』と知っている人は動じないけど、『底が深いかもしれない』と思っている人は、ジタバタとあがくよね!

ぴよぴよ(そういうイメージっす)!

この章のまとめ
  • 場合によっては個人であり素人の方が話が滞ってしまう。

 

司法書士に依頼した場合

また、『140万円超の借金の債務整理を司法書士に依頼してしまった』という状況があれば、それも任意整理を断られる状況と言えます。

 

借金

 

 

も書いた様に、自己破産件数がピークとなった2002年に、司法書士法改正により『認定司法書士制度』が開始されました。この制度によって、債務整理に関する請求額が140万円までの民事事件について、司法書士が民事訴訟の代理人を務めることができるようになりました。

 

自己破産

 

しかし、『140万円まで』です。ですから、それを超える債務額がある場合に『司法書士に任意整理を依頼』しても、断られてしまいますね。

 

 

借金

司法書士はそもそもその認定司法書士制度の前は、もっと制限があったわけだね!それを考えると、むしろこのあたりは喜ばしいことだね!

ぴよぴよ(司法書士には限界があるっす)!

この章のまとめ
  • 140万円超の借金の債務整理を司法書士に依頼することはできない。

 

一度も返済していない場合

また、任意整理が断られる理由としては、『一度も返済をしていない』場合もそれに該当します。これは自己破産の記事にも書きましたが

 

 

自己破産においても『一度も返済をしていない』場合でも一応は自己破産は出来ますが、場合によっては詐欺破産罪として扱われ、最悪の場合は逮捕され、10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金ということになります。

 

自己破産

借金

任意整理も自己破産も、一度も返済をしていないとなると、(最初から債務整理をする目的で借りたのか?)と疑われ、場合によっては詐欺とみなされるから注意が必要だよ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 『一度も返済をしていない』状況で自己破産をすると、場合によっては詐欺破産罪となる。

 

借入期間が短い場合

また、記事にも書いた様に、借入期間が長ければ、『多くの利息を払っている』ということで、そこから元金を減らしてもらうような交渉をすることができますが、任意整理の場合、借入期間が短い場合は、相手に大して利息も払っていないので、大きな減額が出来ないので、あまり意味がないんですね。

 

ですから、最低でも一度は返済しているような状況がなければ、手続きはスムーズに行われないかもしれません。

 

借金

大きな減額ができないといっても、将来利息をカットできることを考えると、その分に対する意味はあるからね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 借入期間が短い場合は相手に対して利息も払っていないので、大きな減額が出来ない。

 

給料を差し押さえられている場合

また、給料を差し押さえられている状況でも、任意整理ができない可能性があります。債権者は給料を差し押さえているので、

 

任意整理をするよりもそのまま給料を差し押さえた方が確実に回収できる。

 

と考えるわけですね。これは自動車ローンや住宅ローンの場合と同じ考え方ですね。

 

  • 自動車ローン=所有権留保
  • 住宅ローン=抵当権

 

借金

 

ということで、これを任意整理するとローン会社はこれらの担保物件を引き揚げ、売却してお金に換え、返済金に充てようとします。ですから、これらのローンは任意整理の対象から外すわけですね。

 

 

同じように、給料を差し押さえられている場合も同じ考え方でその担保となる給料から返済金を捻出しようとします。自分が債権者だったらそうしますよね。

 

このようにして、任意整理ができない、やめた方がいいケースとは、

 

返済能力がない

任意整理をして利息をカットし、その後元金の支払いをしていくとしても、それを支払う能力がない

 

債務額が大きい

個人再生、自己破産等、違う債務整理が適している

 

担保を押さえられている

自動車ローン、住宅ローン、給料差押え等、担保を押さえられている為、それを任意整理すると担保物件を引き揚げられるか、あるいは任意整理を拒絶される可能性がある

 

債権者が非協力的である

『任意』と名がつくように、相手の考え方があまりにも歪んでいたり、切羽詰まっていた場合、交渉は難しい

 

債務者が一度も返済をしていない

自己破産ではそれが『詐欺破産罪』として扱われることもあるが、一度も返済していないと状態での任意整理は合理を得られにくい。かつ、任意整理の場合は期間が短ければ、多くの利息を払っていないので、あまり意味はない。(将来利息のカットは出来る)

 

債務者が弁護士に非協力的である

債務者が弁護士に故意に嘘をついたり、あるいはそうじゃなくても全てを説明しなければ、後々それが大きな問題となり、交渉が難航する可能性がある。

 

司法書士に依頼した

140万円超の借金の債務整理を司法書士に依頼することはできない。

 

ということになります。

 

借金

給料を差し押さえていれば、債権者はそこからお金を回収すればいいからね!わざわざ任意整理に応じないでもいいってことさ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 給料を差し押さえられている状況でも、任意整理ができない可能性がある。

 

 

関連記事

  1. 過払い金返還請求の交渉の流れは?入金されるまでにかかる期間は?

  2. プロミスの融資は便利だからこそ注意が必要

  3. 個人再生に必要な書類、提出書類一覧

  4. 自己破産をする決意をした経緯は、人によって違う。

  5. 借金がある人の結婚。借金を整理するのは結婚をする前?後?どっちがいい?…

  6. パスポート申請料金の詳細や、取得手順、注意事項について

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)