借金

住宅ローンを任意整理の対象から外すことはできる?

質問

住宅ローンを任意整理の対象から外すことはできる?

答え

できます。対象から外さないと、担保である住宅が引き揚げられることになりますので、それを阻止したい方は住宅ローンを任意整理の対象から外すことが推奨されます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

任意整理の特徴は、整理する対象を選べるってことだからね!なるべく自分にとって都合が悪い状況を避けるように、ある程度工夫することができるよ!くわしく

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

住宅ローンを対象から外さないと持ち家を処分される

持ち家を処分されたら困りますよね。住宅ローンを任意整理すると、抵当権によって持ち家を処分されてしまうことになります。

 

借金

 

しかし、任意整理では、住宅ローンを対象から外すことができます。

 

 

にも書いた様に、自己破産の場合になると、そういうことが出来ません。借金の一部だけを免除にしてもらうことはできないんですね。もし自己破産をすることになれば、

 

  • 換価20万円以下の財産
  • 99万円以下の現金
  • 生活に必要最低限の家財道具

 

借金

 

これ以外の財産は、破産管財人によって全て処分され、お金に換えられて債権者に平等に配当されます。当然、車も持ち家もその対象ですね。

 

ただし、それは任意整理をした場合も同じことです。住宅ローンを任意整理しようとすると、抵当権者であるローン会社が住宅、つまり持ち家を引き揚げ、競売にかけてお金に換え、処分してそのお金を返済額に充てることができます。そもそも、そういう約束でお金を貸していたわけですからね。

 

この持ち家を担保にして、お金を借ります。

 

と約束して借りていたわけですから当然です。それはつまり、

 

もし返済が滞ったら、この家を売ってお金に換えて、返済します。

 

と約束したのと同じですからね。

 

借金

自己破産でも任意整理でも、住宅ローンを整理してしまうと、担保権者はその権利を行使して、住宅を売ってしまうんだね!そうすればきちんと貸した分のお金を取り返せるからね!

ぴよぴよ(そういう約束、それが担保っす)!

この章のまとめ
  • 住宅ローンを対象から外さないと持ち家を処分される。

 

任意整理では住宅ローンを対象から外すことができる

しかし自己破産と違って『住宅ローンを整理の対象外にする』ということができるのが任意整理です。整理の対象外にすれば、住宅ローンはそのまま元の約束通りに返済していくことになりますので、『滞った』という状態ではないので、持ち家を処分されることはないんですね。

 

借金

借金

 

ですから、住宅ローンや自動車ローン等、担保物件を引き揚げられたら生活が困窮するような債務以外を整理の対象とすれば、その他の債務が楽になることで、それらの債務への返済が少し楽になるということですね。

 

ちなみに、住宅ローンを任意整理で減額することについては、弁護士が下記の本にこう記載してあります。

 

住宅ローンも任意整理で減額することができますか?

 

原則として、住宅ローンの任意整理は出来ません。この場合は本人が直接、住宅金融公庫や銀行に返済計画の見直しを提案すれば、見直してくれることが多いようですので、ぜひ相談してみてください。その他、住宅ローンをこのまま支払い続けながら、その他の借金を大幅に圧縮することができる民事再生の手続きを取ることも考えられます。

 

弁護士は住宅ローンを任意整理するのではなく、個人再生で整理することをすすめています。ここで、任意整理と個人再生の特徴を見てみましょう。

 

借金

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

個人再生

住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人に適している。借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある。返済は原則3年間の分割払い。整理する債権者は選べない。

 

個人再生の部分に、『不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人』とありますね。個人再生の『住宅ローン特則』という制度を利用することで住宅ローンを個人再生の対象から外し、そのままにすることができます。

 

借金

 

個人再生は、借金を5分の1程度まで減らすことが出来ます。

 

具体的に:
住宅ローンを除く借金総額が5000万円を超えない個人再生の場合の返済額についての下限額は、以下のとおりである。

 

  • 債務総額が100万円未満の場合:債務総額
  • 債務総額が100万円以上500万円以下の場合:100万円
  • 債務総額が500万円を超え1500万円以下の場合:5分の1
  • 債務総額が1500万円を超え3000万円以下の場合:10分の1

 

返済しなければならない金額

100万円未満 100万円以上500万円以下 500万円を超え1500万円以下 1500万円を超え3000万円以下
債務総額 ¥100万 5分の1 10分の1

 

つまり、任意整理も個人再生も、結局『住宅ローンを整理の対象から外す』ことが条件となるわけです。しかし、個人再生の方が『住宅ローン以外の債務』を大幅に減らすことができ、結果として住宅ローンの支払いが楽になるということなんですね。

 

 

借金

住宅を守ることができれば、そこで暮らして働いて、お金を稼ぐことができるからね!債権者としてもお金を返してもらいたいもんね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 任意整理では住宅ローンを対象から外すことができる。
  • 個人再生の『住宅ローン特則』を利用すれば住宅を守ることができる。
  • 任意整理も個人再生も、結局『住宅ローンを整理の対象から外す』ことが条件。

 

裁判所を介する債務整理は官報に掲載される

個人再生は裁判所を介し、任意整理は介しません。自己破産もそうですが、裁判所を介すると政府発行の官報にその情報が記載されますので、それは覚悟しなければなりません。

 

ただし、官報なんて普通の人は存在自体を知らない場合が多いので、知り合いに知られるということはまずないですね。

 

借金

 

闇金融が電話をかけて来るリスクはありますけどね。闇金融業者にとって官報は『営業リスト』のようなものですから。一度借金で事故を起こしたような人は、健全な生活を送っている人よりもお金にルーズだと思われて、狙われるんですね。

 

しかし、個人再生で減額される額のことを考えたら、 これくらいのことは覚悟しなければなりません。『住宅ローン特則』で住宅を残して、他の債務も大幅に減らすことができるわけですからね。

 

 

借金

任意整理は官報には記載されないからね!特定調停も、裁判所を介した債務整理だけど、官報に掲載されないんだ!だから個人再生と自己破産ってことだね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 裁判所を介する債務整理は官報に掲載される。
  • 普通の人は官報の存在自体を知らない。
  • 官報に載ると闇金融が電話をかけて来るリスクはある。

 

 

関連記事

  1. 借金を考えているのならモビットがオススメ

  2. 借金の督促電話や郵送による催促の対応方法の一つは、自己破産。

  3. 借金の悩みを相談できる公的機関って、どういうものがある?

  4. 自己破産する時は債権者一覧表に要注意!記載漏れがないようにしよう!

  5. 融資を申し込んだだけで履歴に残る?途中で取り下げた場合は?

  6. 借金の時効期間の経過によって未払い金の支払義務がなくなるのは本当?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)