借金

個人再生をすると連帯保証人はどうなる?同じように借金は減額される?

質問

個人再生をすると連帯保証人はどうなる?同じように借金は減額される?

答え

債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残ります。基本的に、任意整理、特定調停、自己破産、どの債務整理でも主債務者が債務整理をしても、保証人の責任は何ら変わることはないので注意が必要です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

どの債務整理をしても、保証人の責任は何ら変わらないんだね!しかも連帯保証人は、ほぼ債務者に等しいから、注意が必要だよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残る

まず、個人再生における基本的な知識は、下記の記事でご覧ください。

 

 

借金を大幅に減額できるのが個人再生のメリットですね。

 

更に特徴を書いておきましょう。

個人再生

住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人に適している。借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある。返済は原則3年間の分割払い。整理する債権者は選べない。

 

これが個人再生です。

 

では、借金を大幅に減額できるのはいいですが、保証人や連帯保証人がいる場合、その人たちの支払い義務についてはどうなるのでしょうか。

 

借金

 

個人再生における連帯保証人の支払い義務に関しては、下記の記事にも書きましたが、

 

 

債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残ります。それは自己破産や任意整理でも同じことですね。

 

 

連帯保証人が付いている借金の場合、任意整理でカットされた利息が連帯保証人に請求されてしまいますので、そうした債権は任意整理の対象から外す、という考えた方が常識となります。

 

借金

 

借金

保証人でも連帯保証人でも同じだよ!特に連帯保証人はほぼ債務者に等しいから注意が必要だよ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 債務者が個人再生をしても連帯保証人には支払い義務が残る。

 

保証人も同時に個人再生をする必要がある

『あなたを借金返済から解放する方法』にはこうあります。

民事再生では、保証人にどのような影響がありますか?

 

申し立ての借金が減ったとしても、保証人の支払い義務は変わりません。この場合は、保証人の方にしっかりと説明し、保証人の方も民事再生またはその他の債務整理を考える必要があります。ただし、住宅ローンの保証人には民事再生の効力が及ぶとされているため、保証人に迷惑をかけることはないでしょう。

 

ですから、保証人も同時に個人再生をする必要があるということですね。これは自己破産の場合においても同じことが言えます。自己破産の場合も、債務者が自己破産をして借金を帳消しにすることができても、連帯保証人の支払い義務は残りますので、そちらに督促が行ってしまいます。

 

ですから、自己破産をする前には必ず保証人と話し合いをすることが求められます。場合によっては、保証人も同時に自己破産をすることが求められるんですね。これが個人再生でも同じことだということです。

 

借金

借金

保証人も同時に個人再生をする必要があるなんて、保証人になった人は考えていなかったんじゃないかな!借金の保証人になったらそれくらいのことをしなければならないんだね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 保証人も同時に個人再生をする必要がある。

 

連帯保証人は債務者とほぼ同じ立場にある人

任意整理や特定調停の場合は上記にも書いた様に『対象から外す』ということができますから、保証人のついた債務を整理の対象から外せば、そうした問題を避けることができます。しかし個人再生と自己破産は債務整理する対象を選べません。従って、その様な流れをしっかりと把握しておく必要があるということですね。

 

  • 任意整理=債務整理する対象を選べる
  • 特定調停=債務整理する対象を選べる
  • 個人再生=債務整理する対象を選べない
  • 自己破産=債務整理する対象を選べない

 

普通、個人再生等の債務整理をするとなった場合、貸金業者との契約を違反する形となってしまいます。それによって『期限の利益が喪失』しているため、契約上は連帯保証人は保証債務の履行義務として、借金の残額の一括返済を請求されることになります。

 

借金

借金

 

期限の利益
債務者は、支払期日までに支払いを待ってもらう権利を持っている

 

期限の利益が喪失すると一括請求を受けるということは、その他の債務整理でも同じことです。例えば任意整理であれば、下記の記事に書きました。

 

 

借金というのは本来は一括で返済するものですからね。その上で分割払いという特例を認めてもらっているわけです。分割払いをきちんと約束通りしている以上は『期限の利益』を守られることになりますが、その約束を破ればこの期限の利益は喪失することになり、それはつまり一括返済を余儀なくされることを意味します。

 

保証人においても同じことですね。特に連帯保証人は債務者とほぼ同じ立場にある人ですから、もし債務者が個人再生等の債務整理で『約束を破る』行為をすると、法律上は確かに債務者には請求は出来なくなりますが、保証人への請求権利は消えていないわけです。

 

ですから、保証人は借金の残額を一括請求されても文句は言えません。

 

民事再生法第177条にはこうあります。

再生計画は、再生債務者、すべての再生債権者及び再生のために債務を負担し、又は担保を提供する者のために、かつ、それらの者に対して効力を有する。

 

2  再生計画は、別除権者が有する第五十三条第一項に規定する担保権、再生債権者が再生債務者の保証人その他再生債務者と共に債務を負担する者に対して有する権利及び再生債務者以外の者が再生債権者のために提供した担保に影響を及ぼさない。

 

法律でしっかりとこう定められているんですね。ですから、保証人も債務者と一緒に債務整理をする必要があるということです。

 

借金

連帯保証人はほぼ債務者と同じだから、債務者ではなく連帯保証人の方にいきなり請求が来ても、それを断ることはできないよ!保証人だけなら断れるけどね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 連帯保証人は債務者とほぼ同じ立場にある人。

 

保証人が同時に債務整理をしない場合

しかし、もし保証人が同時に債務整理をしないという場合で、返済を請け負うということになった場合、どうしたらいいでしょうか。その場合、必ず一括返済に従わなければならないのでしょうか。

 

いや、実際には、債務者が元々支払っていた返済方法を引き継ぐ、という考え方が採用されることがあります。債権者としてもそれなら文句はありませんから、交渉次第でその返済方法で和解することができる場合があります。

 

借金

 

しかしその場合、債務者本人が個人再生をするわけですから、返済額は減額出来ても、支払いは行われますよね。例で考えてみましょう。

 

  • A(債務者):500万円を借金
  • B(保証人):債務者が支払を怠ると返済する義務を負う

 

という状況があった場合、Aが100万円を支払った段階で、個人再生をします。すると、

 

計算

500万円-100万円=400万円

 

で、残債務は400万円になりますね。この返済額が、個人再生によって減額され、100万円になったとします。

 

  • 400万円→個人再生→→100万円

 

で、残債務は100万円になりますね。債務者は100万円を原則3年で支払っていくことになります。しかし、連帯保証人がいる場合は連帯保証人の支払い義務は残ります。つまり、

 

  • A(債務者):100万円を3年で支払う
  • B(保証人):400万円を支払う

 

ということになります。ここで間違えてはならないのは、連帯保証人は『本来債務者が支払うはずだった400万円を支払う必要がある』ということです。ですから、この場合における連帯保証人の支払うべき金額は、300万円ではないんですね。

 

ただし、債務者本人が100万円を支払いますから、過払いになってはいけません。従って、実際には連帯保証人は300万円しか払いません。あくまでも『400万円を支払うつもりで分割払いしていく』という考え方になります。

 

つまり、二人の支払う額が400万円に達した段階で、この債務は消滅するということになるわけですね。

 

借金

債務者本人が100万円で、連帯保証人は300万円も支払うんだから、もうこれは連帯保証人も個人再生をしたほうがいいね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 保証人が同時に債務整理をしない場合は、債務者が元々支払っていた返済方法を引き継ぐ、という考え方が採用されることがある。
  • 保証人が同時に債務整理をしないと、多額のお金を支払う必要が出てくる。

 

連帯保証人には求償権がある

ただ、この場合において懸念されるのは、『債務者が100万円を支払っていない段階で、400万円の支払いが終わってしまう』ということです。つまり、連帯保証人の方が多く支払ってしまう状態ですね。こういうケースもあります。

 

しかし、やはりそれは債務者本人が100万円を支払うべきだという社会通念上の常識があり、保証人の求償権にあてられ、多めに支払った額を債務者に請求できることがあります。それで結局債務者は、100万円を支払う形で終わるわけですね。

 

もう一度まとめると、

 

  • A(債務者):70万円支払った
  • B(保証人):330万円を支払った

 

これで400万円が完済したが、債務者が約束の100万円を支払っていないため、連帯保証人は多めに支払った30万円を、債務者に請求できる、ということですね。

 

借金

 

 

借金

借金

求償権によって一応こうした微調整はできるけどね!でも結局連帯保証人の方が多額の借金を支払うっておかしいね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 連帯保証人には求償権がある。

 

個人再生をした主債務者の権利は守られる

そもそも債務者が100万円で、連帯保証人が300万円の時点で既に不公平な気がしますが。まあ、状況は色々ありますからね。こうした考え方もあるということです。

 

ただ逆に言うと、この場合における求償権では連帯保証人は債務者に30万円以上の請求ができません。あくまでも、債務者が個人再生をして、

 

  • 400万円→100万円

 

に減額された、という事実を尊重する必要があるからです。ですから、一度このような事態に発展したら、債務者は100万円以上支払う必要がありません。債権者、連帯保証人含めて、『全部で100万円』の支払いだけをすればいいのです。

 

何で俺が300万円で、お前が100万円なんだ。お前ももう100万円くらい払えよ。

借金

 

という意見は通らないのです。そうすると債務者は合計で200万円支払うことになりますからね。ですから、たとえ連帯保証人が債権者からの一括請求に応じ、400万円支払ったとしても、債務者に請求できるのは100万円だけです。

 

もう一度言いますが、債務者は100万円以上支払う必要がありません。債権者、連帯保証人含めて、『全部で100万円』の支払いだけをすればいいのです。

 

ですから、こうした結果が不公平だと思うのであれば、保証人も一緒に債務整理をする必要があるということですね。それが一番公平な結果に繋がることになります。

 

借金

 

借金

完全に不公平でしょ!だけどまあ、人それぞれで状況は違うからね!とにかくこれを覚えておこう!

ぴよぴよ(おこう)!

この章のまとめ
  • 個人再生をした主債務者の権利は守られる。
  • こうした結果が不公平だと思うのであれば、保証人も一緒に債務整理をする必要がある。

 

安易に保証人になるべきではない

もっとも、

 

俺は保証人で、実際に借りてないんだから結局これでも不公平だよ。

 

と思うのであれば、最初から安易に保証人になるべきではなかったということですね。読むべきなのは以下の記事です。

 

 

お金の問題で家族の関係ですら壊れるのが現実です。それは社会人として知っていなければならない最低限の知識だったはずですね。

 

借金

保証人というのは安易になるものではないね!なんか日本人は特に頼まれたらNoと言いづらい性質を持っていて、アメリカ人とかだったらハッキリしてるよね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 安易に保証人になるべきではない。

 

 

関連記事

  1. 無料で借金の相談が出来る主な6つの相談窓口

  2. プロミスの融資は便利だからこそ注意が必要

  3. 自己破産をしてもペットは飼えるのか?家畜とペットの違いとは

  4. 任意整理ができない場合はどうしたらいい?貸金業者との和解について

  5. 個人再生におけるハードシップ免責とは?

  6. 自己破産を回避する方法とは?その他の選択肢をチェック!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)