借金

個人再生手続きの流れ(弁護士に委任し個人再生委員を選任する)

質問

個人再生手続きの流れを教えて!

答え

  • 1.弁護士に委任
  • 2.弁護士から債権者へ受任通知の発送

取り立ての停止

 

  • 3.裁判所へ申立  個人再生委員の選任・面談
  • 4.開始決定
  • 5.債務の届け出・調査・確定
  • 6.再生計画案提出
  • 7.再生計画案決議

小規模個人再生or給与所得者等再生手続き

 

  • 8.再生計画案の認可・決定
  • 9.再生計画に基づいて返済開始(3~5年で返済していく)

 

という流れになります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

個人再生の流れを簡潔にまとめてみたよ!その方が分かりやすいからね!詳しいことは下記で説明するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

個人再生手続きの流れ

個人再生手続きの流れを簡潔にまとめます。このページではあれこれと複雑に書くよりも、簡潔に書いた方がいいはずです。またここでは、弁護士に依頼する場合で考えてみます。

 

借金

 

  • 1.弁護士に委任
  • 2.弁護士から債権者へ受任通知の発送

取り立ての停止

 

  • 3.裁判所へ申立  個人再生委員の選任・面談
  • 4.開始決定
  • 5.債務の届け出・調査・確定
  • 6.再生計画案提出
  • 7.再生計画案決議

小規模個人再生or給与所得者等再生手続き

 

  • 8.再生計画案の認可・決定
  • 9.再生計画に基づいて返済開始(3~5年で返済していく)

 

 

これで終わりです。こうしてみるとわかりやすいですね。

 

借金

 

借金

これで大体の流れは一発でわかるはずだよ!後の細かい動きはあるけどね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 個人再生手続きの流れを確認する。

 

流れを更に説明すると

1.弁護士に委任

まずは弁護士や司法書士に依頼することから始まります。自分でやっても問題ありませんが、個人再生は手続きが複雑なので、弁護士等に依頼した方が無難だと言えるでしょう。その代り報酬代も高くなりますが、それは仕方ないかもしれません。時間も費用もかかるのが個人再生ですからね。

 

借金

 

その代わり、メリットもあるわけです。借金を大幅に減額できるわけですから、結果的には支払う額は個人再生をする前よりも安くなるケースがほとんどです。

 

 

2.弁護士から債権者へ受任通知の発送(取り立ての停止)

受任通知を発送すると、債権者はもう取り立てや督促をすることはできなくなります。それでもそれが行われた場合は違法行為ですので、訴えることができます。また、これに関しては個人再生だけではなく、任意整理や自己破産といった債務整理でも同じことですね。

 

借金

 

 

3.裁判所へ申立(個人再生委員の選任・面談)

個人再生委員がどのようにして選任されるかは、下記の記事と合わせて考えていきましょう。

 

 

大阪地裁や横浜地裁は弁護士に依頼した場合には、個人再生委員が選任されませんが、基本的には個人再生委員は自己破産における『破産管財人』のような立ち位置に居る人であり、『いたほうがいい人』ということになります。

 

4.開始決定

上記記事でも書いた様に、個人再生委員は、通常は申し立てがあったその日のうちに裁判所から選任されます。そして、その日から3週間以内に、個人再生委員は裁判所に『再生手続きを開始していいかどうか』についての意見書を提出します。

 

申し立てから開始決定が行われるまでの間に、個人再生委員と債務者とが面談を行う等して、結果的に一か月ほどかかることになります。その間にたっぷりと調査をして、個人再生が適しているかどうかを判断するわけですね。

 

5~7.債務の届け出・調査・確定、再生計画案提出 、再生計画案決議(小規模個人再生・給与所得者等再生手続き)

その後、この様な手順で手続きが進んでいきます。そして、

 

  • 小規模個人再生
  • 給与所得者等再生手続き

 

のどちらで進めるかを決めます。再生計画に問題がなければ手続きがそのまま進んでいきます。しかし、下記の記事に書いた様に、

 

 

問題のある再生計画の場合、それが不認可となることがあります。

 

8.再生計画案の認可・決定

再生計画案に問題がなければ、計画は認可されます。その後、

 

 

にも書いた様に、個人再生委員との履行テスト(履行可能性テスト)を6ヵ月間行い、支払いが本当に出来るかどうかチェックします。

 

借金

 

9.再生計画に基づいて返済開始(3~5年で返済していく)

全てに滞りがなければ、再生計画案に基づいて返済を開始します。原則としては、任意整理同様3~5年で返済していくことになります。そもそもそのような支払い計画でなければ債権者が納得せず、再生計画案として通ることはありません。

 

これが流れの詳細です。後の細かい点は他のページで突き詰めて考えるのが最善です。

 

借金

流れをこうして簡潔にまとめて把握して、後のそれぞれの具体的な部分はまた別で調べていくのがいいよ!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 個人再生は手続きが複雑なので、弁護士等に依頼した方が無難。
  • 受任通知を発送すると、債権者はもう取り立てや督促をすることはできない。
  • 大阪地裁や横浜地裁は弁護士に依頼した場合には、個人再生委員が選任されない。
  • 個人再生委員との履行テスト(履行可能性テスト)を6ヵ月間行い、支払いが本当に出来るかどうかチェックする。
  • 原則としては、任意整理同様3~5年で返済していく。

 

 

関連記事

  1. 自己破産手続きで考えられる弁護士とのトラブルとは?

  2. 借金における自転車操業の最善の解決策は、本当に自己破産?

  3. 自己破産によって会社をリストラされることはないが、借金があると…

  4. 特定調停後にローン(支払い)の繰り上げ返済は可能?

  5. 任意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合の費用の相場とは

  6. 無料で借金の相談が出来る主な6つの相談窓口

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)