借金

連帯保証人は過払い金の返還を請求できる?『支払った本人』だけが請求できる?

質問

連帯保証人は過払い金の返還を請求できる?それとも『支払った本人』だけが請求できる?

答え

債務者とほぼ同じ責任にある連帯保証人は、債務者と同じように過払い金請求ができます。しかしそのためには、下記の条件を満たしている必要があります。

 

  • 債務者が過払い金を支払っている
  • 連帯保証人が過払い金を支払っている

 

この2点です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

連帯保証人はほぼ債務者に等しいからね!この権利は持っていることになるよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

過払い金の請求は『支払った本人』だけが請求できる

まず、保証人や連帯保証人について、下記の記事で基本知識を深めましょう。

 

 

連帯保証人というものは、ほぼ債務者と同じだということがわかりますね。とても責任が重いポジションとなります。

 

借金

 

そんな債務者とほぼ同じ責任にある連帯保証人は、債務者と同じように過払い金請求ができます。しかしその場合は条件があります。

 

  • 債務者が過払い金を支払っている
  • 連帯保証人が過払い金を支払っている

 

ということですね。とにかく、過払い金がないのであれば、過払い金返還請求をしても意味がありません。当たり前の様ですが、下記の記事に書いた様に、まずこの基本的なことを押さえておくことが重要です。

 

 

債務者が支払不能になって連帯保証人が代わりに支払うことになったとき、連帯保証人はまず過払い金があるかどうか調べましょう。あった場合は過払い金を請求できます。この請求は、

  • 債務者
  • 連帯保証人

の両者ができます。しかし基本的に過払い金の請求は、『支払った本人』だけが請求できるので、保証人であっても支払いをしていなければ、債務者しかこの請求はできません。

 

借金

 

借金

請求はできるけど、払った本人だけが請求できるから、連帯保証人が払ったなら連帯保証人のその人が請求できるってことだね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 連帯保証人であっても過払い金の請求はできる。
  • 過払い金の請求は『支払った本人』だけが請求できる。

 

主債務者が請求できないケースもある

そして次に、もしそこで過払い金の調査をせずに、連帯保証人が支払いを引き継いだ場合、気づかないうちに過払い金を支払ってしまった場合です。この場合は通常と同じ考え方で、その支払った分の過払い金を請求できます。

 

借金

 

まあ、2017年10月現在、今からその様なことは皆無に近いでしょう。もうグレーゾーン金利の判決から11年以上経ってますからね。連帯保証人に引き継いだ後に、その連帯保証人が支払いを引き継ぎ、その支払いに『グレーゾーン金利』があるということはほぼありません。しかし、もしあったのなら過払い金を請求できます。

 

 

この場合も先ほどと同じように、『支払った本人』だけが請求できるので、保証人だけが請求でき、主債務者は過払い金の請求が出来ません。

 

借金

2016年を過ぎたら過払い金はどんどんなくなってくるからね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 気づかないうちに過払い金を支払ってしまった場合、その支払った分の過払い金を請求できる。

 

債権者が倒産したり行方不明になったら

また、下記の記事に、

 

 

  • 債権者が倒産した
  • 債権者が行方不明になった
  • 債権者が死んでしまった

 

借金

 

等の場合について記載しています。債務者が連帯保証人に債務を引き継いでもらうように、債権者の場合も『相続』という形でその債権を引き継ぐことになります。また、下記の記事では逆に、連帯保証人が死んでしまった場合について記載しています。

 

 

連帯保証人は債務者と一蓮托生の立場にありますからね。下記の記事に書いた様に、騙されたのでない限り、債務者が自己破産の申立をし、最終的に免責許可の決定を受けても、保証人の責任に影響はなく、保証人の責任はなくなりません。

 

 

借金

自己破産をするときは、債務者だけじゃなくて連帯保証人も一緒に自己破産しなければならないこともあるからね!まさに一蓮托生なんだ!

ぴよぴよ(一心同体)!

この章のまとめ
  • 債権者が倒産したり行方不明になった場合の注意点を確認する。

 

連帯保証人は保証人のように『催告の抗弁権、検索の抗弁権』がない

特に連帯保証人は、保証人のように『催告の抗弁権、検索の抗弁権』がありません。

 

催告の抗弁権

保証人が、貸主から借主に貸した金を返せと言われても、『まずは借主にせいきゅうしてくれ』と要求できる制度

検索の抗弁権

借主に借金の一部でも返すことができるだけの財産があり、回収が可能であると判断できる場合は、貸主がまず借主の財産から強制執行をするなどして回収しなければ、保証人は支払いを拒むことができる制度

 

これらの権利を行使できずに、請求されたらすぐに支払いをしなければなりません。ただ、『求償権』だけはありますので、その後その支払いを債務者に請求することはできます。

 

借金

 

 

一蓮托生、一心同体の関係にある債務者と連帯保証人は、ほぼ同じ扱いを受けるという考え方になります。ということで、連帯保証人であっても過払い金の請求をすることはできるということですね。

 

借金

保証人と連帯保証人では少しレベルが違うからね!連帯保証人の重さを再確認しよう!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 連帯保証人は保証人のように『催告の抗弁権、検索の抗弁権』がない。
  • 『求償権』だけはあるので、その後その支払いを債務者に請求することはできる。

 

 

関連記事

  1. 自己破産とは、借金の合法的踏み倒し行為である!

  2. 自己破産手続きで考えられる弁護士とのトラブルとは?

  3. 消費者金融での借入限度額は年収がカギ?主婦やアルバイトの場合は?

  4. 自己破産の順序と進め方!手続きなんか簡単!死ぬよりはよっぽどいい!

  5. 任意整理をして弁護士が受任通知を債権者に送付すると、督促は停止する?

  6. すでに完済した貸金業者に対しても過払い金返還請求はできる?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)