借金

過払い金返還請求はいつまで可能?時効が過ぎたら請求できない?

質問

過払い金返還請求はいつまで可能?時効が過ぎたら請求できない?

答え

過払い金返還請求には時効があります。貸金業者がグレーゾーン金利を取っていたとして、そこから数えて10年が時効です。厳密に言うと『最後に取引をしてから10年』です。時効が過ぎたら請求できなくなります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

過払い金には時効があるから、CMをガンガン放映してた時期があるね!あれはもう時効が終わっちゃうからだね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

過払い金返還請求には時効がある

借金

 

過払い金返還請求には時効があります。貸金業者がグレーゾーン金利を取っていたとして、そこから数えて10年が時効です。厳密に言うと『最後に取引をしてから10年』です。下記の記事を見てグレーゾーン金利と過払い金発生の経緯、そして時効についてを確認しましょう。

 

 

また更に、下記の記事を見て過払い金返還請求の勢いと、返還された金額の推移を確認しましょう。

 

 

やはり勢いは時間の経過とともに落ちます。例えば返還金の推移を見ればわかるように、2013年以降は、確実に減っています。ピーク時は2008~2011年度です。その理由は、正式にグレーゾーン金利での貸付が法律により禁止されたのが、貸金業法が段階的に施行された2008年~2010年にかけてだからということが理由です。

 

 

上記の記事に書いた様に、グレーゾーン金利に関する判決が出たのは2006年1月のことでした。正式には2008年頃から法律が改正されたとしても、その判決後にグレーゾーン金利を取る貸金業者はほとんどいませんでしたので、実際には2006年から数えて10年。2016年が過払い金返還請求の時効のピークとして計算されていました。CMがたくさん放映されたのもその時期でしたね。

 

 

過払い金返還請求の時効は『最後に取引をしてから10年』ですから、途中で返済をしていた場合は、そこから数えることになります。

 

借金

『最後に取引をしてから10年』だから、必ずしも2016年に終わるということではないんだね!2016年以降も、弁護士に依頼して調べてもらえば出てくるかもね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 過払い金返還請求の時効は、『最後に取引をしてから10年』。

 

時効の中断とは

『金銭貸借の知識とQ&A』にはこうあります。

時効の中断

時効の中断とは、時効の進行中に一定の事由がある場合に、それまで経過していた時効の機関を白紙に戻すことをいいます。すなわち、中断のときから改めて時効の機関が計算されるということです。一定の事由には、『請求』『差し押さえ、仮差押えまたは仮処分』『承認』があります。

 

民法では第147条にこうあります。

時効は、次に掲げる事由によって中断する。

一  請求

二  差押え、仮差押え又は仮処分

三  承認

 

この『時効の中断』は借金をしていた場合の時効ですが、過払い金返還請求についても同じ考え方です。途中でこうして何らかの手続き、取引が行われた場合は、そこで一度時効を中断することになり、そこからまた改めて時効を数え直すということですね。

 

ですから、2016年以降であってもまだまだ過払い金が発生している可能性はあるので、調査するだけの価値はあります。また、すでに完済している場合でも過払い金返還請求は出来ますので、あきらめる必要はありません。弁護士事務所の中には、完済している人の場合は着手金が無料というところもありますので、一度調べてみましょう。

 

 

借金

 

借金

時効の中断があるから、時効が延びているということは十分に考えられるよ!ちょっとでもそう思う人はぜひ調べてみよう!

ぴよぴよ(みよう)!

この章のまとめ
  • 時効の中断について確認する。

 

貸金業者が倒産・合併等をしていた場合

借金

 

また、もし貸金業者が倒産、合併等をしていた場合はそれぞれで注意点がありますので、下記の記事を見て確認しましょう。

 

借金

 

 

過払い金返還請求は、

 

  • 貸金業者の体制や理念
  • 貸金業者の資金的な体力
  • 債務状況や返済状況
  • 弁護士の交渉力

 

等によって大きく内容が変わってきます。下記の記事を見てその基本知識を深めましょう。

 

 

借金

時間が空きすぎると相手がいなくなっちゃうこともあるからね!注意が必要だよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 貸金業者が倒産・合併等をしていた場合の注意点を確認する。

 

 

関連記事

  1. 任意整理の返済期間を設定するときは条件を守る必要がある

  2. 特定調停後にローン(支払い)の繰り上げ返済は可能?

  3. 個人再生の基礎知識を知ろう!借金が大幅に減額でき資産も残せるのが特徴!…

  4. 自己破産すると子供の学校や就職、結婚に影響は?また退職金はどうなる?

  5. 借金していた消費者金融が倒産・吸収合併した場合、過払金は返還されない?…

  6. 自己破産の手続きを抑えるには?弁護士の初期費用無料(0円)は可能か

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)