借金

債務整理すると借金を返さなくてもいい?減額されるだけ?

質問

債務整理すると借金を返さなくてもいい?それとも減額されるだけ?

答え

債務整理によって違います。借金を返さないで済むのは過払い請求と自己破産だけです。過払い請求はむしろ『払いすぎた利息』を返してもらいますので、これだけは行ってもブラックリストに載りません。自己破産は借金を全て帳消しにします。その代わりに財産のほとんどを処分します。残りの、

 

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

 

に関しては、借金を減額するだけです。それぞれの特徴を理解して、状況の最適化をしましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

債務整理は全て特徴が違うからね!過払い請求をいれないで考えたら、帳消しになるのは自己破産だけ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金を返さないで済むのは過払い請求と自己破産だけ

なぜ債務整理をすると借金を返さなくてもいいのか、という疑問がありますが、まずその前に、債務整理をしても必ずしも借金を返さないで済むわけではありません。債務整理には、

 

 

借金

 

とありますが、このうち、借金を返さないで済むのは、

 

  • 過払い請求
  • 自己破産

 

の2つだけです。過払い請求はその性質からして、『払い過ぎた利息を返してもらうもの』ですから、借金を返す必要はありませんね。また、過払い請求だけは唯一ブラックリスト扱いされない債務整理なので、一部ではこれを債務整理に数えないという考え方もあります。

 

借金

 

 

自己破産は、『財産のほとんどを処分する代わりに、借金を全て帳消しにする』債務整理なので、確かにこれなら、借金を返す必要はありません。

 

自己破産の特徴を見てみましょう。

自己破産

最低限の生活用品などを除いたすべての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じ、公平に返済をするよう、法的な力を借りて行う手続き。財産をほとんど失う代わりに、借金がいくらあってもそれを帳消しにできる。整理する債権者は選べない。

 

こういうことですね。しかしこれでわかったように、唯一借金を返す必要がないこの自己破産であっても、『その代わりに財産のほとんどを処分する』わけです。従って、『なぜ債務整理をすると借金を返す必要はないのか』という疑問は、ここで薄れることになりますね。その代わりに大きな代償を払うからですね。

 

借金

全ての債務整理が帳消しになるのではなく、自己破産だけだね!過払い請求は債務整理のうちに数えなかったりするから別枠扱いで!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • 借金を返さないで済むのは過払い請求と自己破産だけ。

 

無職やフリーターが自己破産をするということ

ただ、下記の記事に書きましたが、

 

 

無職やフリーターの人で、家も車も財産もほとんどない人は、自己破産に向いているという考え方があります。つまり、失う財産がほとんどないから、自己破産でダメージを受けることがないんですね。

 

こうなると、破産者だけが得をして、債権者が損をすることになります。債権者は、破産者が持っている財産を売ってお金に換え、それを配当してもらって返済金に充てて、少しでも採算を合わせるわけです。またそういった物理的な問題だけではなく、精神的にも破産者が生活的に窮地に陥る様子を見て、少しだけ腹の虫が収まるということもあります。

 

それなのに、破産者が財産がなく、自己破産によって失うものがない場合は、あまり腹の虫が収まらないというのが債権者の本音かもしれません。

 

ただ、そういう債務者の場合は、そもそも大した財産がないので、多額の借金を借りることが出来ないケースがほとんどです。大体、住宅なんかを担保にする代わりに高額の融資をするわけですからね。無職やフリーターの人に大金を貸す債権者はいないし、もし貸していたら、実は債権者の方にも落ち度があったと言えるでしょう。ですから、被害額も小さいので、そう大きな問題にはならないんですね。

 

借金

 

借金

自己破産は100億円あっても帳消しになるから、額によっては債権者は大変だよね!100万円と100億円じゃちょっと違いすぎるよ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 無職やフリーターの人で、家も車も財産もほとんどない人は自己破産に向いている。

 

誇り高き日本人と『愛』という素晴らしいもの

また、人間には権利があります。 『憲法の最高法規性』とは、『憲法に逆らえる法律はない』ということ。

 

借金

 

その憲法の中で一番偉い条文は憲法13条です。

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

 

この国の国民には、基本的人権を尊重する考え方があります。ですから、たとえ多額の借金をしてそれを返済できなかったとしても、その人を見捨てるという発想にはなりません。むしろ救済したいと考えます。こうした、この国の根幹にある原則的な人権尊重の考え方も、債務整理で借金が減らせる理由の一つになっているでしょう。

 

犯罪を犯した人間も、簡単には死刑にしません。しかし、人権を尊重しない国であれば、そうすることもあるでしょう。それがどういう方向に傾くかはさておき、この国は世界でトップクラスに治安がよく、東日本大震災のときには、世界中から『誇り高き民族』として称賛を浴びました。

 

またある電車に轢かれそうになった人を大勢の人で助けた事件を受けたときには、世界はこう反応しました。

 

日本が、また世界を驚かせた。

とっさにこのような行動ができる日本人は、どのような教育を受けているのか。

 

アメリカは、

生死に関わる状況で、駅員と乗客が冷静に協力した。

おそらく、日本だけで起こりうること。

 

イタリアは、

イタリア人だったら眺めるだけだろう。

 

香港は、

中国で同様の事故が起きれば、大多数の人はやじ馬見物するだけだ。

 

ロシアは、

どうしてこんなに迅速に乗客が団結できたのだろうか。

他人の命に対して、我々ロシア人も無関心であってはならない。

 

タイは、

日本の人々が生来の結束力を余すところなく示し、困っている人に助けの手をさしのべた、素晴らしいニュース。

 

と言い、この国の国民性に感嘆したのです。この国の根幹にある人権を尊重する考え方は、世界に誇る、素晴らしいものだということがわかりますね。債務整理で借金が減らせるという発想も、こうした原則的な発想が影響していると言ってもいいでしょう。

 

債権者も、この話を受け、きっと心のどこかである種の優越感を知るはずです。

 

まあ、俺たちは誇り高き人間だからな。相手の人権も考えるべきだろう。

 

などとして、許すこともできるはずですね。この考え方は決して世界レベルで見たら当たり前ではないかもしれませんが、しかし、真理のレベルから見たらとても尊く、研ぎ澄まされています。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

愛こそは、人間が最も尊重しなければならない、尊いものですね。

 

借金

この国は世界の中でも治安がいいし、女性に優しい街ランキングでも東京が2位にランクインしたり、誇れるところがたくさんあるね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 愛こそは、人間が最も尊重しなければならない、尊いもの。

 

債務整理で借金を減らそう

さて、その他の債務整理、

 

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

 

ですが、言った様にこれらの債務整理では、借金を帳消しにはできません。しかし、今考えたような考え方を根幹にして、借金を『減らす』ことはできます。

 

それぞれの特徴を見てみましょう。

任意整理

毎月一定の収入があり、月々の返済額さえ減らすことが出来れば自力で返済が可能な人、また、借金額が年収の1.5倍以内であるかどうかがポイント。原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

特定調停

裁判所を通した任意整理。債務者自身ではなかなか進めにくい債権者との話し合いを、調停委員が間に入って債務整理をしていく手続き。『自己破産に近い状態の苦しい多重債務者を、破産させないでなるべく返す方向で再生させる』ことがこの制度の趣旨。任意整理同様、原則として利息をカットしてもらい、3~5年の分割払いで返済していくのが相場。整理する債権者を選べる。

 

個人再生

住宅ローンを除いた負債額が5,000万円を超えない場合で、不動産や自動車などの高価な資産を手放すことなく債務整理をしたい人、あるいは自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人に適している。借金を5分の1~10分の1程度に減額できる可能性がある。返済は原則3年間の分割払い。整理する債権者は選べない。

 

それぞれに特徴があり、メリットやデメリットがあります。しかし、こうした債務整理にて借金を減らすことができるという理由は、債務者にも立派な人権があるからですね。ただし間違えてはならないのは、人権があるからといって何をしてもいいということにはならないということです。

 

先ほどの憲法にも、『公共の福祉に反しない限り』とありましたが、社会に迷惑をかける行為は認められません。ですから、迷惑行為も犯罪も、債務整理における隠蔽も捏造も許されません。

 

それらが発覚した場合は、『詐欺破産』、『詐欺再生』として扱われ、最大で10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金を科せられます。

 

借金

 

 

債務整理は債務者に与えられた権利です。しかし、債権者にも同じように権利が与えられているとうことを忘れずに、越権行為に走らない様、謙虚な気持ちでそれに臨むようにしましょう。皆が誇り高き人間であるということを自負すれば、全ては解決します。

 

 

借金

債務整理は種類があって、いろんな状況に合うようになっているよ!自己破産は最後の選択肢だね!まずは任意整理から検討していくのが賢明だよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 債務整理で借金を減らす。
  • 債務整理は債務者に与えられた権利。しかし、債権者にも同じように権利が与えられている。

 

 

関連記事

  1. 治安は良くても人が借金苦に陥れば強盗犯罪は起きる。その予防と対策は

  2. 自己破産をしてホームレスになる可能性は?ホームレスが自己破産をすること…

  3. 自己破産の手続きをしている間はオークションをやってはいけない?

  4. 借入先を覚えていない、契約書や明細等がない場合でも過払い請求できる?

  5. 貸金業規制法でみなし弁済は廃止!改正貸金業法では総量規制がスタート!

  6. 無職になった結果収入が途絶えた場合の対処法とは?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)